遊戯王OCGカード考察:魔サイの戦士

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。

 

 

 

魔サイの戦士
効果モンスター
星3/地属性/悪魔族/攻1400/守 900
「魔サイの戦士」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
「魔サイの戦士」以外の自分フィールドの悪魔族モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「魔サイの戦士」以外の悪魔族モンスター1体を墓地へ送る。

 

 

まあなんといいますか「マサイの戦士」と動物のサイをかけたモンスターですね。

明らかに獣戦士族な見た目をしていますが悪魔族ですので間違えないようにしてください。

レベルや種族、効果から見ても彼岸(バーニングアビス)との運用を想定していると思われます。

地属性の悪魔族なので魔界発冥界行きバスでサーチ出来る事は覚えておくといいでしょう。

ちなみにマサイ族はケニアやタンザニア地方に住む民族で高い身体能力で知られています。

伝統的な生き方をしている民族ですが近年は携帯電話を愛用している人も多いそうです。

 

 

 

①の効果はモンスターゾーンに存在する限りこのカード以外の自分フィールドの

悪魔族モンスターに破壊耐性を付与するというものです。

特に彼岸と相性がよく、彼岸が持つ自壊効果をこのカードで無効化する事が可能です。

彼岸以外でも相手の破壊効果にチェーンしてリビングデッドの呼び声などで蘇生すれば

防御用のカードとして運用する事も出来るでしょう。

 

 

②は1ターンに1度このカードが墓地に送られた場合に発動できる効果で

デッキから自身以外の悪魔族モンスター1体を墓地へ送る事が可能です。

「墓地へ送られた場合」と非常に発動条件が緩く、

デッキから直接送られた場合やエクシーズ素材となった場合でも発動が可能です。

こちらの効果も彼岸との相性が抜群で彼岸モンスターの多くが持っている

墓地に送られて発動する効果を発動させる事が可能です。

彼岸以外にもトリック・デーモンや絶対王 バック・ジャックの効果も発動できます。

墓地から蘇生できる虹クリボーを送る場合にも重宝します。

 

 

特に②の効果が非常に優秀でこのカードに助けられるカードやデッキは数多く存在します。

まず墓地肥やし重要となる【インフェルノイド】や【ファーニマル】で活躍が期待できます。

儀式召喚を扱うデッキでも儀式魔人を墓地る手段として効果的です。

【インヴェルズ】においては斥候を墓地へ送るのに貢献する他

悪夢再びで回収したいモンスターを墓地へ送るのにも役立ちます。

【DD】ではアビス・ラグナロクやナイト・ハウリングの蘇生対象を墓地へ送れますし

スワラル・スライムやネクロ・スライムを墓地へ送るのもいいでしょう。

【暗黒界】では暗黒界の龍神 グラファを墓地へ送る重要な手段となります。

 

 

デスガイドやクレーンクレーンの効果でリクルート、蘇生が出来る点も魅力的であり

様々なデッキにおいて活躍できる非常に優秀なモンスターといえます。

 

サイ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重武者装留(ちょうじゅうむしゃそうる)チュウサイ

ビッグベンーKが一気に出しやすく   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:龍大神(りゅうおおかみ)

相手によってはただのボーナス、相手によっては悪夢そのもの   今回紹介するのは

記事を読む

剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・ミノタウロス:遊戯王カード考察  地味ながらもいるとかなり助かるいぶし銀的存在!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

【魔導獣(マジックビースト)】遊戯王テーマ考察 ペンデュラム召喚しないペンデュラムテーマ

魔導獣 ケルベロス 2005年のストラクチャーデッキ-魔法使いの裁き-に登場した12年前のカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜呼(りゅうこ)相打つ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターダスト・チャージ・ウォリアー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,406,821 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑