遊戯王OCG、2016年10月の制限改定判明!ついにあのカードが禁止解除!

2016年10月のリミットレギュレーションが判明しました。

4月と10月に大幅な改定が行われる傾向がありましが

果たして今回はどうなるでしょうか。

 

 

 

規制強化されたカード

・禁止

レベル・スティーラー

 

・制限

マジェスペクター・ユニコーン
デビル・フランケン
PSYフレーム・ロードΩ

 

・準制限

DDスワラルスライム
DDラミア

 

 

規制緩和されたカード

・制限

聖なる魔術師

 

・準制限

アーティファクト-モラルタ
甲虫装機 ダンセル
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
慧眼の魔術師
光天使スローネ
マスマティシャン
神の写し身との接触
真帝王領域
モンスターゲート

 

・無制限

クリッター
クリフォート・ツール
サウザンド・アイズ・サクリファイス
光の援軍
六武の門
堕ち影の蠢き
光の護封壁

 

 

%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%e5%b9%b4%ef%bc%91%ef%bc%90%e6%9c%88

4月に引き続きがっつり変更が来ましたね。

やはり7月と1月の制限改定はあくまで補助的なもので

本格的な改定は4月と10月が本命のようです。

では今回もいくつかピックアップしていきましょう。

 

 

レベル・スティーラー(無制限→禁止)

PSYフレーム・ロードΩ(無制限→制限)

%e9%81%8a%e6%98%9f

シンクロデッキで大活躍していたカード2枚が規制されました。

特にレベル・スティーラーは無制限から一気に禁止になっており

レベル・スティーラーを活用していた数多くのデッキが大打撃を受けるでしょう。

PSYフレーム・ロードΩも制限カードとなっていますが、

元々ピン刺しであったデッキには影響のない改定となっています。

この2枚は現在環境で活躍している【シンクロダーク】を意識したものでしょう。

 

 

マジェスペクター・ユニコーン(無制限→制限)

デビル・フランケン(無制限→制限)

どちらも特にメタルフォーゼに組み込まれ活躍していたカードです。

実質的にメタルフォーゼを意識した改定と考えていいでしょう。

マジェスペクター・ユニコーンはフリーチェーンバウンス効果、

デビル・フランケンはナチュル・エクストリオを特殊召喚する事で

どちらも高い制圧力を発揮していました。

ユニコーンに関してはとうとう規制されてしまったという感じですね。

自分もラクーンと一緒にペンデュラムデッキに採用していた為、

自分にとって一番影響のある改訂となっています。

とりあえず代わりにアモルファージ・ノーテス入れる予定です。

 

 

DDスワラルスライム(無制限→準制限)

DDラミア(無制限→準制限)

%e9%9b%b6%e5%85%90%ef%bc%93

DDを支えていた2枚のカードが準制限となりました。

この2枚が規制された事でどうしても展開力や安定性に影響が出るでしょう。

ただ準制限止まりなのでまだ充分に組めるレベルだと思います。

 

 

聖なる魔術師(禁止→制限)

8年以上の時間が経ち、聖なる魔術師がついに牢獄から脱出しました。

「禁止カードの中でも復帰しても大丈夫そうなカード」としてよく挙げられており

今回ついにそれが現実化した事になります。

リバース効果というのは今の環境では評価されづらい点も多いのでしょう。

それでも魔法カードを回収できる効果は非常に強力であり

魔法カードの依存性が高いデッキ全般で採用する余地があると思います。

海外では2年前に無制限になっているカードであり

このまま問題ないようであれば日本でも無制限になるかもしれません。

 

 

カオス・ソルジャー -開闢の使者-(制限→準制限)

こちらも長年制限カードとなっていましたがこのたび準制限となりました。

光属性と闇属性を両方採用しているデッキ全般に採用できるカードであり、

多くのデッキに影響のある制限改定だと思います。

 

 

慧眼の魔術師(制限→準制限)

神の写し身との接触(制限→準制限)

真帝王領域(制限→準制限)

モンスターゲート(制限→準制限)

クリフォート・ツール(準制限→無制限)

堕ち影の蠢き(準制限→無制限)

それぞれ魔術師、シャドール、帝、インフェルノイド、クリフォートにおいて

デッキの主軸となっていたカードです。

現在の環境では第一線を退いていた事もあってか緩和されています。

それでもいずれも過去に環境に名を馳せていたデッキ達であり

今回の制限改定でどう環境に食い込んでくるかが注目される所です。

特にクリフォートはこれにより全盛期の力を取り戻しており目が離せません。

 

 

マスマティシャン(制限→準制限)

優秀な墓地肥やしカードであるマスマティシャンが準制限になりました。

今でも非常に多くのデッキで墓地肥やしの重要性は高く、

ある意味今回の改訂で最も多くのデッキに影響のあるカードではないでしょうか。

 

アーティファクト-モラルタ(制限→準制限)

光天使スローネ(制限→準制限)

甲虫装機 ダンセル(制限→準制限)

%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%99%ef%bc%93

それぞれアーティファクト、光天使、甲虫装機の緩和です。

特にモラルタとスローネは出張セットとしてもよく使われていたカードであり、

他のテーマにおいても少なからず影響のあるカードとなります。

 

 

クリッター(準制限→無制限)

サウザンド・アイズ・サクリファイス(準制限→無制限)

光の援軍(準制限→無制限)

六武の門(準制限→無制限)

光の護封壁(準制限→無制限)

どのカードも恐らく様子見的に準制限に緩和されたカードです。

今回問題ないと見られていずれも無制限に緩和されたと思われます。

この中でも特に注目されるのは六武の門ですね。

今でも強力なパワーカードである六武の門が無制限になった事で

全盛期の力を取り戻した六武衆がどうなるのかは非常に見所です。

 

 

・総評

「海馬社長大勝利」とも言うべきな改定内容ですね

現在環境で活躍していたシンクロダークやDD、メタルフォーゼが規制された中、

環境トップのABCやそれに追従していたブルーアイズは規制を免れています。

今後はこの2つのデッキが特に脚光を浴びそうですね。

そんな中で今回緩和されたシャドールやクリフォート、

それに海外から来て早速成績を残しているコズモやバージェストマなど

これらのデッキが今後どう活躍していくかも注目される所です。

あと輪廻天狗いい加減許してあげて

関連記事

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第74話『道化師の仮面』感想

遊戯王ARC-V74話の感想です。 フレンドシップカップ1回戦最後を締めくくるのは黒咲VSデニ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影剣(ファントム・ソード)、幻影翼(ファントム・ウィング)

もうすぐウィング・レイダーズも発売です。 フラゲ情報も出てきたみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ABC-ドラゴン・バスター

手札消費一切無しで特殊召喚が可能!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械魔神(アンティーク・ギア・デビル)

出しやすい上にいやらしい!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王カード考察:調弦の魔術師(ちょうげんのまじゅつし)

手札からのペンデュラム召喚を狙え!   今回紹介するのはディメンション・ボック

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:疾走の暗黒騎士ガイア

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:岩石の番兵

え?蘇生条件緩くない?   今回紹介するのはムービーパックよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:彼岸の鬼神(きしん) ヘルレイカー、善悪の彼岸

真帝王降臨とEXTRA PACK 2015の発売も近づいてまいりました。 真帝王降臨はダンディ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第117話『牙をむく鈴の音』感想

遊戯王ARC-V117話の感想です。 瑠璃とリンの救出したカイトとユーゴですが 既にプロ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    このリスト、
    なんかフラゲ情報と聞いてましたが
    もう確定しましたか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,393,734 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑