遊戯王OCGカード考察:古代遺跡の目覚め(トラミッド・パルス)

トラミッドだけでなく岩石族もサポート!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

古代遺跡の目覚め
永続罠
①:1ターンに1度、自分の墓地から、
岩石族モンスターまたはフィールド魔法カードを合計2枚除外し、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外のフィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
●自分の墓地のフィールド魔法カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

トラミッド用の永続罠です。

イラストでは今まさにピラミッドが別の形態へ変形する姿が描かれています。

バルス

ちなみに「バルス」ではなく「パルス」なので気をつけましょう。

 

 

古代遺跡の目覚めの効果は1ターンに1度、自分の墓地から

岩石族かフィールド魔法を2枚除外する事で

3つの効果のうちから1つを選択して発動します。

 

 

1つ目はフィールドの表側表示のカード1枚を破壊する除去効果です。

フリーチェーンで発動できる万能除去として非常に優秀で

基本的に【トラミッド】における除去はこの効果頼りになってきます。

 

 

2つ目は墓地の岩石族1体を守備表示で蘇生させるというものです。

こちらも【トラミッド】における展開手段として重宝し、

トラミッドカードである為トラミッド・スフィンクスも蘇生可能です。

またフォッシル・ダイナ パキケファロを蘇生させる事が出来れば

相手に対する強烈なメタとして機能します。

 

 

3つ目は墓地のフィールド魔法を3つまでデッキに加えてシャッフル、

その後カードを1枚ドローする効果です。

【トラミッド】においては単純なドローエンジンとしての役割の他、

デッキにフィールド魔法が尽きた場合にフィールド魔法をデッキに戻し、

再び下級トラミッドモンスターの効果でデッキから発動させる意味もあります。

なおデッキに戻すフィールド魔法は1枚から3枚まで任意に選ぶ事が可能です。

トラミッドは墓地のフィールド魔法を参照にするカードも存在し

またこのカードの発動自体除外コストとしてフィールド魔法を要求するため

デッキと墓地に存在するフィールド魔法の数を考えて戻す枚数を調節しましょう。

 

 

トラミッド用のカードですがどの効果も直接トラミッドを指定してはいません。

特に除去効果と蘇生効果はトラミッド以外でも非常に有用な効果であり、

【岩石族】全般における強力なサポートカードとなってくれるでしょう。

ただしこのカードを有効に利用する為には除外コストを確保する必要があります。

岩投げエリアなど効率よく墓地に岩石族を送る手段を用意しておくといいでしょう。

また岩石族を除外する事で逆に化石岩の解放やロスト・ガーディアンといった

除外された岩石族を利用するカードを活かす事にも使えます。

レベル3がメインであれば虚空海竜リヴァイエール、

レベル4がメインであれば武神姫-アマテラスをエクシーズ召喚する事でも

除外したモンスターを有効利用しやすいでしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ第74話『道化師の仮面』感想

遊戯王ARC-V74話の感想です。 フレンドシップカップ1回戦最後を締めくくるのは黒咲VSデニ

記事を読む

【クローラー】:遊戯王テーマ考察 星遺物テーマ2つめ!わらわら出てきてわらわら殴るリバース&リンクテーマ

星杯に誘われし者のフレーバーテキストに記述されていた機怪虫(クローラー)。 サーキット・ブレイ

記事を読む

遊戯王OCG新ルール「リンク召喚」登場!新マスタールールにより今までのエクストラデッキにも多大な影響が発生!

今年の春に放送される遊戯王新アニメ「遊戯王ヴレインズ」 やはり皆さんが一番注目していたのは新し

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドクロバット・ジョーカー

今回紹介するのはマスター・オブ・ペンデュラムよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:超量(ちょうりょう)

ウィング・レイダーズはユートと黒咲の使うカードが多数収録されていますが それとは別にまったく新

記事を読む

魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第76話『キングス・ギャンビット』感想

遊戯王ARC-V76話の感想です。 OP、EDも新しいものに代わりますね。 次のOPにな

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:ダイナミスト

ブレイカーズ・オブ・シャドウにも様々な新テーマが登場しています。 そのうちの1つがこのゾイドや

記事を読む

遊戯王OCG:2016年10月の制限改定を個人的に予想してみる

8月ももうすぐ終わりです。 次のリミットレギュレーションまであと1ヶ月とちょいになりましたね。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑