遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その2

前回に引き続き「禁止カード達をどうエラッタすれば復帰しても大丈夫になるか?」

というのに個人的な案を出して生きたいと思います。

例によって完全に主観なのでご了承ください。

赤色、青色の部分が修正箇所となります。

 

 

濡れ衣

クリッター
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
「クリッター」の効果は1ターンに1度しか発動できない。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
ターンのエンドフェイズに発動する。
デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。

 

黒き森のウィッチ
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1200
「黒き森のウィッチ」の効果はは1ターンに1度しか発動できない。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
ターンのエンドフェイズに発動する。
自分のデッキから守備力1500以下のモンスター1体を手札に加える。

 

アイキャッチ画像にしてたのに前回スルーしてごめんね。

サーチカード代表ともいえる2枚です。万能すぎて禁止にされました。

強制効果だからシンクロ素材にしても効果を発動できるとか、

サーチできるカードが非常に豊富だからだとか色々理由はあると思いますが

とりあえず1ターンに1回の制限を付けて使いまわせないようにします。

またサーチタイミングをエンドフェイズに遅らせました。

これでも黒き森のウィッチの方はまだやば気な感じありそうですが。

 

 

 

ブリューナク

氷結界の龍 ブリューナク
シンクロ・効果モンスター
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「氷結界の龍 ブリューナク」の効果は1ターンに1度しか発動できない。
手札を任意の枚数墓地へ捨て、
捨てた数だけフィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。

 

使用回数の制限がいかに大事かよく分かるカードです。

相手のカードをバウンスできる事も強いのですが

それ以上に自分のカードを再利用するのに使われました。

無限ループでお世話になるカード筆頭でお世話になりすぎて禁止になりました。

それもこれも全部1ターンに何回でも使えるのが悪いんです。

というわけで1ターンに1回しか使用できなくするのがもっとも妥当な調整だと思います。

そもそもなんで任意の枚数手札をコストにして捨てた枚数だけバウンスできるのに

その上で何回も効果を使える仕様になっているのかが謎です。

正直言うとこの記事書くまで「手札を1枚捨てて1枚バウンス」だと思ってました。

 

 

 

マキュラ

処刑人-マキュラ
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
このカードがフィールドから墓地へ送られたターン、
このカードの持ち主は1度だけ手札から罠カードを発動する事ができる。

 

禁止カードの中でも頂点に君臨する1枚です。

少し昔、「禁止カードを1枚だけデッキに入れてもいいよ」という

特別ルールの大会がありましたが参加者の大半が

この処刑人-マキュラをデッキに採用していたようです。

「手札から罠カードを使い放題」という効果は恐ろしいもので

エクゾディアデッキではこのカードが墓地に送られた場合、

それで勝利が確定するといっても過言ではありませんでした。

同じように手札から罠カードを使えるカードとして王家の神殿がありましたが、

あちらは1ターンに1回のエラッタを受けて禁止解除されました。

なのでまずはそれに習いマキュラも1ターンに1度の制限を設けましょう。

その上でどこからでも墓地へ送られればOKという発動条件を少し厳しくし、

フィールドから墓地へ送られた場合限定にします。

 

 

 

大寒波

大寒波
通常魔法
メインフェイズ1の開始時に発動する事ができる。
次の自分のドローフェイズ時まで、
お互いに魔法・罠カードの効果の使用及び発動・セットはできない。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

 

1ターンキルの布石として活躍したカードです。

このカードで相手の魔法罠の発動を封じる事で安全に展開をした上で、

一気に勝負を決めるという動きが非常に優秀でした。

また仮に勝負を決め切れなかった時も相手は自分のターンの時、

魔法罠の発動、セットが出来ない為次のターン改めて勝負を決めやすいのも強みでした。

修正案としては1ターンキルを出来るだけ防ぐため、

ソウル・チャージのように発動したターンはバトルフェイズを行えない制約を設けます。

これだけでも大分発動したターンに勝負を決めるというのは難しくなるはずです。

モンスターの除去にも攻撃以外の手段を講じなければならない為、

相手側も次のターンいくらか反撃がしやすくなる事でしょう。

関連記事

捕食植物(プレデター・プランツ)バンクシアオーガ:遊戯王カード考察 捕食カウンターをのっけるのも利用するのもお手のもの!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:十二獣(じゅうにしし)

レイジング・テンペストに登場する新たなエクシーズテーマ、 その名も十二獣(じゅうにしし)!

記事を読む

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。 もう収録カードは全て判明

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破戒蛮竜(はかいばんりゅう)-バスター・ドラゴン

ようやく秋らしい涼しさになってきましたね。 自分は完全に冬型の人間で暑いのが大の苦手なので助か

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラフォトレンド入り &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:BF(ブラックフェザー)-朧影(おぼろかげ)のゴウフウ

とっても使いやすいレベル5チューナーモンスター!   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン

素材としてとっても優秀!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者

記事を読む

遊戯王カード考察:終焉龍(しゅうえんりゅう) カオス・エンペラー ペンデュラム召喚は狙わなくて大丈夫

5月21日に発売されるVジャンプ7月号には応募者全員サービスとして 過去に禁止カード、制限カー

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ブリューナクは永続やPカードを戻したり、伏せカード戻して詰めに使えたりと汎用性が高すぎるからせめて対象はモンスターのみにしてほしい。
    大寒波は攻撃を通すために使うカードだからそれじゃあ意味ないし相手が受けるダメージは0になる程度でモンスターの除去は許してほしい。

  2. 匿名 より:

    それでもクリタとウィッチはエクゾディアを加速させる

    • サーチをエンドフェイズにしたのはそのあたり意識した所もあります。
      ただクリッター禁止前でもエクゾに採用してるケースは案外多くなかったのでそこまで影響は無いのかもしれません。

  3. ラスラス より:

    まさか別の形のエラッタでクリッターが禁止から出てくるとは……
    あとマキュアは戦闘で破壊されたときでお願いします

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,482 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑