遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ユニコーン

ワグナス!デメリット無しのスケール8だ!

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

EMオッドアイズ・ユニコーン
ペンデュラム・効果モンスター
星1/光属性/獣族/攻 100/守 600
【Pスケール:青8/赤8】
①:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分の「オッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時、
そのモンスター以外の自分フィールドの「EM」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで、
対象のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の「EM」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

 

 

EMユニコーン

 

 

新しく登場したエンタイメイトの仲間にして新しいオッドアイズです。

そしてオッドアイズの中では初めての下級モンスターとなります。

アークファイブにおいて榊遊矢がデュエルチェイサー227で使用し、

EMオッドアイズ・ライトフェニックスと共にペンデュラムゾーンに置かれ

ペンデュラム召喚に利用されました。

アニメではペンデュラム効果が1ターンに1度使用が可能だったり

モンスター効果も攻撃力上昇効果だったりしましたが

OCG化に伴いいくつか調整されています。

 

 

 

ペンデュラム効果はこのカードがペンデュラムゾーンにいる時に1度だけ

自分フィールドのオッドアイズモンスターが攻撃宣言をした時に

その攻撃宣言をしたモンスター以外のエンタメイト1体を対象に選択肢、

バトルフェイズ終了時まで選んだエンタメイトの元々の攻撃力分、

攻撃宣言をするオッドアイズの攻撃力に加えるというものです。

現状エンタメイトの中でも最大の攻撃力はEMハンマーマンモの2600であり、

これをオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンに加えれば5100まで

攻撃力を上昇させる事が可能です。

オッP自身の戦闘ダメージを倍にする効果と組み合わせれば

相手に大ダメージを与える事が可能になるでしょう。

ハンマーマンモでなくてもドクロバットジョーカーやシルバークロウを選択すれば

オッPの攻撃力4300まで上昇させられる為やはり大ダメージを狙えます。

 

 

モンスター効果は召喚、特殊召喚に成功した時に

自分の墓地のエンタメイト1体を選択し、そのエンタメイトの攻撃力分

ライフポイントを回復できるというものです。

こちらもやはり最大値はEMハンマーマンモの2600となり

最大で2600のライフ回復を見込める事が可能です。

 

 

 

しかしこのカードの最大の特徴はペンデュラム効果やモンスター効果ではなく

なんといっても一切のデメリット無しのスケール8である点、

そしてエンタメイトでもありオッドアイズでもあるという点でしょう。

デメリット一切無しのスケール8は竜穴の魔術師以来の2枚目となります。

竜穴の魔術師と比較した場合、あちらは通常モンスターサポートが使える事や

召喚師のスキルやペンデュラム・コールによってサーチが可能な事、

スケール8をセットする事でペンデュラム召喚が可能といった特徴があります。

一方でEMオッドアイズ・ユニコーンはレベル1の為

ペンデュラム召喚では出せませんが下級モンスター故に通常召喚がしやすい事、

EM故にペンデュラム・マジシャンやモンキーボード等でサーチが可能な上に

オッドアイズでもある為天空の色彩の効果でもサーチが可能な他、

オッドアイズ・フュージョンやオッドアイズ・アドベントのコストにも出来ます。

どちらのカードもドクロバット・ジョーカーの効果でサーチが可能な為、

7レベルのモンスターをペンデュラム召喚したい場合

竜穴の魔術師と一緒に採用するのも多いにありな選択肢です。

2枚とも採用すれば霞の谷の巨神鳥などもより出しやすくなるでしょう。

 

 

このカードによってエンタメイトの構築の幅がまた広がったのは間違いありません。

特に他のテーマとEMを混ぜる場合にも

より高レベルのモンスターを出すのに貢献してくれる事でしょう。

また出張性能も高く、EMモンキーボードと合わせれば

様々なデッキでレベル2~7のペンデュラム召喚が可能となります。

まだまだ進化を続けるエンタメイト、本当に恐ろしいですね。

 

遊矢6

関連記事

【SPYRAL(スパイラル)】:遊戯王テーマ考察  相手のデッキトップを調べつつ破壊工作せよ

9月9日にEXTRA PACK 2017(エクストラパック2017)が発売され それに伴い海外

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣一閃

とうとうブレイカーズ・オブ・シャドウのCMが流れましたね。 今回はそのCMで判明したこのカード

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:Kozmo(コズモ)

EXTRA PACK 2016に収録されるテーマの中でも 特に海外の環境で活躍しているテーマと

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン

純正のトゥーンでは使いづらい、だが・・・   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

ファイアウォール・ドラゴン:遊戯王カード考察

藤木遊作のもう1つのエースカード!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ジュラゲド

  今回はデュエリストパック決闘都市編よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:SR(スピードロイド)

ハイスピード・ライダーズに収録されるカードも少しずつ判明してきましたね。 やはり予想通りといい

記事を読む

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:絶滅の定め(Extinction on Schedule)

条件は厳しいがさて・・・   今回紹介するのはEXTRA PACK 2016よ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)

対象に取らないコントロール奪取!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

Comment

  1. 名無しの決闘者 より:

    これおそらく573とアニメスタッフが「やはりオッPを使って
    デュエルしてほしい」と思って作ったのかと思いますね
    EMEmが活躍している時代でもランク4が主役で、
    ストラクにも再録されたオッPやビーストアイズなどは
    全く使われていないのが現状ですし、融合やシンクロ、
    エクシーズに儀式などのオッドアイズ派生形を出したのに、
    使われるのは主に竜剣士の連中だけ
    ロマサガ2に例えるとレオンが編み出したソウルスティールの
    見切りをクジンシー撃破以降、すっかり皇帝が忘れたようなもんです

    これでオッPもEM竜剣士に採用されるんだろうか
    それとも巨神鳥やマジェのユニコーンに枠を奪われるのか
    気になります

    オッドアイズユニコーンでボルテックスが作れるのは良い事ですが

    • 確かに遊矢シリーズドラゴンの中でも一番使用率が低い感じですからねオッPは。
      ボルテックスドラゴン強いと思うんですけどね。
      そしてソウルスティールの見切りを忘れて2戦目のクジンシー戦で瞬殺された事がある私がここにいます(

      • 名無しの決闘者 より:

        さっきオッドアイズユニコーンをプロキシ3枚にして、エキセン3枚と
        交換して回してみましたが、ヤバいですねこれ。

        レベル1だから当然モンキーで持っていけるし、ペンマジや
        ジョーカーでサーチもおk

        竜呼や竜剣士が引けなくてもEMだけでワンキルできますね
        あとレベル7エクシーズでアブソ出してアブソを破壊されたら
        ボルテックスを出せばいいかなと思いました。
        オッドアイズフュージョンを入れると枠が足りないですし。

        管理人さん、ソウルスティールは忘れやすいですね。
        あと自分はテンプテーションの見切りを習得したのですが、
        猫の横飛びによってデータを失った思い出があります←

        • オッドアイズの名前が入ってるのは何気に大きいです

          • 名無しの決闘者 より:

            フェニックスも来ましたね・・・
            これヤバいのは光属性レベル5なのでプレアデスを
            作りやすいのと、オッドアイズの名前が入っているので
            貴竜の魔術師がデッキボトムに行かずにEXに行き、
            何度も使い回す事が出来ますね

            レベル5不死鳥+レベル1ユニコ+レベル3貴竜で
            トリシューラも出せますし、EM竜剣魔術師が来るかも

          • フェニックスはまた今度機会あれば記事作ろうと思います

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パ

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,815,339 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑