遊戯王OCG新カード考察:魔道化リジョン

公開日: : 最終更新日:2015/04/25 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

デュエリストパック決闘都市編の新カードも結構判明してきましたね。

今回紹介するのはこのカードです。

 

魔道化リジョン
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1300/守1500
「魔道化リジョン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに魔法使い族モンスター1体を表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から魔法使い族の通常モンスター1体を選んで手札に加える。

 

原作でパンドラの使っていたカードですね。

ブラック・マジシャンの生贄として使われた関係か、

ブラック・マジシャンを全般的にサポートするような効果に魔改造されています。

もしブラック・マジシャンのサポートに運用するのでしたら、

どうせならパンドラ版のブラック・マジシャンを使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

①の効果は魔法使い族のモンスターを追加でアドバンス召喚できる効果です。

アドバンス召喚を主軸とするデッキならば召喚権を確保できるのは美味しいですね。

「不安帝」など散々な評価を受けている闇帝ディルグもこのカードによって価値が生まれたと言えるでしょう。

メビウスの影に隠れがちだった「黒魔導戦士ブレイカー」も魔法使い族である特徴を生かせます。

他には闇紅の魔導師などがアドバンス召喚に意義のあるカードしょうか?

ただしこれらのカードもそこまでカードパワーが強いとは言えないので、

アドバンス召喚を軸にするデッキの場合入れるカードはよく考えましょう。

 

②の効果はフィールドから墓地へ送られた場合に通常モンスターをサーチ、リクルートする効果です。

「場合」の任意効果である為タイミングを逃さないのが優秀です。

シンクロ素材にする他アドバンス召喚の為にリリースしても効果を発動できる為、

①の効果と上手くシナジーしています。

魔法使い族の通常モンスターといえばやはり有名なのはブラック・マジシャンですが、

もう1つ・・・いえもう4つ有名なカードが存在します。

はい、エクゾディアのパーツです。

このカードは頭以外のエクゾディアのパーツをサーチする事が出来るのです。

1ターンに1度の制約が存在しますがエクゾディアにとっては、

無制限のクリッターのような存在として扱う事も可能でしょう。

エクゾディア本体をサーチする事が出来ないのは痛い点ですが、

このカードを軸にした新しいエクゾディアデッキを組んでみる価値はあると思います。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

フーコーの魔砲石

魔法使い族、通常モンスターのペンデュラムカードであり、②の効果でサーチできます。

このカードの他にも竜穴の魔術師など魔道化リジョンでサーチできるペンデュラムカードがいくつかある為、

これらのカードを入れる時は是非魔道化リジョンは採用しておきたいですね。

また攻撃力はそこまで高くないですがいざという時には、

魔道化リジョンをアドバンス召喚をしてアタッカーにする事もできます。

 

ブリザード・プリンセス

「魔法使い族モンスター1体をリリースして出せる」魔法使い族モンスターであり、

また通常召喚する事によって効果を発揮するモンスターでもある為、

魔道化リジョンの①の効果と抜群の相性を誇ります。

相手の魔法・罠を封じる効果はその後に安全にペンデュラム召喚を行いたい時等に役立つでしょう。

 

ワンダー・ワンド

ドローソースにしながら、能動的に魔道化リジョンを墓地へ送れるカードです。

アドバンス召喚を狙わないデッキであっても②の効果を積極的に活用できます。

魔法使い族をメインにするデッキであるなら是非採用したいカードです。

 

魔法剣士トランス

レベル6の通常モンスターであり、2600という高い攻撃力を誇ります。

魔道化リジョンの①の効果、②の効果の両方を有効活用できるモンスターと言えるでしょう。

 

 

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:にん人

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代遺跡の目覚め(トラミッド・パルス)

トラミッドだけでなく岩石族もサポート!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ガガガヘッド

今回紹介するのは漫画版遊戯王ZEXAL9巻の付録になっているこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:迷い風

新しいモンスター効果妨害の選択肢が登場!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントムナイツ)フラジャイルアーマー

今週のアークファイブ、公式にリツイートするのを忘れていました・・・。 今回紹介するのはウィング

記事を読む

星霜のペンデュラムグラフ、時空のペンデュラムグラフ:遊戯王カード考察

強いのに虹彩の魔術師でサーチし放題!   というわけで12月25日、ク

記事を読む

リンク・ディサイプル:遊戯王カード考察  サイバース・ガジェットが使いやすくなりました

5月21日にVジャンプ7月号が発売されました。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・スプリンター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・エンペラー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

クリア・エフェクター:遊戯王カード考察

ドローしつつ耐性付与!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑