《ジョインテック・バンパー》遊戯王ラッシュデュエル考察 なんだかんだいって全体除去はやっぱり強力

今回紹介するのはゴーラッシュデッキ ジョインテック・アタックよりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ジョインテック・バンパー
罠カード
【条件】相手モンスターの直接攻撃宣言時、
自分の墓地の通常モンスター(機械族)3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスターを3体まで選んで破壊する。

wiki

 

機械族用のサポートとなる通常罠です。

 

ジョインテック・エースが両腕からバリアを発生させビームを弾きかえしています。

のけ反りながらもなんとか防いでいる様子が必死さが伝わってよいですね。

 

バンパーとは車などにつけられている衝撃や振動を軽減する緩衝装置の事です。

これもある意味ではバリアのようなものですね。

 

スポンサーリンク

 

直接攻撃時に相手攻撃表示モンスターを全て破壊

【条件】相手モンスターの直接攻撃宣言時、
自分の墓地の通常モンスター(機械族)3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスターを3体まで選んで破壊する。

その効果は相手モンスターが直接攻撃をした時に

墓地の機械族通常モンスター3体をデッキに戻す事で

相手の攻撃表示モンスターを3体まで破壊するというものです。

墓地からモンスターをデッキに戻して攻撃表示モンスターをまとめて破壊するという意味では

ダーク・リベレイションに近い性能をしていますね。

あちらと違い発動トリガーが直接攻撃に限定されており

またデッキに戻せるのが通常モンスターに限定されているものの

発動できれば不利な盤面を一気にひっくり返す事が出来る強力な効果であり

その実績はダーク・リベレイションが散々証明してくれています。

 

ネックなのはやはり通常モンスターを3体戻す必要があるという点でしょうか

機械族デッキでなおかつ通常モンスターに寄せる必要が出てきます。

幸い機械族通常モンスターにはジョインテック・エースや最強旗獣アバンウルフといった

1500打点のラインにある下級モンスターがありますし

世紀末獣機界ビーストギア・ワールドという優秀な打点強化要素もあるので

通常モンスターを軸にした機械族デッキというのも充分に組めます。

 

 

発動するには相手が直接攻撃をしてくれなければいけませんが

だからといってわざとフィールドにがら空きをするという事まではしなくてもいいでしょう。

普通に壁モンスターを置いておくなりした方が

相手が総攻撃をかけてきやすく、より相手モンスターを全滅させやすいです。

 

ダーク・リベレイションとのもう1つの差異として

破壊できるモンスターの数は任意に選べる点があります。

相手の場にモンスターがいる事を条件とするカードを使う場合などは

あえて1体残しておくのも手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました