遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)84 ペイン・ゲイナー

公開日: : 最終更新日:2016/01/01 カード考察, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。

 

 

 

No.84 ペイン・ゲイナー
エクシーズ・効果モンスター
ランク11/闇属性/昆虫族/攻   0/守   0
レベル11モンスター×2
このカードは自分フィールドのX素材を2つ以上持った
ランク8~10の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの守備力は、自分フィールドのXモンスターのランクの合計×200アップする。
②:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に600ダメージを与える。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの守備力以下の守備力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 

 

除去した上でバトンタッチ!

 

 

新しく登場したナンバーズの1体です。

漫画版遊戯王ZEXALにおいて八雲興司が遊馬、凌牙、カイト戦使用したカードであり

No.35 ラベノス・タランチュラから繋がるような形で特殊召喚され、

またさらにNo.77 ザ・セブン・シンズの特殊召喚へと繋げられました。

ペインゲイナー

もう見たまんま蜘蛛!って感じの見た目をしており

ザ・セブン・シンズは悪魔族でしたがこちらはちゃんと昆虫族となっております。

 

 

カオスエクシーズであるCX 超巨大空中要塞バビロンを除けば

初となるランク11のエクシーズモンスターでもあります。

正規のエクシーズ素材はレベル11のモンスター2体となっており

ある意味ではレベル12を2体揃えるよりも困難なエクシーズ素材ではありますが

ランク8~10の闇属性エクシーズをこのカードに重ねてエクシーズ召喚も可能です。

各種ギミック・パペットからペイン・ゲイナーに繋げる事が出来る為、

ランク8のエクシーズ召喚を狙えるデッキであるなら場に出すのは難しくないでしょう。

ただしオーバーレイユニットを2つ以上持ったエクシーズでなければランクアップできず

素材2体で出すエクシーズを元にする場合そのエクシーズ元の効果は基本的に使えません。

 

 

①の効果は自分フィールドのエクシーズモンスターの

ランクを合計した数値×200守備力を上昇させるというものです。

このカード自身がランク11である為最低でも2200は確保できるでしょう。

他のエクシーズモンスターを並べればさらに守備力を高める事が可能ですが

基本的には③の効果の布石としての効果だと言えます。

 

 

②の効果はオーバーレイユニットを持ったこのカードがフィールドにいる限り、

相手が魔法罠を発動する度に600のダメージを与えるというバーン効果です。

ペインゲイナー自身に特に耐性などが存在せず簡単に除去されるケースも多い為

あまり積極的に狙っていくような効果でもないのですが、

魔法罠を使うたびに600ダメージというのは中々侮れないダメージ量であり

ライフの少ない状況においてはこの効果が効いて来る場合もあります。

またエクゾディアなど魔法罠を多用するようなデッキに対しては

強力なメタカードになりうる可能性も秘めています。

 

 

③の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ消費する事で

このカードの守備力以下の守備力の相手モンスターを全て破壊するというものです。

ペインゲイナーの守備力は自分フィールドのランクの合計に依存する為、

最低ラインとして守備力2200以下の相手モンスターを破壊できる事になります。

この時点でもかなりの数の相手モンスターを破壊対象に納める事が出来ますが

他にエクシーズモンスターを用意する事が出来ればさらに対象を増やせるでしょう。

このカードのメインと言える効果であり

基本的にはこの効果を目当てにペインゲイナーを場に出す事になるでしょう。

 

 

このカードの強みはなんといってもNo.77 ザ・セブン・シンズに繋げられる点です。

ペインゲイナー自身は攻撃力0の為、アタッカーとして活躍させる事は出来ませんが

セブンシンズを特殊召喚すれば攻撃力4000のアタッカーに化ける事が可能であり、

攻撃能力が無い事はほとんど問題にはならないでしょう。

まずペインゲイナーの③の効果で相手モンスターを除去しておいて

②の効果が刺さる状況であればそのままペインゲイナーのまま待機、そうでなければ

セブンシンズにランクアップして攻撃、というのが無駄が無く強力な連携になります。

このカード自身もセブンシンズに繋げる為の布石として優秀であり、

よくも悪くもセブンシンズありきのエクシーズモンスターだと言えるでしょう。

 

ザ・ペイン

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:真閃珖竜(しんせんこうりゅう) スターダスト・クロニクル

とうとう漫画版遊戯王ファイブディーズの9巻が出ましたね。 また1つ楽しみにしていた漫画が終わっ

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)メンコート

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第143話『覇王の魂』感想

遊戯王ARC-V143話の感想です。 見事に沢渡と月影を撃破した権現坂、 しかし遊矢は柚

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ヒキャ-Q(ク)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:にん人

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)セラセニアント

相手を道連れにできる防御カード!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:化合電界(スパーク・フィールド)

デュアルに欲しかったものがここにある   今回紹介するのはインベイジョン・オブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

鈴奈庵49話の感想です。 前回は前編と書かれていなかったのですが

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブも

『破壊』と『無効にして破壊』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、ちゃんと無効にしないと発動は防げません

前回に引き続き遊戯王の複雑なルール、通称「コンマイ語」の解説第2回です

【サイバース族】:遊戯王テーマ考察  遊戯王VRAINS主人公は種族統一デッキ!これ絶対ソリティアテーマだぞ・・・

今年5月から始まる遊戯王新作アニメ、 その名も「遊戯王VRAIN

→もっと見る

PAGE TOP ↑