遊戯王OCGカード考察:破壊剣士の宿命

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

破壊剣士の宿命
速攻魔法
「破壊剣士の宿命」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の同じ種族のモンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、
自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター
または「破壊剣」モンスター1体を選び、
ターン終了時までその攻撃力・守備力を除外したモンスターの数×500アップする。
②:このカードが墓地に存在する場合、
手札から「破壊剣」カード1枚を捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

 

破壊剣士の宿命

 

新しく判明したバスター・ブレイダー用の速攻魔法です。

イラストではバスター・ブレイダーが破戒蛮竜-バスター・ドラゴンと対峙しています。

「宿命」という言葉から考えると望んで戦っているわけではなさそうです。

ロマサガ3のグウェインのようにやむを得ず倒さなければならない事情があるのでしょう。

恐らくはバスタードラゴンの子供が破壊剣士の伴竜なのでしょう。

ストーリー性を非常に考えさせられる画像です。

 

 

 

①の効果は1ターンに1度相手の墓地の同じ種族のモンスターを3体まで除外し、

「バスター・ブレイダー」モンスター及び「破壊剣」モンスター1体を

ターン終了時まで除外した数の500倍、攻撃力と守備力をアップさせます。

自分フィールドにバスター・ブレイダーか破壊剣に属するモンスターがいる事が

発動条件になりますが最大で3体まで相手モンスターを除外する事が可能です。

除外する数としては魂の解放よりも劣ってしまいますが、

こちらはフリーチェーンで発動できるのが大きな魅力であり

D.D.クロウのように相手の蘇生やサルベージを妨害する事が可能です。

またコンバットトリックとしても優秀であり相手の墓地を除外しつつ

最大で攻撃力を1500アップさせる事が可能です。

今の環境では墓地を利用しないデッキはあまり存在せず、

両方の効果を生かす事は十分に可能でしょう。

相手が種族のバラバラなデッキを使っているなどで3体除外できない事もありますが

それでも相手の蘇生などを妨害する目的としては十分に使えるでしょう。

ただし魂の解放やD.D.クロウと違いモンスターしか除外できない為、

最近数を増やしている墓地で除外して発動する魔法罠を防ぐ事ができない点には注意です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、手札の破壊剣カードをコストとして墓地に捨てる事で

墓地にある破壊剣士の宿命を回収できるというものです。

コストにするカードは破壊剣カードに限定されていますが

破壊剣士融合を介入させる事で実質どんなカードでも手札コストにする事が可能です。

ただし、同じく破壊剣カードを手札コストにする破壊剣士の伴竜がおり、

破壊剣士融合の回収効果は1ターンに1度しか発動できない為、

両方を採用している場合どちらを再利用させるかを考える必要が出てくるでしょう。

 

 

墓地メタ用のカードとしては墓地からの回収手段を持つのが大きな特徴です。

除外できるモンスターも最大で3体と多く、繰り返し発動する事ができれば

相手墓地のモンスターを全て除外する事も十分に可能です。

種族を統一しており墓地利用に大きく依存するデッキにとっては

このカードだけで封殺される危険性もあるかなり怖いカードです。

 

 

グウェイン2

「母の気持ちがようやく判った・・・・・・
滅びゆく定めならば、せめて友の腕の中で・・・・・・」

関連記事

闇の進軍:遊戯王カード考察  ライトロードに墓地回収カード登場、除外効果を活かせるかがカギを握る

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)オフリス・スコーピオ、捕食植物ダーリング・コブラ:遊戯王カード考察

セットで運用するのがオススメです。   今回紹介するのはマキシマム・クライシス

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の導き

メぇぇぇ~~~リぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーースぅ!! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:異形神の契約書(いぎょうしんのけいやくしょ)

複数の召喚法を使いこなすほど強力に   今回紹介するのはDIMENSION B

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者ニュートン

12月12日にストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-が発売されます。 赤馬零児を

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天空の虹彩

マスター・オブ・ペンデュラムより今回はこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDスワラル・スライム

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑