遊戯王カード考察:R・R・R(レイド・ラプターズ・レプリカ)

今度の展開手段は特殊召喚に制約がないぞ!

 

今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカードです。

 

 

 

R・R・R
通常罠
このカードはルール上「RR」カードとしても扱う。
①:自分フィールドの「RR」モンスター1体を対象として発動できる。
その同名モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、
相手は対象のモンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。

 

 

レイドラプターズ用の通常罠です。

漫画版アークファイブにおいて黒咲隼が榊遊矢戦で使用し

ナパーム・ドラゴニアスをコピーして戦闘破壊から防ぎました。

ルール上RRカードとして扱う効果外テキストを持っており

ミミクリーレイニアス等の効果でサーチが可能になっています。

 

%ef%bd%92%e3%83%bb%ef%bd%92%e3%83%bb%ef%bd%92

イラストではシンギングレイニアスを元に質量を持つ残像が作られています。

 

 

その効果はフィールドのレイドラプターズ1体を指定、

その指定したRRと同じモンスターをデッキから特殊召喚するというものです。

この時最初に指定した方に攻撃制限効果と対象耐性を与えますが

特殊召喚した方には何の耐性も付与されず相手はそっちを処理する為、

原作再現以外の目的はあまりない効果だったりします。

一応ラプターズ・アルティメット・メイスなどの装備魔法を装備している場合、

元々いた方を守る意味は生まれてきます。

 

 

基本的にはRR-コール同様に展開の補助として使う事になるでしょう。

RR-コールと違い罠カードである為1度セットしないと発動できず、

またあちらと違い手札からの特殊召喚には対応していませんが

1ターンに1度の制約が無い、フリーチェーンで発動が可能、

特殊召喚に制約が無い等こちらにしかない利点も色々あります。

特に展開手段にペイン・レイニアスやファジー・レイニアスに頼る場合が多く

必然的に特殊召喚が制限されやすいレイドラプターズにとって

特殊召喚に制約を発生させずに展開の狙える点は結構重要なポイントです。

レイドラプターズ以外のカードも積極的に使いたい場合には

このカードにお世話になるケースが多いでしょう。

勿論RR特化のデッキにRR-コール共々一緒に採用しても問題はなく、

1ターンに1度しか発動できないRR-コールを補うような形で

一気に大量展開をする動きも狙いやすくなります。

 

 

元々手札の確保に関しては高い性能を誇るレイドラプターズです。

その展開力を補ってくれるこのカードは

地味ながらも確実な強化に繋がってくれるでしょう。

 

黒咲20

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第2話『風を掴め、Storm Access(ストームアクセス)』感想

遊戯王VRAINS2話の感想です。 イグニスを人質に取るという卑劣な行為でハノイの騎士を脅すプ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-ターリア

妖精伝姫シリーズ化決定   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:今一度デニス・マックフィールドについて振り返ってみる

2015年もいよいよ終わりを迎えます。 今年1年この考察好きニコ厨のMUGEN次元に付き合って

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エルフの聖剣士

今年からローソンのloppyによる劇場版遊戯王による前売券の受付が開始されました。 この前売券

記事を読む

遊戯王カード考察:黒牙の魔術師(こくがのまじゅつし)

相手の攻撃力を下げつつ墓地のカードを蘇生!しかもスケール8!   今回紹介する

記事を読む

やりすぎた埋葬:遊戯王カード考察  調整版早すぎた埋葬、手札コストをどう用意するか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

ツイン・トライアングル・ドラゴン:遊戯王カード考察  出しやすくて使いやすいドラゴン族用リンク

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:迷い風

新しいモンスター効果妨害の選択肢が登場!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,876,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑