遊戯王OCGカード考察:古代遺跡の目覚め(トラミッド・パルス)

トラミッドだけでなく岩石族もサポート!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

古代遺跡の目覚め
永続罠
①:1ターンに1度、自分の墓地から、
岩石族モンスターまたはフィールド魔法カードを合計2枚除外し、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外のフィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
●自分の墓地のフィールド魔法カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

トラミッド用の永続罠です。

イラストでは今まさにピラミッドが別の形態へ変形する姿が描かれています。

バルス

ちなみに「バルス」ではなく「パルス」なので気をつけましょう。

 

 

古代遺跡の目覚めの効果は1ターンに1度、自分の墓地から

岩石族かフィールド魔法を2枚除外する事で

3つの効果のうちから1つを選択して発動します。

 

 

1つ目はフィールドの表側表示のカード1枚を破壊する除去効果です。

フリーチェーンで発動できる万能除去として非常に優秀で

基本的に【トラミッド】における除去はこの効果頼りになってきます。

 

 

2つ目は墓地の岩石族1体を守備表示で蘇生させるというものです。

こちらも【トラミッド】における展開手段として重宝し、

トラミッドカードである為トラミッド・スフィンクスも蘇生可能です。

またフォッシル・ダイナ パキケファロを蘇生させる事が出来れば

相手に対する強烈なメタとして機能します。

 

 

3つ目は墓地のフィールド魔法を3つまでデッキに加えてシャッフル、

その後カードを1枚ドローする効果です。

【トラミッド】においては単純なドローエンジンとしての役割の他、

デッキにフィールド魔法が尽きた場合にフィールド魔法をデッキに戻し、

再び下級トラミッドモンスターの効果でデッキから発動させる意味もあります。

なおデッキに戻すフィールド魔法は1枚から3枚まで任意に選ぶ事が可能です。

トラミッドは墓地のフィールド魔法を参照にするカードも存在し

またこのカードの発動自体除外コストとしてフィールド魔法を要求するため

デッキと墓地に存在するフィールド魔法の数を考えて戻す枚数を調節しましょう。

 

 

トラミッド用のカードですがどの効果も直接トラミッドを指定してはいません。

特に除去効果と蘇生効果はトラミッド以外でも非常に有用な効果であり、

【岩石族】全般における強力なサポートカードとなってくれるでしょう。

ただしこのカードを有効に利用する為には除外コストを確保する必要があります。

岩投げエリアなど効率よく墓地に岩石族を送る手段を用意しておくといいでしょう。

また岩石族を除外する事で逆に化石岩の解放やロスト・ガーディアンといった

除外された岩石族を利用するカードを活かす事にも使えます。

レベル3がメインであれば虚空海竜リヴァイエール、

レベル4がメインであれば武神姫-アマテラスをエクシーズ召喚する事でも

除外したモンスターを有効利用しやすいでしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ51話「反旗を揚げろ オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」感想

黒咲隼、ニコニコ大百科のコメント数がついに1000を突破しましたね。 今やアークファイブで一番

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ブンボーグ006(ゼロゼロシックス)

毎回少しずつ新カードが出ているブンボーグ。 やはりディメンション・オブ・カオスにも収録されてい

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻想の見習い魔導師(げんそうのみならないまどうし)

弟子はとっても優秀だった!   2016年9月21日にVジャンプ11月号が発売

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:デストーイ・ハーケン・クラーケン

かゆい所に手が届くデストーイ!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

魔界劇団カーテン・ライザー:遊戯王カード考察  新マスタールールに早速対応とか沢渡さんさすがっすよ!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:創星神 tierra(そうせいしん ティエラ)

新たなるラスボス、降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカー

記事を読む

炎王獣 ガネーシャ:遊戯王カード考察  強い事しか書いてない至れり尽くせりの1枚

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火流 輪廻の陣(しらぬいりゅう りんねのじん)

不知火に貴重なドローソースが!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑