遊戯王OCGカード考察:破壊剣-ドラゴンバスターブレード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

破壊剣-ドラゴンバスターブレード
チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 400/守 300
「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに自分フィールドの「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
②:このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
③:このカードが装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。

 

 

新しいエクストラデッキメタ!

 

 

新しく判明したバスター・ブレイダー用のチューナーです。

同じくバスター・ブレイダー用のチューナーである破壊剣士の伴竜と

レベルや攻撃力、守備力が一緒ですがこちらは闇属性になっています。

ドラゴンバスターブレード、直訳して竜破壊剣ですね。

とてもシンプルでわかりやすいネーミングだと思います。

名前的に絶竜神剣ドラゴンゴッドスレイヤーを連想してしまいました。

 

 

①の効果は自分フィールドのバスター・ブレイダーを対象に

手札かフィールドのドラゴンバスターブレードを装備カード扱いとして

装備する事ができるというものです。

②や③の効果の布石になっていると同時に

破壊剣の使い手-バスター・ブレイダーの③の効果の布石にもなっています。

 

 

②の効果はこのカードが装備カードになっている間、

相手のエクストラデッキからの特殊召喚を封じ込めるというものです。

このカードの大本命とも言うべき効果であり

エクストラデッキを使う数多くのデッキに対する強力なメタとなります。

装備カードとなっているドラゴンバスターブレードか

装備しているバスター・ブレイダーのどちらかが除去されてしまえば

突破できるロックではありますが相手のデッキによっては詰みになりえます。

 

 

③は1ターンに1度、装備カードとなっているドラゴンバスターブレードを

自分フィールドに特殊召喚できる効果です。

①の効果とあわせて手札から特殊召喚できる手段となるでしょう。

バスター・ブレイダーと合わせればレベル8のシンクロ召喚が狙えます。

②のエクストラデッキ封じとはトレードオフになりますので

状況に合わせてどちらを狙っていくか考えていく必要があります。

 

 

 

②の効果は他のカードの効果で装備カードになっている時にも適用されます。

ドラゴン族なのでドラグニティアームズ-レヴァテインや

各種サイバー・ダークの効果で装備カードにする事も可能です。

ただしサイバー・ダークで装備しても攻撃力が1200止まりなので

あまりロックとしては機能しづらいでしょう。

ドラグニティ-ファランクスのように装備されているこのカードを

特殊召喚してレベル5のシンクロを狙っていく方が基本になるでしょう。

 

 

【バスター・ブレイダー】において明確な強みといっていいカードです。

容易な条件で相手のエクストラデッキからの特殊召喚を封じるこのカードは

特にエクストラデッキを多用する相手からすれば大きな脅威となるでしょう。

レベル1という事もありワンチャン!?で容易にサーチ可能な点もおいしい所です。

 

 

フェルデナント2

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

魔宮の賄賂

エクストラデッキ封じが刺さる相手の場合、

相手は当然このカードや装備しているカードをなんとかしようとするでしょう。

魔宮の賄賂のような除去対策は容易しておくに越したことはありません。

 

 

強制転移

装備魔法は装備したモンスターのコントロールが相手に移ったとしても

自分のフィールドに残り続け効果を発揮し続けます。

ドラゴンバスターブレードを装備したカードを送りつければ

相手はその送りつけたモンスターをどうにかしない限り

エクストラデッキからの特殊召喚が封じられる事になります。

エクシーズ召喚やシンクロ召喚が封じられる為、素材にする事もできず

相手は送りつけたモンスターの処理に困る事になるでしょう。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)モンキーボード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第63話『捕獲者の王「ゴヨウ・キング」』感想

遊戯王ARC-V63話の感想です。 前回黒咲が「貴様、丸腰で逃げる気か?」と言って渡すものが

記事を読む

直通断線(シャットライン)、導爆線(どうばくせん):遊戯王カード考察  よりカードの位置に気を付ける環境に

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

アカシック・マジシャン:遊戯王カード考察  バウンスにデッキトップサーチにと結構使いどころが多いです

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天地開闢(てんちかいびゃく)

戦士族の新しい墓地肥やし手段!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第106話『アークエリア・プロジェクト』感想

アークファイブ106話の感想です。 黒咲でさえもカイトを説得する事は出来なかった。 その

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)38 希望魁竜(きぼうかいりゅう)タイタニック・ギャラクシー

2016年1月の制限改定の内容が一部発表されたみたいですね。 どうやらついにEMEmに修正が入

記事を読む

2018年度遊戯王OCG検定テスト、気になった問題の解説など

毎年このぐらいの時期になるとやってくる遊戯王OCG検定。 今年も4月の間行われていました。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第115話『決闘海賊(デュエルかいぞく)キャプテン・ソロ』感想

遊戯王ARC-V115話の感想です。 デニスは自らカードになってしまいました。 ランサー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑