ミセス・レディエント:遊戯王カード考察

エクストラ召喚枠確保の期待の星

 

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

ミセス・レディエント
リンク・効果モンスター
地属性/獣族/攻1400/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
地属性モンスター×2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

 

地属性獣族のLINK2モンスターです。

まさかまさかのミリス・レディエントのリメイクモンスターです。

正直自分もリメイク元の存在を今まで知りませんでした

 

なんという事でしょう

あの凶暴な姿をしていたミリス・レディエントが毛並みがつやつやになっており

装飾品も豪華になって「レディエント」の名に恥じずめっちゃキラキラしております。

ミセスという事には結婚されたのでしょう。実にマダム感でてます

 

 

LINK-2のリンクモンスターであり

リンク素材として地属性モンスター2体を要求しています。

十二獣やブンボーグ、Xセイバーあたりならば素材を揃えるのは比較的容易であり

切り込み隊長から地属性モンスターを特殊召喚して展開を狙う事も出来ます。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する限り

地属性モンスターの攻撃力守備力を500上昇させ

逆に風属性モンスターの攻撃力守備力を400低下させる永続効果です。

リメイク前のミリス・レディエントの効果と非常に似ていますが

攻撃力だけでなく守備力も増減させられるようになっているのがポイントです。

またリメイク前と違い自身の攻撃力が1400ある為

効果も合わせて実質1900打点でありいくらか戦闘破壊されづらくなっています。

 

 

②の効果はこのカードが戦闘か効果で破壊された場合に

自分の墓地の地属性1体を手札に回収するというものです。

単純に破壊された時の立て直しとして活用できる他

自分で破壊しても発動が可能でありさらに獣族なので

恐牙狼 ダイヤウルフの効果で破壊する対象としてもオススメです。

 

 

リンク素材やその効果から完全に地属性サポートとも言えるカードです。

また効果だけでなく左下と右下にリンクマーカーがあるのが重要で

このカードをEXモンスターゾーンに置けば

エクストラデッキから特殊召喚する枠を2つに増やす事が可能です。

これにより非常に助かるのが十二獣です。

十二獣ライカで蘇生したカードはエクシーズ素材に利用する事が出来ない為

ミセス・レディエントのリンク素材にするには丁度いい存在となります。

十二獣の展開力であれば十二獣ライカからミセス・レディエントのリンク召喚を狙い、

そこからさらにエクシーズ2体を並べる事も十分に可能です。

あれ、十二獣まだ普通に戦えるんじゃ・・・

 

 

他には超重武者に採用するのもオススメです。

超重武者テンB-Nと超重武者装留イワトオシでリンク召喚が狙える上に

そのまま素材にしたイワトオシの③の効果を発動可能です。

しっかりと守備力も上昇してくれる為超重武者にも打点強化の恩恵があります。

効果を使ったギアギガントXをリンク素材にしてしまうのもいいでしょう。

 

 

現在判明しているリンクモンスターの中でも特に使いやすい1枚です。

このカードの存在により地属性はリンク召喚で一歩リードしてると言えます。

あのすいません、他の属性にもくれませんかこいつ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ007(ゼロゼロセブン)、ブンボーグ008(ゼロゼロエイト)

ブレイカーズ・オブ・シャドウ、とうとう今日発売ですね! 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シ

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

7月9日に新パック「インベイジョン・オブ・ヴェノム」が発売されます! 今回紹介するのはそのイン

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天帝アイテール

結構前から出ていた情報ですが9月19日に新しいストラクチャーデッキである 「ストラクチャーデッ

記事を読む

コード・トーカー:遊戯王カード考察

9月9日から各種店舗においてカードが貰える リンクモンスターGETキャンペーンが開催されます。

記事を読む

プロキシー・ドラゴン:遊戯王カード考察  素材指定の緩いLINK2登場、これでエクストラデッキの枠が確保しやすく!

4月21日にVジャンプ6月号が発売されます。 今回はそのVジャンプ6月号の付録カードの紹介です

記事を読む

遊戯王アークファイブ第105話『レジスタンスの絆』感想

遊戯王ARC-V105話の感想です。 父榊遊勝に憎しみを抱くエドに出会った遊矢でしたが

記事を読む

調星(ちょうせい)のドラッグスター:遊戯王カード考察  レベル1チューナーとして普通に優秀

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

螺旋のストライクバースト:遊戯王カード考察

状況を選ばず活用できる優等生!   今回紹介するのは20th ANNIVERS

記事を読む

【メタファイズ】:遊戯王テーマ考察  タイムラグのある除外トリガーを上手く活用していく新基軸の除外テーマ

9期の頃、アームズ・ドラゴンやホルスの黒炎竜といった懐かしのモンスターが それぞれメタファイズ

記事を読む

Comment

  1. 通りすがり より:

    多分流れとしては全属性で登場するでしょうねぇ、出なかったら激おこだわ。
    となるとミリスのサイクルで闇属性担当の見習い魔女は今風に可愛くリメイクされるかな?

    まぁそんな事よりもPモンがEXから出す時も融合SXL同様にEXモンスターゾーンモンスター行きってのがショックすぎて……( ・ω・)

  2. 匿名 より:

    闇属性の「見習い魔女」
    光属性の「スーパースター」
    地属性の「ミリス・レディエント」→「ミセス・レディエント」
    水属性の「スター・ボーイ」
    炎属性の「リトル・キメラ」
    風属性の「ブレードフライ」

    さあ、残り5体も早急に(できればミセスと一緒にCOTDで)出すのだKONAMIよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,628,810 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑