遊戯王OCGカード考察:破壊剣士の宿命

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

破壊剣士の宿命
速攻魔法
「破壊剣士の宿命」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の同じ種族のモンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、
自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター
または「破壊剣」モンスター1体を選び、
ターン終了時までその攻撃力・守備力を除外したモンスターの数×500アップする。
②:このカードが墓地に存在する場合、
手札から「破壊剣」カード1枚を捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

 

破壊剣士の宿命

 

新しく判明したバスター・ブレイダー用の速攻魔法です。

イラストではバスター・ブレイダーが破戒蛮竜-バスター・ドラゴンと対峙しています。

「宿命」という言葉から考えると望んで戦っているわけではなさそうです。

ロマサガ3のグウェインのようにやむを得ず倒さなければならない事情があるのでしょう。

恐らくはバスタードラゴンの子供が破壊剣士の伴竜なのでしょう。

ストーリー性を非常に考えさせられる画像です。

 

 

 

①の効果は1ターンに1度相手の墓地の同じ種族のモンスターを3体まで除外し、

「バスター・ブレイダー」モンスター及び「破壊剣」モンスター1体を

ターン終了時まで除外した数の500倍、攻撃力と守備力をアップさせます。

自分フィールドにバスター・ブレイダーか破壊剣に属するモンスターがいる事が

発動条件になりますが最大で3体まで相手モンスターを除外する事が可能です。

除外する数としては魂の解放よりも劣ってしまいますが、

こちらはフリーチェーンで発動できるのが大きな魅力であり

D.D.クロウのように相手の蘇生やサルベージを妨害する事が可能です。

またコンバットトリックとしても優秀であり相手の墓地を除外しつつ

最大で攻撃力を1500アップさせる事が可能です。

今の環境では墓地を利用しないデッキはあまり存在せず、

両方の効果を生かす事は十分に可能でしょう。

相手が種族のバラバラなデッキを使っているなどで3体除外できない事もありますが

それでも相手の蘇生などを妨害する目的としては十分に使えるでしょう。

ただし魂の解放やD.D.クロウと違いモンスターしか除外できない為、

最近数を増やしている墓地で除外して発動する魔法罠を防ぐ事ができない点には注意です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、手札の破壊剣カードをコストとして墓地に捨てる事で

墓地にある破壊剣士の宿命を回収できるというものです。

コストにするカードは破壊剣カードに限定されていますが

破壊剣士融合を介入させる事で実質どんなカードでも手札コストにする事が可能です。

ただし、同じく破壊剣カードを手札コストにする破壊剣士の伴竜がおり、

破壊剣士融合の回収効果は1ターンに1度しか発動できない為、

両方を採用している場合どちらを再利用させるかを考える必要が出てくるでしょう。

 

 

墓地メタ用のカードとしては墓地からの回収手段を持つのが大きな特徴です。

除外できるモンスターも最大で3体と多く、繰り返し発動する事ができれば

相手墓地のモンスターを全て除外する事も十分に可能です。

種族を統一しており墓地利用に大きく依存するデッキにとっては

このカードだけで封殺される危険性もあるかなり怖いカードです。

 

 

グウェイン2

「母の気持ちがようやく判った・・・・・・
滅びゆく定めならば、せめて友の腕の中で・・・・・・」

関連記事

遊戯王OCGカード考察:輝神鳥(きしんちょう)ヴェーヌ、原初の叫喚

レベル変動効果をどう活かす?   今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣一閃

とうとうブレイカーズ・オブ・シャドウのCMが流れましたね。 今回はそのCMで判明したこのカード

記事を読む

テセウスの魔棲物(ませいぶつ)/Sea Monster of Theseus:遊戯王カード考察  簡易融合からシンクロ召喚を可能にしてくれる

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械素体(アンティーク・ギアフレーム) 古代の機械箱対応、③の効果はどう狙う?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その3

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オスティナート

ついに幻奏もデッキ融合をする時代に!   今回紹介するのはDIMENSION

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。    

記事を読む

アストログラフ・マジシャン、クロノグラフ・マジシャン:遊戯王カード考察

何気に汎用性がかなり高い!   今回紹介するのはペンデュラム・エボリューション

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,713 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑