遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・スピノス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

ダイナミスト・スピノス
ペンデュラム・効果モンスター
星5/水属性/機械族/攻2500/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
①:このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードが
戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
①:このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」モンスター1体をリリースし、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、このカードは直接攻撃できる。
●このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

 

レックスと並ぶダイナミストのエース!

 

 

新しく登場するダイナミストの新型です。

恐らくスピノサウルスをモチーフにしており特徴的な背中の突起も再現されています。

スピノサウルスはティラノサウルス・レックスと並ぶ肉食恐竜の代表格であり、

映画ジェラシックパーク3ではこの2頭が雌雄を決するシーンもありました。

ダイナミストにおいてもレックスに並ぶエースカードとしてデザインされており、

ダイナミスト・レックスを超える2500の攻撃力を有しています。

 

 

ペンデュラム効果はこのカード以外のダイナミストカードが

戦闘か相手の効果で破壊される場合に身代わりになれるというもので

スケール3のダイナミスト共通のものです。

やはりダイナミストはスケールごとに効果が統一されてるみたいですね。

竜剣士絡みのペンデュラムテーマはこんなのばっかりです。

 

 

モンスター効果は自身以外のモンスターゾーンのダイナミストをリリースする事で

2回攻撃効果か直接攻撃効果のどちらかを発動する事が可能です。

どちらの効果も2500の攻撃力で繰り出す事が出来る意味は大きく、

リリース要因が確保できるなら相手に大きな打撃を与える事が出来るでしょう。

何よりも最大のポイントはこの効果、1ターンに1度の制限がありません。

つまりダイナミスト2体をリリースし、両方の効果を適用する事が出来るならば

2500打点で2回の直接攻撃が可能になる事を意味します。

そのままでも5000もの大ダメージを与える事が可能であり、

ここにリミッター解除も混ぜたらそれだけで1ターンキルに到達します。

ダイナミックPがあればバトルフェーダーなどの発動すら許しません。

またリミッター解除を併用する事は出来なくなりますが

ダイナミスト・ラッシュで特殊召喚した場合、完全耐性を付与させた上で

5000という暴力的なダメージを直接叩き込む事が可能になります。

 

 

 

非常に殺意に満ち溢れた1枚です。

もうひたすらに相手に大ダメージを与える事に特化したカードだと言えるでしょう。

ダイナミストというテーマはペンデュラム召喚等でリリース要因を揃えた上で

エースであるレックスを暴れさせるというコンセプトにデザインされていますが

レックスに並ぶエースカード候補となるダイナミスト・スピノスが登場した事で

よりそのコンセプトでの運用がやりやすくなったと言えるでしょう。

また単純に4枚目となるレベル5のダイナミストとしても嬉しい存在です。

ダイナミストはレベル4とレベル5のカードに分かれていますが

スピノスの登場でレベル5に特化したデッキ構築もしやすくなったと言えます。

 

 

ミストさん

関連記事

遊戯王OCGカード考察:召喚神エクゾディア、魔神火炎砲(エグゾード・フレイム)

11月28日にMILLENNIUM BOX GOLD EDITIONが発売される事になりました。

記事を読む

超天新龍(ちょうてんしんりゅう)オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン:遊戯王カード考察 切り札(多芸ドラゴン族サポート)

10月4日に「ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!」の2巻が発売されます。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:苦渋の決断

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)マッハゴー・イータ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第10話『衝撃!サイバース消失』感想

遊戯王ヴレインズ第10話の感想です。 ストームアクセスによってトポロジック・ボマー・ドラゴンを

記事を読む

遊戯王アークファイブ第116話『太陽と月の守護者』感想

遊戯王ARC-V116話の感想です。 前回セレナの裏切りにあい柚子を攫われてしまいましたが

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ・ベース

条件は厳しい・・・だがしかし!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブロック・ドラゴン

コアキメイルを配慮した嬉しい耐性!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:ライディングデュエルはやるのか?

遊戯王ARC-Ⅴも物語が進み、いよいよシンクロ次元へ突入するか!?という段階になってきました。

記事を読む

スーパービークロイド-モビルベース:遊戯王カード考察  ちゃっかり新マスタールールに対応しとる・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,810,699 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑