遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。

最近結構環境があれてましたが今回どのような改定が行われているでしょうか。

 

 

 

規制強化されたカード

・禁止

マジェスペクター・ユニコーン

 

・制限

SRベイゴマックス
氷結界の虎王ドゥローレン
餅カエル
炎舞-「天璣」
ユニオン格納庫

 

 

規制緩和されたカード

・制限

レスキューキャット(エラッタ)
ゴヨウ・ガーディアン(エラッタ)
氷結界の龍 ブリューナク(エラッタ)
洗脳-ブレインコントロール(エラッタ)
未来融合-フューチャー・フュージョン(エラッタ)
王宮の勅命(エラッタ)

 

・準制限

聖なる魔術師
ダンディライオン

 

・無制限

甲虫装機 ダンセル
光天使スローネ
マスマティシャン
馬頭鬼
神の写し身との接触

 

 

 

今まではあまり大きな変更点は無かった1月の制限改定でしたが

今回は去年よりもかなり大きく手が加えられています。

特にエラッタされて禁止解除されたカードが6枚もあり

今まで以上にエラッタに力の入った制限改定となっています。

今回もいくつかピックアップしていきましょう。

 

 

 

マジェスペクター・ユニコーン(制限→禁止)

ペンデュラムの中でも特に強力な効果を持っていたユニコーン、

前回制限になりましたが今回さらに規制強化されとうとう禁止になりました。

サーチが容易な事もあり1枚でも十分に機能していた事が要因でしょう。

 

 

SRベイゴマックス(無制限→制限)

炎舞-「天璣」(無制限→制限)

いつか規制されるんじゃないかと思っていたベイゴマックス

このたびついに制限されてしまいました。

ベイゴマックスは召喚権なしでランク3に繋げられる優秀さ故に

様々なデッキで活躍していましたがその中でも十二獣の影響が強いでしょう。

炎舞-「天璣」の方は特に顕著で他の

しかし肝心の十二獣本体は特に規制されておらず、

他の獣戦士族を使うデッキはとばっちりを受けた形だと言えるでしょう。

多少安定性が落ちた程度でまだまだ環境で活躍しそうです。

やはり公式は発売したばかりのカードを規制したくなかったようです。

 

 

餅カエル(無制限→制限)

登場以来様々なデッキで猛威を振るっていた餅も制限となりました。

正月に縁のあるカードが正月に規制とはなんともまあ皮肉なものです。

まあちょっと暴れすぎでしたからね、この規制はしょうがありません。

特に餅を出すことに特化していたデッキは

1枚しか存在しない餅をどうやりくりするかが大事になってくるでしょう。

ただ③の効果で自身を回収する事が出来る為、

上手くやりくりすればまだまだ十分に主軸として運用可能です。

 

 

ユニオン格納庫(無制限→制限)

ABCにも手が加えられました。

ABCにおいてはアドバンテージの確保と展開の要となるカードの1つであり

制限になった事はABCにとって少なくない影響を受けるでしょう。

 

 

レスキューキャット(禁止→制限)

ゴヨウ・ガーディアン(禁止→制限)

氷結界の龍 ブリューナク(禁止→制限)

洗脳-ブレインコントロール(禁止→制限)

未来融合-フューチャー・フュージョン(禁止→制限)

王宮の勅命(禁止→制限)

いずれもエラッタされて禁止解除されたカードです。

レスキューキャットは1ターンに1度の制約がつき

また特殊召喚したモンスターの効果が無効化されるようになりました。

シンクロやエクシーズ召喚には問題なく使用できる為、

マドルチェやXセイバーあたりであれば採用する目がありそうです。

エンタメイトには獣族のペンデュラムが数多く存在する為

あえてそのまま破壊してエクストラデッキを肥やす選択肢もあるでしょう。

 

ゴヨウ・ガーディアンはチューナーに地属性指定が付きましたが

効果やステータスそのものには一切変更はありません。

元々海外では禁止解除されていたカードでもあり、

チューナー指定さえすれば問題ないカードだと判断されたのでしょう。

地属性チューナーを用意できるデッキであれば

2800打点のレベル6シンクロとしての力を存分に発揮できるでしょう。

 

氷結界の龍ブリューナクもまた1ターンに1度の制約がつき、

またバウンスできるカードも相手のカード限定となりました。

悪用こそできなくなりましたがバウンスできる枚数に制限はなく

手札コストさえあれば強力な除去効果を持ったカードとして活躍できます。

 

ブレインコントロールは奪えるモンスターが通常召喚可能なものだけとなりました。

つまり融合、シンクロ、エクシーズなどのエクストラデッキのカードは対象外です。

相手のエースカードを奪う事が難しくなった為、

どのモンスターを奪うかに中々頭を悩まされる事になるでしょう。

 

未来融合は融合素材を墓地へ送るのが次の自分ターンのスタンバイフェイズとなりました。

元々墓地肥やしとして強力すぎる効果を持っていた為に禁止になっていたカードであり

墓地肥やしにタイムラグが発生するこの調整は中々に面白いです。

墓地肥やしとして使う場合にも1ターンこのカードを守る必要が出てきた為、

このカードを守る重要性がより増したと言えるでしょう。

守り切る事さえできれば非常に強力なカードである事は依然変わりません。

 

王宮の勅命は相手ターンにもライフコストを払う必要が発生し

また意図的に自壊させる事は不可能となりました。

このカードが現役の時に猛威を振るった

「相手ターンに発動して次の自分ターンに自壊させる」

という運用が不可能となった為、このカードを使うつもりなら

最初から魔法カードに頼らないデッキ構築が求められるでしょう。

それでも魔法カードに頼るデッキは多く儀式デッキをはじめとする

数多くのデッキを機能停止に追い込むポテンシャルを秘めたカードです。

 

一応詳細なテキストの解読もしてしようと思い実際いくつか解読できたんですが

未来融合のあたりでちょっと諦めました(

 

 

 

ダンディライオン(制限→準制限)

長らく制限だったダンディライオンが準制限になりました。

レベル・スティーラーが禁止になった現在では

特にシンクロテーマにおける新しい希望となってくれるでしょう。

他にもワイアームの融合素材としても活用が狙えます。

 

 

聖なる魔術師(制限→準制限)

甲虫装機 ダンセル(準制限→無制限)

光天使スローネ(準制限→無制限)

マスマティシャン(準制限→無制限)

馬頭鬼(準制限→無制限)

神の写し身との接触(準制限→無制限)

前回、前々回に引き続き規制緩和されたカードたちです。

インゼクターと光天使はとうとう全てのカードが無制限となりました。

馬頭鬼の無制限化もアンデット族テーマには非常にうれしい点だと言えます。

全盛期と同じ力を取り戻したインゼクターがどうなるかが見物です。

 

 

総評

去年の同じ月に比べると非常に多くの制限改定が行われています。

特にエラッタされたカードは6枚と過去最大規模です。

環境では特に餅カエルを使ったデッキとABC大きくテコ入れがなされました。

その一方で現在環境トップの十二獣は天キやベイゴマックスの影響こそ受けていますが

重要なパーツは丸ごと健在であり今までとあまり遜色のない力を発揮できるでしょう。

またインフェルノイドにも特に規制が入っておらずその力を存分に発揮可能です。

規制緩和されたテーマがこの2つのテーマにどれだけ食らいつけるかが鍵となるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)α、電磁石の戦士β、電磁石の戦士γ

磁石の戦士、新時代へ突入!   武藤遊戯のカードを収録したストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第97話『気高き超魔導剣士』感想

遊戯王ARC-V97話の感想です。 ジャックに父親ではなく自分の言葉で語れと指摘された遊矢。

記事を読む

妖精伝姫(フェアリーテイル)-カグヤ:遊戯王カード考察

今度のフェアリーテイルは日本からだ!   今回紹介するのはマキシマム・クライシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:源竜星(げんりゅうせい)-ボウテンコウ

なんか効果全部強いんですけど   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:応戦するG

サイトを立ち上げた時期の関係上、クラッシュ・オブ・リベリオンの看板カードである オッドアイズ・

記事を読む

遊戯王アークファイブ第54話『シンクロ次元「シティ」』感想

遊戯王ARC-V54話です。 いよいよシンクロ次元の様子が見れますね。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第89話『強襲!オベリスクフォース』感想

遊戯王ARC-V89話の感想です。 とうとうシンクロ次元にやってきたオベリスクフォース。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-那沙帝弥(ナーサテイヤ)-

墓地にさえいけば蘇生しつつコントロール奪取!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:黒竜降臨、黒竜の聖騎士(ナイト・オブ・ブラックドラゴン)

今回紹介するのはコレクターズパック-運命の決闘者編-よりこれらのカードです。  

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    炎舞-「天璣」が規制くらったせいで、月光とばっちりだわw
    十二獣のキーカードが規制されろやw

  2. 通りすがり より:

    牛「天キ……」
    増援「お前は次の改正で天キと入れ替わりでアウトだろ」
    エアーマン「そうだね」
    ドクロバット「世の中にはサーチカードをサーチ」
    ペンマジ「出来るカードをサーチする猿が禁止になったくらいだし」

    キングレムリン「つまり制限先に何の制限もなくかつ制限にかかってない俺がサーチ最強と」

  3. 匿名 より:

    鏡餅は一家に1つで十分だからしかたないね。
    あと勅命は効果を無効にするだけだからペンデュラムスケールの設置自体は阻害しなかったりする(メタルフォーゼみたいなP効果が重要なデッキは辛いだろうけど)。

  4. 匿名 より:

    勅命も結局は十二獣の強化にしかなってない…
    魔封じ虚無空間と一緒で先攻制圧に蓋すればデメリットはあってないようなもの
    ドランシアで自分から割ってもいいし

  5. 結崎ハヤ より:

    もしかしたら、天キさんは十二獣本体が規制されても戻ってこないかもしれない。
    戦士族の充実で(海外ですら)許されなくなった増援と同じ運命を辿ってしまうのかもしれない。
    そう思えるぐらいには獣戦士のプールが充実してきてるんですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,206,211 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑