遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)35 ラベノス・タランチュラ

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。

 

 

 

No.35 ラベノス・タランチュラ
エクシーズ・効果モンスター
ランク10/闇属性/昆虫族/攻   0/守   0
レベル10モンスター×2
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分と相手のLPの差の数値分アップする。
②:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手がモンスターを特殊召喚する度に相手に600ダメージを与える。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 

 

 

味方全体を超強化!

 

 

新しく登場したナンバーズの1体です。

漫画版遊戯王ZEXALにおいて八雲興司が遊馬、凌牙、カイト戦で使用したカードであり

その効果によって攻撃力を4000まで上昇させた他、

ペイン・ゲイナーを特殊召喚する為の布石としても利用されました。

ラベノス・タランチュラペインゲイナー

ペイン・ゲイナーと同じく蜘蛛型のモンスターでありイラストが非常に酷似していますが

比べてみると模様や目、牙の形などが違う事が分かります。

ラベノスとは「貪欲」や「むさぼり食う」といった意味の言葉であり

このカードを和訳するなら「食らいつくす大蜘蛛」あたりになるのでしょうか。

 

 

新たに追加されたランク10の汎用エクシーズモンスターです。

このカードからペイン・ゲイナーやザ・セブン・シンズにランクアップする事も可能な為、

ランク10の多様性を上げるのに大きく貢献している1枚です。

 

 

①のこのカードがモンスターゾーンに存在している限り、

自分と相手のライフの差分、自分のモンスターの攻撃力・守備力を上昇させるという永続効果です。

自分と相手のライフ差によって攻撃力が上昇するカードはいくつか存在するのですが

ラベノス・タランチュラは相手よりライフが上でも下でも攻撃力が上昇する点、

そして自分だけでなく他のモンスターの攻撃力を上げられる事が大きな特徴となっています。

②の効果を考えると基本的には相手よりライフが大きい方が都合がいいのですが

それでも有利な状況と不利な状況、どちらでも対応できるのは大きな強みです。

 

 

②の効果はオーバーレイユニットを持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、

相手がモンスターを特殊召喚するたびに600のバーンダメージを与える永続効果です。

特殊召喚をしないデッキはほとんど存在しない為、多くの相手にバーン効果が期待できます。

特に昨今では1ターンに大量の特殊召喚をするデッキも多く、そういったデッキ相手ならば

馬鹿にならないバーンダメージを与える事も可能となるでしょう。

それに加えてこちらのライフが上回っていれば①の効果によって

さらに攻撃力を上昇していく事も可能となります。

逆にこちらのライフが勝っている場合、わざとダメージを受ける事によって

攻撃力上昇値の低下を狙われてしまう可能性がある点には注意が必要です。

またDDD神託王ダルクのようにダメージを逆に利用する相手にも要注意です。

 

 

③の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ消費する事で

このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手モンスターを全て破壊するというものです。

基本的には①の効果によって上昇した数値分、

つまり自分と相手のライフ差以下の攻撃力の相手モンスターを破壊する事が可能です。

破壊できるモンスターの範囲は状況次第となりますが、

上手く相手モンスターを全滅できたならばザ・セブン・シンズにバトンタッチする事で

4000の攻撃力によるダイレクトアタックを狙う事も可能です。

 

 

 

 

いくらでも1キルを狙えるようなカードです。

特に味方モンスター全体の攻撃力を上昇できるのが強烈であり

ライフを上回っている状態であれば総攻撃でダメージを与えていくだけでも

加速度的に攻撃力が上昇していきます。

ライフ差が上回っている時に女神の加護三位一択を使う事で

自分の全モンスターの攻撃力を3000上昇させる事も可能です。

様々な状況で1ターンキル級の攻撃を叩き込む事を可能にする

非常に爆発力の高いカードだと言えるでしょう。

状況を選ぶカードではありますがこのカードが上手く機能しない場合は

ペイン・ゲイナーやザ・セブン・シンズにバトンタッチする選択肢も取れる為、

ランク10のエクシーズ召喚を狙うデッキならば採用して損はないでしょう。

チャンスを活かせる時にこのカードをエクシーズ召喚していく戦術でも、

最初からこのカードに特化したデッキ構築でも

どちらにしても優秀な活躍が期待できるカードだと思います。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

超弩級砲塔列車グスタフ・マックス

同じくランク10のエクシーズモンスターです。

ラベノス・タランチュラと一緒に並べる事が出来れば

グスタフマックスのバーン効果で合計4000もの攻撃力上昇が狙えます。

またラベノス・タランチュラをペインゲイナーにランクアップさせた場合でも

ペインゲイナーの効果で守備力4200以下のモンスターまで破壊可能になり、

その後さらにザ・セブン・シンズにランクアップさせて総攻撃させれば

容易に9000のダメージを叩き込む事が可能です。

関連記事

遊戯王カード考察:BM-4ボムスパイダー 色々と融通が利く自爆効果

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察: BF(ブラックフェザー)-弔風(とむらいかぜ)のデス

様々なデッキで使えるレベル4チューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ライシス

アモルファージの場持ちを大きくサポート!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCG、2017年10月の制限改定判明!懐かしいあのカードが禁止解除

2017年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 毎年10月はかなり大幅な改定が行わ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第132話『稀代のエンターテイナー』感想

遊戯王ARC-V132話の感想です。 検討むなしくユーリに打ち負かされてしまったユーゴ。

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

フィールドも墓地も全て除外してしまえ   今回紹介するのは12月19日に発売さ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:花札衛(カーディアン) “閃光の決闘者編”

デュエルとはすなわち人生なり 人生は一度きり 勝つ日もあれば 負ける日もある 負けを恥じず 勝

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第30話『奈落への扉』感想

遊戯王ヴレインズ30話の感想です。 三騎士が倒れたハノイは次の計画に実行しだします。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:左腕の代償

最近ずっとモンスターハンターXやっております。 ニャンターがすごく楽しいです。 ブーメラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,555,431 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑