サイバース・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?とりあえずスターターデッキ2017は欲しい所

今日6月17日、サイバース・リンクがいよいよ発売です。

収録されているカードはこんな感じです。

 

 

モンスターカード
SD32-JP001「デジトロン」
SD32-JP002「ドットスケーパー」
SD32-JP003「クラインアント」 (パラレル)
SD32-JP004「バックリンカー」 (パラレル)
SD32-JP005「バランサーロード」 (パラレル)
SD32-JP006「ROMクラウディア」 (パラレル)
SD32-JP007「ブート・スタッガード」 (パラレル)
SD32-JP008「デュアル・アセンブルム」 スーパーレア
SD32-JP009「トラゴエディア」
SD32-JP010「召喚僧サモンプリースト」
SD32-JP011「輝白竜 ワイバースター」
SD32-JP012「暗黒竜 コラブサーペント」
SD32-JP013「カードガンナー」
SD32-JP014「デブリ・ドラゴン」
SD32-JP015「マスマティシャン」
SD32-JP016「クレーンクレーン」
SD32-JP017「メタモルポット」
SD32-JP018「聖なる魔術師」
SD32-JP019「黄泉ガエル」
SD32-JP020「ジェスター・コンフィ」
SD32-JP021「グローアップ・バルブ」
SD32-JP022「金華猫」
SD32-JP041「エンコード・トーカー」 ウルトラレア
SD32-JP042「トライゲート・ウィザード」 ウルトラレア
SD32-JP043「バイナル・ソーサレス」 スーパーレア

 

魔法カード
SD32-JP023「サイバネット・バックドア」 スーパーレア
SD32-JP024「ソウル・チャージ」
SD32-JP025「シャッフル・リボーン」
SD32-JP026「D・D・R」
SD32-JP027「封印の黄金櫃」
SD32-JP028「精神操作」
SD32-JP029「コズミック・サイクロン」
SD32-JP030「月鏡の盾」
SD32-JP031「ワンチャン!?」

 

罠カード
SD32-JP032「リコーデッド・アライブ」(パラレル)
SD32-JP033「奇跡の残照」
SD32-JP034「強化蘇生」
SD32-JP035「早すぎた帰還」
SD32-JP036「鏡像のスワンプマン」
SD32-JP037「量子猫」
SD32-JP038「神風のバリア -エア・フォース-」
SD32-JP039「次元障壁」
SD32-JP040「神の通告」

 

墓地肥やし効果や墓地蘇生効果を持ったカードが多く再録されています。

これらのカードを使う事でフィールドにモンスターを複数並べやすく

リンクモンスターと相性がいい為でしょう。

また魔法罠が非常に充実しておりソウルチャージや封印の黄金櫃、

コズミック・サイクロンに強化蘇生に神の通告など

非常に使い勝手のいいカードが多数再録されています。

また黄泉ガエルや金華猫、ワンチャン!?などレベル1用のカードも充実してます。

これらの魔法罠目当てに今回のストラクチャーデッキを買うのも全然アリでしょう。

 

さて、今回のストラクチャーデッキは藤木遊作の使うサイバース族を中心に

リンク召喚を狙う為の構築済みデッキなのですが

残念ながらスターターデッキ2017やコード・オブ・ザデュエリストで登場した

サイバース族モンスターは再録されていません。

特にサイバース族を組みたい場合リコーデッド・アライブで出せるデコード・トーカーや

デッキからデジトロンを特殊召喚できるドラコネットなどがあると便利な為

スターターデッキ2017のカードと合わせてデッキ構築をする事で

よりしっかりしたサイバース族デッキが組めるでしょう。

幸いスターターデッキ2017も手ごろな値段ですしね。

というわけで今回はスターターデッキ2017のカードも考慮した上で

相性のいいカードをいくつかピックアップしていきたいと思います。

例によって財布と相談です。

※カード名クリックでwikiに飛びます。

 

 

トライワイトゾーン

レベル2以下の通常モンスターを墓地から3体蘇生させるカードです。

デジトロンが対応しておりビットロンも一緒に採用していれば

より活用できる機会が多くなるでしょう。

 

同姓同名同盟

フィールドのレベル2以下の通常モンスターと同じ名前のカードを

デッキから可能な限り特殊召喚する通常罠です。

やはりビットロンとデジトロンが対応しています。

3体並べつつエンコード・トーカーなどのリンク召喚に繋げ

そこからさらにトライワイトゾーンで蘇生できれば無駄がありません。

 

悪夢再び

守備力0の闇属性モンスター2体を墓地から手札に回収する魔法カードです。

今回収録されたサイバース族ではROMクラウディアとバックリンカーが対応しており

どちらも有用な効果を持っているので再利用できる利点は大きいです。

 

一族の結束

墓地が1種族のみの場合にその種族の攻撃力を800上昇させられる永続魔法です。

展開力に優れたサイバース族はフィールドに複数モンスターを並べやすく

一族の結束における全体強化が馬鹿にならないレベルとなります。

サイバース族のみでデッキを構築する場合考慮する価値があるでしょう。

ブート・スタッカードの効果も発動しやすくなります。

既にサイバース族モンスターは多数存在しており種族統一デッキは十分可能です。

リンク召喚用のスケープ・ゴートなどは問題なく使える点も魅力です。

 

サイバース・ガジェット

墓地からレベル2モンスターを蘇生できる効果と

墓地に送られた時にトークンを生成できる効果を持ったサイバース族です。

どちらの効果も非常に有用でありこのカード1枚で

LINK-3のリンク召喚を狙う事も可能です。

サイバース族でデッキを組むなら是非欲しいカードと言えます。

関連記事

遊戯王アークファイブ52話「蘇る伝説総長!!」感想

遊戯王ARC-Ⅴ52話の感想です。 遊戯王アークファイブは歴代でも特にデュエリストの割合が多い

記事を読む

遊戯王カード考察:ミレニアム・アイズ・イリュージョニスト 相手ターンにも発動を狙いたい所

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:ダイナミスト

ブレイカーズ・オブ・シャドウにも様々な新テーマが登場しています。 そのうちの1つがこのゾイドや

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリアクリボー

効果ダメージと直接攻撃をそれぞれ防ぐ!   今回紹介するのは4月3日に発売され

記事を読む

No.(ナンバーズ)68 魔天牢(まてんろう)サンダルフォン:遊戯王カード考察  モンスターを墓地に幽閉してしまえ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:応戦するG

サイトを立ち上げた時期の関係上、クラッシュ・オブ・リベリオンの看板カードである オッドアイズ・

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-ティンクル・リトルスター

デビル・ヒールと相性バッチリ!   今回紹介するのはDIMENSION BOX

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:刻剣(こっけん)の魔術師

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード解説:マジェスペクター・ユニコーン

今回からちょっとカードのテキストを種類ごとに色分けしてみようかと思います。 不評だったら今まで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,408 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑