遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-サッシー・ルーキー

壁や身代わりとして頑張る健気な新人!

 

今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこのカードです。

 

 

 

魔界劇団-サッシー・ルーキー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 1700/守 1000
【Pスケール:青2/赤2】
①:自分フィールドの「魔界劇団」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
①:このカードは1ターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「魔界劇団-サッシー・ルーキー」以外の
レベル4以下の「魔界劇団」モンスター1体を特殊召喚する。
③:このカードがPゾーンで破壊された場合、
相手フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

 

魔界劇団の一員であるレベル4モンスターです。

アークファイブにおいて沢渡シンゴが使用しているカードで

ゴヨウ・キングに振り回されたりニゲ馬車で偉そうな態度を取ったりしてました。

特にユーゴ戦ではレベル5以上のモンスターに対して強いクリアウィングに対し

プリティ・ヒロインと力を合わせてメインとも言える活躍をしました。

 

魔界劇団サッシールーキー

体の各所に目玉のついている人型の魔物といった風貌をしています。

魔界劇団の例によれず片眼であり服の胸部に魔界劇団のマークがあります。

禍々しい風貌と言えなくもないですがアニメでの描写はコミカルです。

サッシー・ルーキーとは「生意気な新人」という意味ですが

生意気と言ってもネガティブな意味合いはあまりなく

むしろ「えらいハリキリボーイ」と言った感じの褒め言葉的に使われます。

アニメでも強力なモンスター相手にも果敢に立ち向かっており、

実に魅力的な生意気さを持ったモンスターだと思います。

 

 

ペンデュラム効果はモンスターゾーンの魔界劇団が

戦闘か相手の効果で破壊される時に身代わりになれるというものです。

奈落の落とし穴などからペンデュラムモンスターを守れるだけでなく

そのまま③のモンスター効果に繋げる事も可能です。

 

 

モンスター効果は3つあります。

①は1ターンに1度だけ戦闘や効果で破壊されない限定的な破壊耐性です。

壁としてだけでなく魔界台本「ファンタジー・マジック」があれば

攻撃力が上の相手であっても一方的にバウンスを狙う事が可能です。

またプリティ・ヒロインが一緒にいる状況であれば

ダメージ覚悟で攻撃する事で相手の攻撃力を下げにいく事もできます。

 

②はモンスターゾーンのこのカードが戦闘か効果で破壊された場合に

自身と同名カード以外のレベル4以下の魔界劇団1体を

デッキから特殊召喚できるというものです。

①の破壊耐性と合わせて合計3回分の壁を用意する事が出来る他

プリティ・ヒロインやワイルドホープを特殊召喚すれば

それらが破壊された後さらに魔界台本のセットやサーチに繋げられます。

 

③の効果はペンデュラムゾーンのこのカードが破壊された場合に

相手のレベル4以下のモンスターを破壊できるというものです。

破壊できるモンスターはレベル4以下に限定されている為、

相手が警戒した場合には効果の発動機会が中々ないかもしれませんが

揺れる眼差し等で相手ターンに能動的に破壊する事で

相手の展開の妨害としても活用していく事が可能です。

 

 

 

魔界劇団の中でも特に壁役として優秀なモンスターであり

ペンデュラム召喚で繰り返し特殊召喚できれば厄介極まりない存在となります。

魔界劇団の戦線の維持として大いに役立ってくれるでしょう。

何かとプリティ・ヒロインと相性のいいカードでもある為、

体を張った活躍で彼女にいい所を見せてあげましょう。

 

サッシールーキー

関連記事

遊戯王カード考察:妖海(ようかい)のアウトロール とりあえず炎星や十二獣あたりに

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:嵐竜の聖騎士(ナイト・オブ・ストームドラゴン) サイバース・ウィッチから簡単に出せます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)59 背反の料理人(バック・ザ・コック)

史上初の真炎の爆発対応ナンバーズ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:岩石の番兵

え?蘇生条件緩くない?   今回紹介するのはムービーパックよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・サーベル・タイガー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

アーティファクト-ミョルニル:遊戯王カード考察 純構築向けのカード、制約とどう向き合うか

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)-アルティメット・パウンド:遊戯王カード考察

三回連続の貫通攻撃で敵を一網打尽ナノーネ   今回紹介するのは1月21日に発売

記事を読む

遊戯王カード考察:終焉の覇王デミス リメイク前よりもさらにダメージを与えやすく

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑