デュエリスト・アドベント:遊戯王カード考察

公開日: : 最終更新日:2017/08/19 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

結構サーチできるカード多いです

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

デュエリスト・アドベント
通常魔法
「デュエリスト・アドベント」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分または相手のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
デッキから「ペンデュラム」Pモンスターまたは
「ペンデュラム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

 

2014年4月19日に発売された最初のパックと同じ名前を持つ通常魔法です。

イラストでは遊矢のペンダントが光のアークを描いています。

これはアークファイブにおいてサブタイトルが表示される際の演出であり

作中においてもたびたびこの演出がありペンデュラム召喚の演出の1つとなっています。

 

 

 

その効果は1ターンに1度、自分か相手のペンデュラムゾーンにカードがある場合に

デッキから「ペンデュラム」と名の付くペンデュラムモンスターか

「ペンデュラム」と名の付く魔法罠を手札に加えるというものです。

このカードと同様にパックと同じ名前を持つ通常魔法には

エクシーズと名のついたカードをサーチする「ジェネレーション・フォース」があり

このカードはまさにそのペンデュラム版とも呼べる効果だと言えるでしょう。

どちらも新しい召喚法が導入された最初のパックという共通点があります。

モンスターサーチの方はあくまでペンデュラム限定である為、

ペンデュラムではない「クラスター・ペンデュラム」はサーチできません。

ちなみにメインデッキのカードでサーチ対象外なのはクラスター・ペンデュラムのみです。

別にわざわざハブらなくてもよかったんじゃないかなぁ?

 

 

せっかくなのでこのカードでサーチできるカードをざっとまとめてみましょう。

 

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

竜剣士マスターP(ペンデュラム)

竜魔王レクターP(ペンデュラム)

竜魔王ベクターP(ペンデュラム)

竜剣士ラスターP(ペンデュラム)

EMペンデュラム・マジシャン

虹彩の魔術師

ペンデュラムーチョ

 

ペンデュラム・コール

アメイジング・ペンデュラム

ペンデュラム・フュージョン

ペンデュラム・アライズ

ペンデュラム・モラトリアム

ペンデュラム・ターン

星霜のペンデュラムグラフ

 

ペンデュラム・エリア

ペンデュラム・バック

ペンデュラム・リボーン

時空のペンデュラム・グラフ

ペンデュラム・ホール

 

現在該当しているカードはこんな感じです。

この中でも注目するのは制限カードであるペンデュラム・コール、

それにEMペンデュラム・マジシャンや竜剣士ラスターPでしょう。

上記3枚はどれもキーカードになりうる存在であり

これらを使う魔術師、エンタメイト、竜剣士には是非とも欲しいカードです。

他のサーチ手段としてオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンや

ペンデュラム・リボーンあたりを一緒に採用するとより無駄にし辛いでしょう。

竜剣士はマスターPやレクターP、ベクターPもサーチできるため、

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンなどが無くとも腐る可能性は低いでしょう。

 

またレベル1のモンスターをペンデュラム召喚したいデッキでも

スケール0のペンデュラムーチョをサーチできる為重宝します。

 

それ以外のカードではペンデュラム・フュージョンも

お互いの発動条件が噛み合っている為サーチの候補となるでしょう。

 

 

 

中々色々なカードをサーチできるありがたい1枚です。

今後「ペンデュラム」と名の付くカードが増えれば増えるほど価値が上がる為

そういう意味でも見逃せないカードだと言えるでしょう。

 

関連記事

スリーバーストショット・ドラゴン:遊戯王カード考察  かなり戦闘向きな汎用LINK-3

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

メガロイド都市(シティ):遊戯王カード考察  融合次元の手先になるしかない制約をどうフォローするか

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

精霊神后(エレメンタルグレイス) ドリアード:遊戯王カード考察  墓地コストがある限り特殊召喚無効、あとはどう召喚条件を満たすか

7月8日です。いよいよサーキット・ブレイク発売ですね。 今回紹介するのはサーキット・ブレイクよ

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークヴルム:遊戯王カード考察

だから1枚でスケールセッティングできるのやばいって   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量士(ちょうりょうし)グリーンレイヤー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

遊戯王OCG、2016年1月の制限改定判明!コナミさん最近サボってません?

2016年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 10月の時点ではEMEmにノータッチ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:サクリボー

今回紹介するのは最強ジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:霊魂(エスプリット)

史上初のスピリットテーマにして儀式テーマでもるエスプリット、 前回に一度霊魂鳥神-彦孔雀につい

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:源竜星(げんりゅうせい)-ボウテンコウ

なんか効果全部強いんですけど   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    虹彩の魔術師さん忘れてる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,666 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑