遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)サイレントブーツ

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。

 

 

 

幻影騎士団サイレントブーツ
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 200/守1200
「幻影騎士団サイレントブーツ」の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「幻影騎士団」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ファントム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

 

現役騎士団の展開の要!

 

 

 

新しく判明したファントム・ナイツの仲間です。

アークファイブでユートが紫雲院素良戦で使用したカードであり

その効果で特殊召喚され幻影騎士団ブレイク・ソードのエクシーズ召喚へと繋げました。

恐らくは仲間の遺品である靴に幻影が宿ったと思われるモンスターです。

幻影騎士団の中では珍しく汚れや破損に関連する言葉がありませんが、

サイレントという言葉には「今はもう誰にも使われる事がない」という

意味がこめられているのかもしれません。

 

 

①の効果は1ターンに1度だけ自分フィールドに幻影騎士団が存在する時に

手札から特殊召喚が出来るというものです。

幻影騎士団は墓地からの蘇生手段は豊富に存在するのですが

その分手札からの展開手段には乏しく、手札からの展開が可能なこの効果は

その弱点を補強する非常にありがたいものとなるでしょう。

特に序盤のまだ墓地に幻影騎士団が揃っていない場面でありがたい存在で

このカードともう1枚幻影騎士団が手札にあれば墓地に幻影騎士団が無い状態でも

幻影騎士団ブレイク・ソードの性能を十分に発揮する事が出来るでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、墓地のこのカードを除外する事で

デッキから「ファントム」と名の付く魔法罠をサーチできるというものです。

現在判明している魔法罠としては幻影騎士団シャドーベイルと幻影霧剣が該当します。

特に相手の妨害として優秀な幻影霧剣をサーチできる意味は大きく、

幻影霧剣のサーチを目当てにサイレントブーツをデッキに入れる、

というのも選択肢としては十分にありだと思います。

 

 

このカードのOCG化が判明して大喜びした人も多いのではないでしょうか?

どちらの効果も幻影騎士団にとって非常に有用な効果であり

幻影騎士団にとっては核の1つといっていいカードです。

幻影騎士団もかなり強力なテーマになりそうですね。

 

サイレント

関連記事

遊戯王OCGカード考察:カイザー・ブラッド・ヴォルス

レベル5手札特殊召喚の新たな候補!   今回紹介するのはTHE DARK SI

記事を読む

セフィラの神意(しんい)、セフィラの星戦(せいせん):遊戯王カード考察

まだまだセフィラは戦える!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディバインガイ

満足状態にして2枚ドロー   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこの

記事を読む

動画紹介:この遊戯王のデュエルはギャンブルである

まだ考察しかしていませんでしたが、 このサイトは動画紹介のサイトでもあるので動画も紹介していきます

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-サルファフナー

クリストロンの展開力を大きくサポート!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

DDD烈火大王(れっかだいおう) エグゼクティブ・テムジン:遊戯王カード考察

テムジン君幹部待遇だよ!やったね!   今回紹介するのは2月21日に発売される

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:デストーイ・マーチ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

幻影騎士団(ファントム・ナイツ)カースド・ジャベリン:遊戯王カード考察

幻影騎士団がランク2にも手を出し始めました   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

遊戯王アークファイブ第66話『開幕戦!!クロウvs権現坂』感想

遊戯王ARC-V66話の感想です。 ついに始まりましたフレンドシップカップ。 興味深いカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,201,107 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑