遊戯王OCGカード考察:超銀河眼の光波龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)

とりあえず4500でダイレクトアタックする!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

超銀河眼の光波龍
エクシーズ・効果モンスター
ランク9/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3000
レベル9モンスター×3
①:このカードが「サイファー」カードをX素材としている場合、以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を3つまで取り除いて発動できる。
取り除いた数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選び、
そのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、
攻撃力は4500になり、カード名を「超銀河眼の光波龍」として扱う。
この効果の発動後、
ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。

 

 

ランクアップ・エクシーズチェンジ!
闇に輝く銀河よ!
永久(とこしえ)に変わらぬ光放ち、未来を照らす道標となれ!
降臨せよ!ランク9!
超銀河眼の光波龍!!

 

 

超銀河眼の光子龍、CNo.107 超銀河眼の時空龍に続く

3体目のネオ・ギャラクシーアイズです。

アークファイブにおいて天城カイトがデニス・マックフィールド戦で使用し

銀河眼の光波竜をRUM-光波昇華によってランクアップさせエクシーズ召喚しました。

その圧倒的な攻撃力によりこいつが出る=相手は死ぬみたいな活躍をしています。

アニメでは自身がフィールドから離れるまでコントロールを奪う事が出来ましたが

OCGだと簡単に他のギャラクシーアイズを重ねられる為か再現されませんでした。

 

 

超銀河眼の光波龍

元の銀河眼の光波竜にどことなく日本の甲冑を装着したようなイメージが感じられます。

両肩に竜の首が追加され他のネオギャラクシーアイズの例に漏れず3頭竜になっています。

フォトンとタキオンは進化前と進化後で色合いがガラリと変わっていましたが

このネオギャラクシーアイズサイファードラゴンは

カラフルな色合いは相変わらずで正統進化なデザインだと言えます。

 

 

 

「サイファー」カードをエクシーズ素材にする事を条件に効果を得られます。

アニメと違い銀河眼の光波竜以外のサイファーカードでも問題ありませんが

レベル9が3体という素材の都合上、基本的には

銀河眼の光波竜をRUM-光波昇華でランクアップさせて出す事になるでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを最大3つまで消費する事で

消費した数だけ相手の表側表示モンスターを選び

そのコントロールをエンドフェイズまで奪うというものです。

この効果で奪ったモンスターの効果は無効化されますが

攻撃力は4500になりカード名も超銀河眼の光波龍として扱います。

ただしこの効果を発動した後ターン終了時まで自身以外のモンスターは

ダイレクトアタックが出来ない制約が発生します。

まさに銀河眼の光波竜の効果を正統進化させたような効果であり

奪えるモンスターが複数になった上にその攻撃力も4500に上昇、

何よりも対象を選ばない効果になった事により

対象耐性を持つモンスターでも問答無用で奪える事が大きなポイントと言えます。

 

 

進化前の銀河眼の光波竜もそうですがコントロールを奪ったモンスターは

エンドフェイズに相手に返さなければいけませんが

奪ったモンスターがエクシーズであればそのまま

銀河眼の光波刃竜などに重ねてしまえば返す必要がなくなります。

進化前と同じく対エクシーズでこそ真価を発揮できるカードだと言えます。

 

 

進化前以上に殺意に満ち溢れています。

基本的に裏守備表示のモンスターか完全耐性を持ったモンスターでない限り、

根こそぎコントロールを奪って相手の場をがら空きにできる為、

後は伏せカードさえ何とかすれば4500の直接攻撃を叩き込めます。

それだけでも十分すぎる殺意があるのですが奪ったモンスターは

直接攻撃出来ない点には結構悩まされる事になるでしょう。

アニメと違い奪えるモンスターが3体までとなっていますが

これは一概に弱体化とは言えません。

直接攻撃以外は問題なく可能である為、モンスターを残しておく事で

そのモンスターを奪い取ったモンスターで攻撃する事が可能です。

「あえて全部奪わずにサンドバッグ用のモンスターを残しておく」

という判断もこのカードを使う上では重要です。

他にはサンドバッグ用のモンスターを強制転移などで送りつけるのも有効です。

裏側守備のモンスターをどかす手段としても機能するでしょう。

 

 

奪ったモンスターエンドフェイズには返さなければならない為

出来るだけ出したターンに決着をつけたい所です。

懺悔の用意が出来ていない場合でも問答無用で叩きのめしましょう。

 

カイト3

関連記事

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

ランカの蟲惑魔(こわくま):遊戯王カード考察  ほらほら、セットカード破壊してもいいんだよ?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:烏合無象(うごうむぞう)(Cattle Call)

いくらでも悪用がききます   今回紹介するのはエクストラパック2016よりこの

記事を読む

2018年度遊戯王OCG検定テスト、気になった問題の解説など

毎年このぐらいの時期になるとやってくる遊戯王OCG検定。 今年も4月の間行われていました。

記事を読む

遊戯王カード考察:竜騎士ブラック・マジシャン 永遠の魂とセットですごい事に

本日2月10日、RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITIO

記事を読む

遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ブンボーグ006(ゼロゼロシックス)

毎回少しずつ新カードが出ているブンボーグ。 やはりディメンション・オブ・カオスにも収録されてい

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタモル・クレイ・フォートレス

連続攻撃を決めろ!   今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DI

記事を読む

【チェーンバーン(遊戯王世界大会2017)】:大会で活躍したあのデッキを検証

Yu-Gi-Oh! World Championship 2017 大規模な遊戯王の世界大会が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑