遊戯王アークファイブ考察:零羅は赤馬零児の弟ではない?

アークファイブ公式のキャラクター説明なんですが零羅の説明に大きな違和感を感じました。
『零児を「兄様」と呼び、慕う。』この一文です。
まるで本当の兄ではないけど兄と呼んでいる、そう解釈できるような文章です。
また零王のキャラクター説明には「零児の父親」とだけ書かれており、零羅の父親という記述は存在しません。
それを裏付けるかのようにキャラクター説明には「赤馬 零児」「赤馬 日美香」「赤馬 零王」と
他の赤馬家のキャラクターには全て苗字が記載されているにも関わらず零羅だけは苗字の表記が無く、名前だけです。
この事からも零羅は血が繋がっていないのではないか?という推測が出来ます。

そしてそうなると1つの疑問が浮かび上がります。

 

素良1
零羅は何者なのか?

 

これは推測なのですがスタンダード次元の人間ではないのではないでしょうか?
赤馬社長は自分のモンスターであるDDDを「異次元の王」と称していました。
これは零児の初デュエルの時から思っていた疑問なのですがこの「異次元」とは何を指すのでしょう?
タイトルである「ARC-V」からスタンダード、融合、シンクロ、エクシーズの4つ以外に、
「もう1つ次元が存在するのでは?」という説はよく聞きます。
その5つ目の次元から零児はDDDの力を手に入れ、また零羅と接触した、と考える事が出来ます。
零羅のCCCも零児と同様に様々な召喚方法を駆使しますが、
もしかしたら零児ではなく零羅の方がオリジナルなのかもしれません。
前作遊戯王ZEXALのハルトの様に何か特別な力を持っている可能性は高そうです。
CCCの性質から考えると力をコピーしたり出来る能力を持っているのかもしれません。

何にしても零羅に関してはまだまだ謎が残されています。
OP、EDから零羅もランサーズに入り、ストーリーに積極的に関わってくるみたいなのでこれからの活躍に期待ですね。

それにしてもCCC、個人的にすごくOCG化を期待しているデッキテーマなのですが、
はたしてOCG化してくれるのでしょうか?
そもそも3種類の召喚方法×6つの属性、これだけで18枚でありエクストラデッキが足りないのですが・・・。

 

関連リンク:遊戯王アークファイブ公式ホームページ
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/yugioh-arcv/index2.html

 

関連記事

遊戯王アークファイブ第80話『次元を超えた再開』感想

遊戯王ARC-V80話の感想です。 「使えないカードなんてない」という事を周囲に伝える事が出来

記事を読む

時械巫女(じかいみこ):遊戯王カード考察  時械神中心でデッキを組む意義が生まれました

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真青眼の究極竜(ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)

原作通りの3回攻撃を実現!   4月23日にTHE DARK SIDE OF

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:復活の福音

蘇生できるだけでも強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-、ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-とストラクチャーデッキ-海馬瀬人-、 いよいよ2つのストラクチ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:半魔導帯域

ミドル・シールド・ガードナー「君達!やめたまへ!」   今回紹介するのはザ・ダ

記事を読む

遊戯王カード考察:闇黒世界-シャドウ・ディストピア- おうお前がモンスターをリリースするんだよ

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

フィールドも墓地も全て除外してしまえ   今回紹介するのは12月19日に発売さ

記事を読む

直通断線(シャットライン)、導爆線(どうばくせん):遊戯王カード考察  よりカードの位置に気を付ける環境に

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔帝(まてい)アングマール

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

Comment

  1. きりしゅや より:

    赤馬一族のスートシンボルが零羅のフードにあるから家族ではある気がするのよ…
    のよ…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,555,431 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑