遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ガストル、アモルファージ・ルクス、アモルファージ・プレスト

魔法ダメ!罠ダメ!モンスター効果もダメ!

 

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

アモルファージ・ガストル
ペンデュラム・効果モンスター
星2/地属性/ドラゴン族/攻   0/守1850
【Pスケール:青5/赤5】
このカードのコントローラーは、
自分スタンバイフェイズ毎に自分フィールドのモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずにこのカードを破壊する。
①:自分フィールドに「アモルファージ」モンスターが存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスター以外のモンスターの効果を発動できない。
【モンスター効果】
①:P召喚・リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 

 

アモルファージ・ルクス
ペンデュラム・効果モンスター
星2/地属性/ドラゴン族/攻1350/守   0
【Pスケール:青5/赤5】
このカードのコントローラーは、
自分スタンバイフェイズ毎に自分フィールドのモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずにこのカードを破壊する。
①:自分フィールドに「アモルファージ」モンスターが存在する限り、
お互いに「アモルファージ」カード以外の魔法カードの効果を発動できない。
【モンスター効果】
①:P召喚・リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 

 

アモルファージ・プレスト
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻   0/守1950
【Pスケール:青3/赤3】
このカードのコントローラーは、
自分スタンバイフェイズ毎に自分フィールドのモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずにこのカードを破壊する。
①:自分フィールドに「アモルファージ」モンスターが存在する限り、
お互いに「アモルファージ」カード以外の罠カードの効果を発動できない。
【モンスター効果】
①:P召喚・リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 

 

シャイニング・ビクトリーズの発売に伴い新たなアモルファージが次々判明しました。

ガストルは暴食、ルクスは色欲、プレストは強欲をあらわす言葉であり

どうやらアモルファージのモンスターは8つの枢要罪からつけられているようです。

他のアモルファージと同じく様々な動物からドラゴンに変異しており、

それぞれハエ、サソリ、ハリネズミから変異した事がイラストから推測できます。

 

 

モンスター効果は3枚ともペンデュラム召喚、もしくはリバースしたカードが

フィールドに存在している間お互いにアモルファージ以外のモンスターを

エクストラデッキから特殊召喚できなくするものでやはりこれまでに判明していた

アモルファージのモンスター効果と共通しています。

 

 

ペンデュラム効果もやはりスタンバイフェイズにフィールドに維持する為に

モンスターをリリースしなければいけない制約効果と

特定のカードを妨害するメタ効果で共通しています。

その中でもこの3枚のペンデュラム効果のメタ範囲は非常に直接的なもので

ガストルはアモルファージ以外のモンスター効果の発動を、

ルクスはアモルファージ以外の魔法カードの効果の発動を

プレストはアモルファージ以外の罠カードの効果の発動を禁止する事が可能です。

特定のカードの効果を封じるのではなくカードの種類の効果そのものを封じるので

他のアモルファージと比べても非常にメタを張れる範囲が広いです。

仮に3枚全てのペンデュラム効果が適用されれば相手はほとんど何もできなくなります。

 

 

ただしペンデュラム効果である関係上フィールドに2枚しか張る事ができず

実際に3枚同時にペンデュラム効果を発動する事は不可能です。

他のアモルファージのカードも含め、相手に合わせてその相手に刺さるように

2枚のペンデュラムカードを選ぶ事が重要になってきます。

勿論ペンデュラムカードである以上スケールも大事であり、

たとえばガストルとルクスを同時に発動した場合相手はモンスター効果と

魔法の効果の発動を封じられますがこちらもペンデュラム召喚ができなくなります。

そのあたりの兼ね合いも考えてどのカードをセッティングするか決めましょう。

 

 

またアモルファージのペンデュラムスケールは3と5である為、

アモルファージのみでデッキ構築する場合レベル4のモンスターしか

ペンデュラム召喚をする事ができません。

この為レベル2のガストルとルクスのペンデュラム召喚は難しくなっています。

その一方でプレストはレベル4の為問題なくペンデュラム召喚が可能であり

守備力も1950ある為、この3枚の中では特に運用がしやすいです。

王宮のお触れで代用できる故の差別化なのかもしれませんね。

 

 

いずれにせよ3枚とも優秀なメタ範囲を持つカードであり

レベル2である事を考慮してもガストルとルクスを使う価値は高いです。

多くのカードが判明しさらに強力なメタ性能が明らかになったアモルファージ、

非常に怖いデッキだと思います。

 

ファージ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:幻想の見習い魔導師(げんそうのみならないまどうし)

弟子はとっても優秀だった!   2016年9月21日にVジャンプ11月号が発売

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ジュラゲド

  今回はデュエリストパック決闘都市編よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の祭司、太古の白石(ホワイト・オブ・エンシェント)

クリスマス・イブですね!私は夜勤です( 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:ダイプレクサ・キマイラ 簡易融合対応、リンク素材にして2枚回収できるナイスな奴

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ

元祖「融合」が活きる融合モンスター!   遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【空牙団(くうがだん)】 手札さえあれば展開し放題、これが結束の力だ

ダーク・セイヴァーズに閃刀姫と共に現れた新たなテーマ、 飛竜艇-ファンドラに乗り空の冒険を繰り

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-フルアーマード・ウィング かなり出しやすい完全耐性持ち

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇場「ファンタスティックシアター」 ほらほら、モンスター効果発動してもいいんだよ?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:ハロハロ 初のデメリットなしペンデュラムチューナー、通常モンスターとしても有用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:ガーデン・ローズ・メイデン ブラック・ガーデンのサポートカード登場

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:弾丸特急バレット・ライナー 地属性機械族って結構います

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:月光融合(ムーンライト・フュージョン) 舞豹姫や舞獅子姫がより出しやすく

本日11月10日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-が発

→もっと見る

    • 5,847,780 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑