遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)サンデウ・キンジー

超融合内蔵モンスター出ちゃった☆

 

今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズよりこのカードです。

 

 

 

捕食植物サンデウ・キンジー
効果モンスター
星2/闇属性/植物族/攻 600/守 200
「捕食植物サンデウ・キンジー」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。
②:自分メインフェイズに発動できる。
闇属性の融合モンスターカードによって決められた、
フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド及び相手フィールドの
捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

 

 

新しく登場するレベル2のプレデター・プランツです。

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e6%a4%8d%e7%89%a9%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a6%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc

「サンデウ」はモウセンゴケ、「キンジー」はエリマキトカゲの事であり

その名のとおりエリマキトカゲとモウセンゴケが融合したような

中々に不気味な姿となっています。

他のプレデター・プランツに比べてかなり動物の要素が色濃いです。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する間

フィールドに存在する捕食カウンターの置かれたモンスターは

融合素材にする場合に限り闇属性モンスターとして扱うというものです。

これにより捕食カウンターが乗っているモンスターであれば

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンや

捕食植物キメラフレシアの融合素材にしてしまう事が可能です。

②の効果に繋げる為の布石になる効果だと言えます。

 

 

②の効果は1ターンに1度、闇属性の融合モンスターを融合召喚する際、

フィールドのこのモンスターを融合素材に含む、自分の手札、フィールド、

そして捕食カウンターの乗った相手モンスターを素材にして墓地に送り

融合カード無しで融合召喚できるというものです。

融合カード無しで融合モンスターを召喚できる効果は数多く存在しますが

なんと言っても相手モンスターも融合素材に出来るのが特徴であり

相手のモンスターを融合素材として食らってしまうという

まさに捕食植物の名に相応しい効果だと言えます。

相手モンスターを融合素材にするには捕食カウンターを乗せる必要がありますが

フライ・ヘルやスキッド・ドロセーラを活用すれば

条件を満たすのは難しくありません。

ただし融合素材とするモンスターは墓地に落とす必要がある為、

トークンやペンデュラムモンスターを素材にできない点には注意しましょう。

追記:コストではなく効果なので出来ました、申し訳ありません。

その代わりこれの効果もまた対象に選ばない効果である為、

捕食カウンターさえ乗っていれば対象耐性持ちも素材にできます。

 

 

待って!これ強くない!?

ついに超融合を内蔵したモンスターが登場してしまいました。

捕食カウンターを乗せるという準備が必要なものの

相手モンスターを素材にできるというのは非常に強力です。

超融合がチェーン不可の代わり手札1枚をコストにする必要がある点を考えると

融合カードすら必要ないこの効果はまさに破格だと言えるでしょう。

しかもこのカードで出す事が可能なスターヴ・ヴェノムやキメラフレシアが

これがまた強力な性能を秘めている点も嬉しいポイントです。

 

 

真価を発揮するには他の捕食植物の力を借りる必要がありますが、

相手のカードを素材にする事を考えずに単に融合内蔵のモンスターとしても

他のデッキに出張させる選択肢も効果的です。

闇属性主体デッキであればこのカードを採用するだけで

スターヴ・ヴェノムやキメラフレシアの融合召喚を狙うことが可能となり

これらのカードが欲しいデッキであれば非常にオススメです。

 

 

変わった所ではDNA改造手術と組み合わせるのも面白いです。

ドラゴン族にしてしまえばファイブ・ゴッド・ドラゴンの素材になれ

最大で相手モンスター4体を融合素材として吸収してしまう事が可能です。

とはいっても相手の場にモンスターが4体揃う場面はそう存在しない為

ある程度は自分のモンスターも融合素材にする必要があるでしょう。

 

 

このカードの登場によりスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンが

名実共にプレデター・プランツのエースとして君臨する事になりました。

特にユーリファンにとってはこのようなカードが来る事を

ずっと待ちわびていたのではないでしょうか。

プレデター・プランツ、中々恐ろしいテーマになりそうですね。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%aa%ef%bc%94

「我等が(融合素材として)1つに・・・」

関連記事

幻煌龍の螺旋波(げんおうりゅうのスパイラル・ウェーブ)、幻煌龍の天渦(げんおうりゅうのてんか):遊戯王カード考察

特殊勝利、狙ってみる?   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:リンク・ストリーマー 効果を発動させる手段は色々あります

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:太陽電池メン 単三型がより使いやすく、雷族全般で有用

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:シノビネクロ エクシーズ素材にするのもいいかも

8月21日にVジャンプ10月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第103話『華々しき機械天使』感想

アークファイブ103話の感想です。 遅れるといいましたが思ったより早く予定が終わりました。

記事を読む

遊戯王カード考察:一撃必殺!居合いドロー アリガトウ、オレノデッキ・・・ 外れ前提で使う選択肢もアリ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

醒めない悪夢:遊戯王カード考察

メタとしても優秀だし悪用も効く   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影剣(ファントム・ソード)、幻影翼(ファントム・ウィング)

もうすぐウィング・レイダーズも発売です。 フラゲ情報も出てきたみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)スティルツ・シューター

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    『墓地へ送り』なので多分Pモンスターとトークンでも素材にできると思いますよ。
    『墓地へ送り』は効果処理であり、コストではないので問題ないはずです。
    融合と超融合のテキストを確認しましたが、両方とも『墓地へ送り』と書いてあります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,658,039 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑