ドラゴノイド・ジェネレーター:遊戯王カード考察  毎ターントークンを2体生成、相手のトークンはどう利用する?

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

ドラゴノイド・ジェネレーター
永続魔法
1000LPを払ってこのカードを発動できる。
このカード名の①の効果は1ターンに2度まで使用できる。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドに「ドラゴノイドトークン」(機械族・地・星1・攻/守300)
1体を攻撃表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
このターンのエンドフェイズに、
相手は「ドラゴノイドトークン」1体を
自身のフィールドに攻撃表示で特殊召喚しなければならない。

 

 

トークン生成効果を持った永続魔法です。

 

大きなドラゴンをバックに多数のカプセルらしきものが写っています。

カード名を訳すなら「人工竜生成装置」と言った所であり

効果を考えるとこのカプセル1つ1つから人工の竜が生成されているのでしょう。

なんとなくハノイの騎士が使ってきそうなカードですね。

クラッキング・ドラゴンと相性よさそうですし。

 

 

まずこのカードの発動時に1000ポイント支払う必要があります。

あくまで「カードの発動時に払う」のであって「効果の発動時に払う」わけではないので

1度コストを払えばその後何度効果を発動してもライフを払う必要はありません。

その効果は1ターンに2度まで自分の場に

ドラゴノイドトークンを攻撃表示で特殊召喚できるというものです。

ただしこの効果を発動した場合、そのターンの間は

エクストラデッキからの特殊召喚が封じられるという強烈なデメリットが発生します。

この事からシンクロやリンクの素材に活用する事は難しく、

エクストラデッキに頼らないデッキでの運用が基本となるでしょう。

 

 

デメリットこそ重いですが毎ターン2体トークンを出せるメリットは大きいです。

リリースには一切の制約が無い為まずアドバンス召喚のリリース要因にする事が考えられます。

特に帝やアドバンス族の真竜などはエクストラデッキに依存しなくても問題なく戦える為

毎ターントークン2体出せるトークンを存分に活かしていけるでしょう。

このカード自身が永続魔法なので真竜機兵ダースメタトロン真竜剣皇マスターPも

このカード1枚でリリース要因を揃える事が可能です。

 

それ以外にも幻煌の都 パシフィスや各種幻機獣などは

トークンを毎ターン生成できる点を活かしやすいです。

幻機獣コルトウィングの効果のリリース要因もこのカード1枚で確保可能です。

変わった所ではダブルマジックアームバインドのリリース要因の確保としても面白いです。

 

 

またトークンを特殊召喚したエンドフェイズ時に

相手にトークンを特殊召喚させなければならない制約も発生します。

①の効果を発動したら例えエンドフェイズまでにこのカードが除去されたとしても

相手の場にトークンが特殊召喚される点には注意してください。

相手は特にEXデッキの制約などの制約が一切なくこのトークンを利用できるため

塩を送る結果になりやすいですが「相手に特殊召喚を強要する」という珍しい効果であり

増殖するGによるドローを狙ったり終焉の地や龍大神の持つ効果の発動トリガーにできます。

群雄割拠御前試合でロックをかけるのもいいでしょう。

 

 

自分の場にトークンを出す効果も相手の場にトークンを出す効果も

どちらも中々に悪用がききそうな面白いカードです。

エクストラデッキに依存しないデッキならば様々な活用法があるでしょう。

関連記事

緊急救急救命レスキュー(きんきゅうきゅうきゅうきゅうめいレスキュー):遊戯王カード考察

発動条件は厳しいが使う意義はある!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュ

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。 新規カード以外では超電磁

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第45話『極限領域のデュエル』感想

遊戯王ヴレインズ45話の感想です。   前回のあらすじ:お父さん亡くな

記事を読む

デコード・トーカー:遊戯王カード考察

リンク召喚のトップバッター兼アピール要因!種族も新しい!   4月に新しく放映

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:仁王立ち

俺はフルモンをやめるぞ、遊矢ーー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スケープ・ゴースト

これが新時代のリバースモンスターだ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-クリスタル・ベル

君は何をコピーする?   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカード

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ロングフォーン・ブル

ワグナス!ペンデュラムサーチできなくなってた!   今回紹介するのは今回紹

記事を読む

遊戯王ヴレインズ第1話『俺の名はPlaymaker(プレイメーカー)』感想

5月10日、とうとうアニメ遊戯王第6作「遊戯王VRAINS」放送日です! VR(バーチャルリア

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    盆回しするのも面白そう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,760,485 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑