サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。

 

 

 

サイバネット・バックドア
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つ
サイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、
そのターン直接攻撃できる。

 

 

サイバース族サポートとなる速攻魔法です。

電子空間と思われる場所に黒い穴が開いています。

バックドアというのは「正規の手続きを踏まずに内部に入れる進入口」の事です。

コンピューター用語においても同様の意味で使われており

パスワードなどの認証をせずにセキュリティを通過する為の抜け穴の事を言います。

最初からシステムに組み込まれている事もあれば

悪意のある第三者がこっそりと設置する事もありますが

効果から考えて多分後者ですね!

 

 

その効果は1ターンに1度、自分のサイバース族1体を選択し

そのサイバース族を次の自分のスタンバイフェイズまで除外しつつ

そのサイバース族より元々の攻撃力の低いサイバース族1体を

デッキからサーチするというものです。

これに加えて除外から戻って来たサイバース族モンスターは

そのターン直接攻撃可能な豪華特典までついてきます。

本来直接攻撃には相手モンスターの排除が必要な所を

バックドアによる不正アクセスでモンスターを素通りさせているのでしょう。

 

 

サイバース族の強みの1つとなれるカードです

フリーチェーン故に相手の除去からサイバース族を守れるだけでなく

さらにサーチ効果と直接攻撃の権利までついてくるという素敵なカードです。

サイバース族における戦線の維持に大いに貢献してくれるでしょう。

サイバース族デッキにとってはサーチ効果付きの亜空間物質転送装置のように使え

EXモンスターゾーンからメインモンスターゾーンに移動させたい場合にも重宝します。

 

 

サイバース族用の亜空間物質転送装置として似たような使い方が出来るカードですが

除外からの帰還タイミングが少々異なり

あちらが戻ってくるのがエンドフェイズ時なのに対し

こちらは自分のスタンバイフェイズ時に戻ってきます。

自分ターンに除去から逃れるためにこのカードを使用した場合

戻ってくるのが少し遅くなる点は留意しておきましょう。

またドローフェイズに発動した場合そのすぐあとのスタンバイフェイズに戻ってきます。

フィールドからモンスターを長時間離れさせたくない場合などで

サーチ効果や直接攻撃を狙いたい場合には覚えておくといいでしょう。

 

 

いやぁ早速強力な種族サポートが来ましたねサイバース族。

今後さらにサイバース族サポートが続々登場する事を考えると実に末恐ろしいです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:SNo.(シャイニングナンバーズ)0 ホープ・ゼアル

Vジャンプの20th レジェンダリー・コレクションによる 応募者全員サービスですが、カードの名

記事を読む

トリックスター・スイートデビル:遊戯王カード考察 というわけでメインモンスターゾーン向きのリンクが来ました

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣士の宿命

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-驟雨のライキリ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

エクストラリンク等リンク召喚の細かな仕様が判明、新マスタールールに向けて改めてリンク召喚について知ろう

新マスタールールが実装される3月25日も近づいてまいりました。 それに伴いリンク召喚に関して不

記事を読む

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:何故黒咲は赤馬零王の事を知っていたのか?

レジスタンスがスタンダード次元に来た理由、 そしてLDSを襲っていた理由について黒咲隼はこう答

記事を読む

No.(ナンバーズ)71 リバリアン・シャーク:遊戯王カード考察  バリアンズ・カオス・ドローをしたいあなたの為に

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・サンクチュアリ

ついにウィジャ盤が強化される!   6月4日に初代遊戯王関連のカードが収録され

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・インパクト

ディメンション・オブ・カオスの発売も近づいてきましたね。 今回紹介するのはこのカードです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,684 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑