遊戯王OCGカード考察:メタルフォーゼ・アダマンテ

簡易融合で出せる最高打点!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです

 

 

メタルフォーゼ・アダマンテ
融合モンスター
星5/炎属性/サイキック族/攻2500/守2500
「メタルフォーゼ」モンスター+攻撃力2500以下のモンスター

 

 

新しく判明したメタルフォーゼの融合モンスターです。

前回メタルフォーゼの記事を書いたばかりですがその直後に情報が出ました。

メタルフォーゼ・アダマンテ

イラストではDホイールバイクと合体したスティエレンの姿が描かれています。

マフラーとタイヤがブースターになってたりハンドル部分が剣になってたりと

バイクのパーツがいい感じにスティエレンの武装となっています。

名前の由来は伝説上の鉱物「アダマント」だと解釈していいでしょう。

やはりメタルフォーゼの融合体は伝説上の鉱物が由来になるようです。

 

 

メタルフォーゼ・カーディナル同様一切の効果を持たない融合モンスターです。

レベル5、攻撃力2500、融合素材のモンスターも1体少ないと

全体的にメタルフォーゼ・カーディナルをコンパクトにした性能となっています。

超融合で相手のモンスターを素材にする場合1体だけの場合でも発動が可能な為、

相手のモンスターの数に合わせてカーディナルと使い分ける事になるでしょう。

 

 

何といってもレベル5であるため簡易融合に対応しているのが大きな特徴です。

そのままだと攻撃する事が出来ない上にエンドフェイズに破壊されてしまいますが

メタルフォーゼ・コンビネーションがある状態でアダマンテを素材に

他のメタルフォーゼ融合モンスターを融合召喚する事で

すぐさま素材にしたアダマンテを蘇生させて攻撃に参加させることが可能です。

また攻撃力2500と簡易融合で出せる融合モンスターでは最高攻撃力を誇ります。

偉大魔獣 ガーゼットThe tyrant NEPTUNEのように

攻撃力を参照にするカードのリリース要因として活用するのも面白いでしょう。

また簡易融合で出せる現状唯一のサイキック族モンスターでもある為、

墓地に落とした後にフューチャー・グロウのコストにする方法もあります。

 

 

ゴルドライバーの融合体であるメタルフォーゼ・オリハルク、

ヴォルフレイムの融合体であるメタルフォーゼ・カーディナルに続き

スティエレンの融合体も登場しました。

この調子でいくとシルバードの融合体も存在しそうですね。

 

プラシド2

関連記事

遊戯王OCGカード考察:プレゼントカード

デッキ破壊を軽視するあなたに送りものです   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

遊戯王アークファイブ第147話『解き放たれたドラゴン』感想

遊戯王ARC-V147話の感想です。 ついに召喚法を冠する竜4体の同時召喚を実現した遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-サッシー・ルーキー

壁や身代わりとして頑張る健気な新人!   今回紹介するのはデステニー・ソルジャ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

灰流うらら(はるうらら):遊戯王カード考察

すごいメタカードが来ちゃいました   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよ

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重剣聖(ちょうじゅうけんせい)ムサ-C(シー)

今回紹介するのはVジャンプ12月号の付録についてくるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン

マスター・オブ・ペンデュラム、優秀なカードが数多く入ってると思います。 ストラクチャーデッキで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,201,107 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑