遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-ワイルド・ホープ

デビル・ヒールの最高の相方

 

今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこのカードです。

 

 

 

魔界劇団-ワイルド・ホープ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1200
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、
もう片方の自分のPゾーンの「魔界劇団」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードのPスケールはターン終了時まで9になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「魔界劇団」モンスターしか特殊召喚できない。
【モンスター効果】
「魔界劇団-ワイルドホープ」の②のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
自分フィールドの「魔界劇団」モンスターの数×100アップする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「魔界劇団-ワイルドホープ」以外の「魔界劇団」カード1枚を手札に加える。

 

 

 

魔界劇団の一員であるレベル4モンスターです。

アークファイブにおいて沢渡シンゴが天城カイト戦で使用しており

その効果でファンキーコメディアンのサーチをし、さらにペンデュラム召喚された後に

ファンキーコメディアンのペンデュラム効果を発動する為のコストとなりました。

 

魔界劇団ワイルドホープ

ファンシーなデザインな銃を持ったガンマン風のモンスターです。

魔界劇団の中では一番人間に近いデザインをしており、

また片眼が特徴の魔界劇団の中で両目が隠れたデザインをしているなど

中々に異色の存在となっています。

ただアニメで魔界劇団共通のマークが目元に写っていました。

ワイルドホープは訳すなら「野生的な期待の新生」といった所でしょうか。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

もう片方のペンデュラムゾーンに魔界劇団ペンデュラムがある時に

ターン終了時までそのペンデュラムスケールを9に変更できるというものです。

特にデビルヒールを主軸に使いたい場合に重要な効果であり

デビルヒールのペンデュラム召喚にはこの効果が必要となるでしょう。

また元々のペンデュラムスケールが2であり状況に応じて変更する事で

ペンデュラムスケールを揃えるのに役立ってくれます。

ただしこの効果を発動した後そのターンの間は

魔界劇団以外の特殊召喚が不可能になる制約が発生するので

エクシーズ召喚等につなげようと思っている場合や

魔界劇団以外のカードも採用している場合には発動に注意が必要です。

 

 

モンスター効果の①は1ターンに1度、メインフェイズ時に発動する事で

そのターンの間このカードの攻撃力を

自分の場の魔界劇団の数×100だけ上昇させるというものです。

このカードの元々の攻撃力が1600とやや心もとない数値である為、

この効果単体ではそこまでの攻撃力の上昇は見込めませんが

他の魔界劇団の攻撃力上昇効果と合わせて発動していくといいでしょう。

 

モンスター効果の②は1ターンに1度このカードが戦闘か効果で破壊された場合に

デッキから自身と同名カード以外の魔界劇団カード1枚をサーチできるものです。

モンスターゾーン、ペンデュラムゾーンのどちらで破壊されてもよく

また魔界劇団と名がついていれば魔法罠もサーチが可能となっています。

Emヒグルミの調整版とも言うべき効果であり、あちらと違って

1ターンに1度の制約があったり特殊召喚ではなくサーチだったりと

随所に反省点が見られるような性能となっています。

まあ1ターンに1度が無かったら多分禁止カードですね。

これでも十分すぎるほどに優秀な効果であり壁として使うだけでなく

自分から積極的に破壊してサーチ効果を発動しにいく選択肢もあります。

特殊召喚ではなくサーチである点は展開に繋げるのには不向きですが

ペンデュラムスケールの維持としてはむしろ好都合とも言えます。

またヒグルミと違ってフィールド以外で破壊されたとしても効果が発動する為、

例えば死のデッキ破壊ウイルス等で手札やデッキから破壊してもOKです。

 

 

やばいです、魔界劇団予想以上にやばいです。

レベル4のサッシールーキーとプリティヒロインにそしてこのワイルドホープ、

3人とも破壊された時に発動する時に発動する効果持ってます。

しかも3枚ともペンデュラムモンスターである為一度ペンデュラム召喚の準備が整えば

何度も場に出ては破壊されてアドバンテージを稼ぐというサイクルが成立します。

元々ペンデュラム召喚は長期戦になればなるほどアドバンテージを稼げる傾向がありますが

魔界劇団は特にその傾向が強いテーマだと言えるでしょう。

 

沢渡6

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:SNo.(シャイニングナンバーズ)0 ホープ・ゼアル

Vジャンプの20th レジェンダリー・コレクションによる 応募者全員サービスですが、カードの名

記事を読む

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:融爆(ゆうばく)

地道にアドバンテージを手に入れよう   今回紹介するのはTHE DARK SI

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A-アサルト・コア、B-バスター・ドレイク、 C-クラッシュ・ワイバーン

公式はユニオンを見捨てていなかった!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

天輪の双星道士(てんりんのそうせいどうし):遊戯王カード考察

レベル2デッキの新しい期待の星!   今回紹介するのはプレミアムパック19より

記事を読む

エンタメデュエル:遊戯王カード考察

見事条件を達成できましたらご喝采!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ABC-ドラゴン・バスター

手札消費一切無しで特殊召喚が可能!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス

新たなるランク2の主力候補!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:烏合無象(うごうむぞう)(Cattle Call)

いくらでも悪用がききます   今回紹介するのはエクストラパック2016よりこの

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    自身のスケールではなく相方のスケールを9に変更する効果なおかげでどんな時でも確実に2と9のスケールを用意してくれる頼もしすぎる期待の新鋭
    破壊時効果に破壊場所の指定が無いから神カウンターとかで召喚やペンデュラム召喚を無効にして破壊された場合でも後続持ってこれる点もgood

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,530,662 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑