《キノの蟲惑魔》遊戯王OCGカード考察 ハーピィの羽根帚もこのカードがあればもう怖くない!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-蟲惑魔の森-よりこのカードです。

 

カード説明

キノの蟲惑魔
効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1300/守1500
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「蟲惑魔」モンスターが存在する場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は
昆虫族・植物族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
③:自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードは
それぞれ1ターンに1度だけ効果では破壊されない。

wiki

 

【蟲惑魔】の新規となる地属性昆虫族のレベル4モンスターです。

 

あきらかに悪意の混ざった笑顔で待ち構える髪で片目の隠れた蟲惑魔です。

周囲に妖しく滴る粘液が犠牲者を捕まえる気満々ですね。

 

モチーフはヒカリキノコバエの幼虫でしょうか。

青白く光る接着性の粘液を周囲に展開する幻想的な虫で

光に誘導される虫たちを誘い、それを捕まえて捕食します。

美しくも恐ろしい生き物ではありますが成虫になると口も消化器官もなくなってしまい、

ただ交尾をする存在として3日でその生を終えてしまう儚い生き物でもあります。

 

スポンサーリンク

 

セットされた魔法罠を破壊から守る

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「蟲惑魔」モンスターが存在する場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果はお互いのメインフェイズ時に1度、

自分の場に蟲惑魔がいる場合に手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

蟲惑魔をメインとしているデッキであれば容易に満たせる自己展開条件であり

エクシーズ召喚やリンク召喚に繋げやすいです。

ランカの蟲惑魔でこのカードをサーチする事でそのまま特殊召喚して

ランク4やLINK-2に繋げていけます。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は
昆虫族・植物族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

制約として効果を発動したターンは

昆虫族か植物族しかエクストラデッキから出せなくなります。

蟲惑魔関連のエクシーズやリンクはいずれもこの2種族に該当するので

そちらに繋げるのが基本となるでしょう。

 

②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。

②の効果はモンスターゾーンに存在している間、

ホールや落とし穴と名の付く通常罠の効果を受けない耐性です。

蟲惑魔ではお馴染みとなる共通効果ですね。

 

③:自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードは
それぞれ1ターンに1度だけ効果では破壊されない。

③の効果はこのカードが場に出ている間、

自分のセットされた魔法罠カードに1ターンに1度だけ効果破壊耐性を付与します。

①の効果によってフリーチェーンで特殊召喚する事が可能であり

相手の魔法罠除去にチェーンして特殊召喚する事でそれらを守る事が可能です。

 

 

自分ターンでは簡単に特殊召喚できる素材要員として、

相手ターンではセットされた魔法罠を除去から守る手段としてそれぞれ活用が可能です。

特に【蟲惑魔】は罠カードを多用する関係で

ハーピィの羽根帚などの魔法罠をまとめて除去するカードは天敵の1つと言えますが

このカードがあればそういった全体除去から罠カードを守る事も可能です。

このカードを手札に握っていれば今まで以上に全体除去を恐れずにセットする事ができるので

布陣の安定性も安心感も大分違ってくるでしょう。

 

シトリスの蟲惑魔でサーチが可能であり

そのまま手札に握っておけば相手ターンの魔法罠除去に備えられます。

シトリスは汎用のランク4なので蟲惑魔メインでなくとも

伏せカードを多用するランク4デッキであれば出張が考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました