遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ショーダウン

ペンデュラムや永続魔法を多用するデッキに

 

今回紹介するのはスターターデッキ2016よりこのカードです。

 

 

EMショーダウン
通常罠
①:自分フィールドの表側表示の魔法カードの数まで、
相手フィールドの表側表示モンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

 

 

新しく登場する罠カードです。

エンタメイトの名を冠する罠カードではありますが

エンタメイト用のサポートカードというわけでもなく

汎用的に活用できる罠カードとなっています。

「ショーダウン」というのは最後の場面を現す言葉で

日本語的に言えば「幕を下ろす」が近い言葉になるでしょうか。

またポーカーなどで勝負をする為に手札を全て公開する事を指す言葉でもあり

公開している札(表側表示の魔法カード)に応じて効果を発揮する所は

こちらの意味も考慮しているのかもしれません。

イラストでもエンタメイト達が最後の締めとばかりに全員集合しています。

センターにEMスライハンド・マジシャンがいるあたり

やはり彼がエンタメイトにおけるリーダー格なのでしょう。

 

 

その効果は自分フィールドに表側表示で存在する魔法カードの数まで

相手フィールドの表側表示モンスターを裏側守備表示に出来るというものです。

ペンデュラムゾーンのカードの数も参照にする事が出来る為、

基本的にはペンデュラム召喚がメインのデッキで活用する事になるでしょう。

裏側守備表示に出来る事の有用性は月の書を見れば明らかですが

月の書と比較した場合、罠カード故に1度セットしなければ発動できない点や

自分のモンスターに使用する事が出来ない点で劣ります。

しかしこのカードは条件さえ揃っていれば複数裏側にする事が可能であり

特に一度に大量展開するペンデュラム召喚の動きを止めるのに機能するでしょう。

また細かいテクニックとしては通常魔法や速攻魔法にチェーンして発動する事で

これらのカードも「表側表示の魔法カード」としてカウントする事が可能です。

 

 

このカードを有効活用しやすいと思われるデッキとしては

ダイナミスト・チャージがフィールドに残りやすく、

さらに専用のフィールド魔法であるダイナミックPも有している

ダイナミストが思いつきます。裏側守備表示に出来れば

ダイナミスト・レックスの持つ貫通効果も活かしやすいでしょう。

同じくDDDもペンデュラムカードと永続魔法を多数保有している為

EMショーダウンの効果を活かせる機会が多いです。

またペンデュラムテーマではありませんが永続魔法を多様する炎星も

複数のモンスターを裏側表示にしやすいでしょう。

 

 

なんだかんだで裏側守備表示に出来るカードは結構貴重です。

状況を選ばずに使え自分のモンスターにも使える月の書と比べると

やや見劣りする面もありますが複数裏側守備に出来るのはやはり大きな魅力です。

3枚目以降の月の書として考えるのも悪くないでしょう。

遊矢9

関連記事

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-、ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-とストラクチャーデッキ-海馬瀬人-、 いよいよ2つのストラクチ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD双暁王(そうぎょうおう)カリ・ユガ

7月に発売されるディメンション・オブ・カオスのカードが早くも一部判明しました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の歯車機械(アンティーク・ギアガジェット)

機械複製術と相性抜群!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛乱

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)キングベアー

レベル7以上ならなんでもサルベージ!   今回紹介するのは今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO オネスティ・ネオス

攻撃力上昇数値、脅威の2500なコンバットトリック   今回紹介するのは20t

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-神立(がんだち)のオニマル

初となる縛りなしレベル12シンクロ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第146話『ディメンション・ハイウェイ』感想

遊戯王ARC-V146話の感想です。 黒咲とのデュエルを終えた遊矢の前に現れたのはジャック・ア

記事を読む

バオバブーン:遊戯王カード考察

2体並べた上で手札交換!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑