東方鈴奈庵第40話『これも全て妖怪の仕業なのか 前編』感想

公開日: : 書籍感想, 東方

東方鈴奈庵40話の感想です。

小鈴ちゃんがツケヒゲつけてコスプレをしています。

今回の話の内容から察するに恐らくは名探偵ポワロのコスプレだと思われます。

それにしても以前にも一度ツケヒゲつけた妄想をしていましたが

幻想郷で流行ってるんでしょうか、ツケヒゲ。

そういえば神霊廟でも妖夢がツケヒゲつけてましたが・・・。

 

 

幻想郷はもうすぐ梅雨時となるようです。

阿求が鈴奈庵に来て借りていた本を返しに来ています。

今回はそこまでの量ではなかったのか自分から鈴奈庵まで本を持ってきていますね。

雨の降る日は外出せずに本を読む人が多く、

貸本屋である鈴奈庵にとっては稼ぎ時のタイミングです。

そんな中でも最近推理小説がよく貸し出されているようですが

人里の人間にとって外の世界の推理小説はあまり馴染み深いものではありません。

それもそのはず、そもそも幻想郷と外の世界ではルールが違いすぎるのです。

幻想郷には法律が存在せず、また魑魅魍魎が跋扈している世界です。

そんな中で外の世界のルールに基づいた推理小説は難しすぎるのでしょう。

「妖怪ならこんな密室トリック余裕じゃん」みたいに感じるのでしょう。

個人的にはそれはそれで外の世界を知るという目的で楽しめるかもしれませんが。

 

 

梅酒漬けよう!

梅酒漬けよう!

梅雨に備えて人里に買い出しに来ている霊夢。

どうやら梅酒を作ろうかと考えているようです。

鈴奈庵では幻想郷のディストピア的な描写が結構されていますが、

そんな中幻想郷の良い所を挙げるならばそれは酒税なんてものが存在せず

お酒が作りたい放題飲み放題という所かもしれません。

しかし霊夢の耳に男2人が物騒な話をしているのが聞こえてきます。

血相を変えて事情を聞く霊夢ですがそんな様子を見て男2人は大笑い、

彼らはただ推理小説の話をしているだけなのでした。

 

 

アガサ=クリスキュー・・・一体何求なんだ・・・

赤っ恥を書いたとも言うような感じで鈴奈庵に赴く霊夢。

そんな中で推理小説が最近ブームであると小鈴が話します。

その中でもアガサ=クリスQという小説家が書いた推理小説が人気で、

幻想郷の人間でも馴染みやすい推理小説を書いているようです。

小鈴の強い押しに負けて霊夢も一冊借りてみる事にしました。

 

で、そのアガサ=クリスQ、阿求のペンネームでした。

えらい流暢なサインまで用意しており超ノリノリです。

アルファベットで書かれてますが幻想郷で読める人どの程度いるのでしょうね。

阿求は今まで読んで来た推理小説の知識を生かして、

幻想郷流にアレンジした推理小説を書き鈴奈庵を通じて

人里に流通させていたのです。

ペンネームを作ったのは人里でも要職に存在する自分が、

小遣い稼ぎのような行為をしているのを世間に公表したくないからだとか。

そんな阿求の書く推理小説は非常に奇抜であり

犯人どころかそれが事件であるかどうかもあやふやであるそうです。

・・・・・・それは推理小説なんでしょうか?

もっとこう、世にも奇妙な物語とかその辺のお話のような気がします。

 

 

そして事件は始まった

そんなアガサ=クリスキューの推理小説の1つに

井戸の近くで男が死に、その死体が突然姿を消すというものがありました。

勿論それは空想の中のお話なのですが事件は突然起こります。

ある男が井戸の近くで悲鳴と共に倒れました。

もう瞳孔とか開いちゃってる感じであり、恐らくは死んでいるのでしょう。

そしてその倒れた男がそのまま姿を消してしまいます。

そう、まるで推理小説の一説と同じような状況で・・・。

 

 

 

 

さて、推理小説の内容が現実に起こってしまった描写のある今回のお話ですが

話の流れ的には推理ものではお約束の「見立て殺人」に近い形ですね。

ただ個人的にはこの推理小説の内容が人々に噂されていた事を考えると

都市伝説として具現化してしまったものではないかと推測しています。

しかし問題はこの事件を誰か目撃していたのかどうかという事です。

死体も消えているわけですから人知れず都市伝説が進行し、

誰も気付かないうちに次々と犠牲者が・・・という可能性も存在します。

いやはや怖いですね。

まあクリスQのネタバレによると犠牲者復活するそうですが。

 

都市伝説でなければ誰かが推理小説の殺人を再現したという事にもなります。

今回の1ページ目、洋風の間取りと猿が写っているシーンがありました。

動物と洋風の建物という組み合わせは恐らく地霊殿だと思われます。

そうなると犯人として濃厚なのは古明地さとりですね。

彼女の想起ならば推理小説の事件を再現する事も可能だと思われます。

 

 

阿求の口から「エドガー・アラン・ポー」という名前が出てきました。

これはアメリカの推理小説家の名前であり日本の小説家「江戸川乱歩」は

彼の名前をもじって自分のペンネームを設定したという逸話が存在します。

ただ自分はそこまで推理小説に詳しいわけではなく、

彼の小説は読んだ事がございません・・・。

 

 

今回「妖怪の存在が一般的だと推理を成立させるのが困難」という話がありました。

ですが明確にルールさえ設定すれば推理小説にオカルトを混ぜるのも十分可能です。

例えばゲーム「逆転裁判」において霊媒という要素を絡ませた事件が存在しており

霊媒に関するルールを厳格に設定した結果上手い具合に推理に絡ませています。

幻想郷に求められているのはそのような推理小説なのかもしれません。

関連記事

東方鈴奈庵第41話『これも全て妖怪の仕業なのか 後編』感想

東方鈴奈庵41話の感想です。 今回の表紙は小説を執筆している阿求とそれを見ている小鈴。

記事を読む

東方鈴奈庵第33話『真実の支配者 後編』感想

今回の扉絵はいつもの服の射命丸文でした。 個人的には一本歯下駄型のブーツに目がいきますね。

記事を読む

「東方天空璋~ Hidden Star in Four Seasons.」体験版公開、割と有名どころな妖怪が出てきてます(ネタバレ注意)

5月7日、第14回例大祭において 東方天空璋(とうほうてんくうしょう)の体験版が先行配布されま

記事を読む

「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」:東方新作タイトル発表、東方初の褐色キャラが・・・

東方Project第16弾となるシューティングゲーム新作が 夏コミの発売に向けて鋭意開発中であ

記事を読む

東方鈴奈庵第27話『狐狗狸さんは桜とともに散りぬ 後編』感想

コンプエースを読む機会があったので せっかくなので鈴奈庵の感想でも書いておこうかなと思います。

記事を読む

SW2.0:ラクシアゴッドブック登場、PC用新種族「センティアン」は3種類の性能に分かれます

5月20日、今まで登場した46柱もの神様を記載した神様用のゴッドブックです。 今までサプリやリ

記事を読む

東方深秘録:CPU戦の勝利時の台詞を一部抜粋

ストーリークリア後、キャラクターの動きに慣れる為も兼ねて ちょっとCPU戦で見られる試合後のキ

記事を読む

東方鈴奈庵第28話『河童のグリモワール(前編)』感想

というわけでコンプエース読んでまいりました。 表紙絵には何やらフードを被った謎の人物がいます。

記事を読む

東方Project第11回人気投票結果発表、興味深い順位変動があったキャラ

こちらで行われていた人気投票ですが結果が出た模様です。 まあ結果に関しては各自でごらんになった

記事を読む

東方考察:もしかしてレミリア・スカーレットの一番強い形態って・・・

何か東方に関する考察記事もすっごい久しぶりな気がします。 今回考察するのはレミリア・スカーレッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:ガーデン・ローズ・メイデン ブラック・ガーデンのサポートカード登場

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:弾丸特急バレット・ライナー 地属性機械族って結構います

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:月光融合(ムーンライト・フュージョン) 舞豹姫や舞獅子姫がより出しやすく

本日11月10日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-が発

→もっと見る

    • 5,847,297 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑