遊戯王OCG新カード考察:天帝アイテール

結構前から出ていた情報ですが9月19日に新しいストラクチャーデッキである

「ストラクチャーデッキR-真帝王降臨-」が発売されます。

愛用デッキの1つがゴストリ帝である自分にとっては

相性のいいカードがないか非常に興味のあるストラクチャーデッキだったりします。

今回紹介するのはそんな真帝王降臨からこのカードです。

 

 

 

天帝アイテール
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「帝王」魔法・罠カード2種類を墓地へ送り、
デッキから攻撃力2400以上で守備力1000のモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
②:このカードが手札にある場合、
相手メインフェイズに自分の墓地の「帝王」魔法・罠カード1枚を除外して発動できる。
このカードをアドバンス召喚する。

 

 

 

新しい帝の最上級モンスターの一体です。

今までレベル8の帝はレベル6の帝の強化版ともいえる名前や効果を持っていましたが

このカードは他の最上級帝と違って強化前にあたるレベル6の帝が存在しません。

また他の最上級帝と違い特定の属性をリリースした場合の効果もありません。

しかしやはり帝らしくアドバンス召喚に関係する効果を持っており。

アドバンス召喚したモンスター1体でアドバンス召喚が可能な点は共通しています。

アイテールとはギリシャ神話に登場する天空神の名前です。

本来アイテールは男性の神なのですが天帝アイテール女性を思わせるイラストをしています。

 

 

①の効果はアドバンス召喚に成功した時に手札、もしくはデッキから

「帝王」と名のつく魔法・罠カードを2種類墓地に送る事で

デッキから攻撃力2400以上、守備力1000のモンスターを特殊召喚できます。

ただしこの効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに手札に戻ります。

基本的に帝をリクルートする事をデザインされている効果だと思われますが

リクルートするモンスターの対象は守備力は1000と固定ですが

攻撃力は2400以上であればよく、帝以外にも様々なカードを特殊召喚できます。

レベル8のモンスターを特殊召喚すればそのままランク8のエクシーズ召喚に繋げられます。

特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに手札に戻ってしまいますが、

帝であれば手札からアドバンス召喚する事が可能になるというメリットにもなります。

エクシーズ召喚を狙わないのであれば各種帝をリクルートするのがいいでしょう。

 

 

②の効果は相手メインフェイズに自分の墓地の「帝王」魔法、罠カードを除外する事で

手札からアドバンス召喚するというものです。

基本的に1ターンに1度しか行えないアドバンス召喚は展開が乏しくなりがちであり、

相手ターンにアドバンス召喚する事で展開を補えるこの効果は貴重です。

リリース軽減できる効果外テキストと相性のいい効果であり、

自分のターンでアドバンス召喚して効果を発動した帝モンスターがあれば

相手ターンでリリースして天帝アイテールをアドバンス召喚する事が可能です。

フリーチェーンなのでサクリファイスエスケープの形で召喚すれば無駄がありません。

コストとなる帝王カードも自身の①の効果で墓地に送れるので確保は難しくないでしょう。

 

 

真帝王降臨で追加されたカードの多くが「帝王」魔法、罠を最大限利用するタイプです。

中にはエクストラデッキが存在していると使用できないカードも存在するので

そのあたりも含めてデッキ構築を考える必要が出てくるでしょう。

 

アイテール

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

DDD死偉王ヘル・アーマゲドン

アイテールの①の効果で特殊召喚できる最大攻撃力のモンスターです。

アイテールと合わせて総攻撃力は5800にもなり、大ダメージが期待できます。

レベル8なのでそのままランク8のエクシーズ召喚に繋げてもいいでしょう。

また対象を取らない破壊に耐性を持っている為激流葬などを回避する事が出来ます。

 

 

光帝クライス

天帝アイテールは②の効果で相手ターンにアドバンス召喚する事が可能ですが

アイテール自身は相手フィールドに影響を及ぼす効果を持っていません。

しかし光帝クライスを①の効果で特殊召喚すればドローこそ許してしまいますが

相手のフィールドを荒らす事が可能になります。

ただしタイミングを逃す効果なので発動タイミングには気をつけましょう。

フィールドよりも墓地に影響を与えたい場合は闇帝ディルグを特殊召喚する手もあります。

関連記事

遊戯王アークファイブ第101話『銀河の眼(まなこ)』感想

遊戯王ARC-V101話の感想です。 遊矢、沢渡、権現坂が出会ったエクシーズ次元のデュエリスト

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その3

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻創(げんそう)のミセラサウルス

なんか恐竜族にすっごいの来た!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:不知火(しらぬい)

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードも結構判明してきましたね。 今回紹介するのは和風テーマ、不

記事を読む

遊戯王カード考察:身分転換 とりあえず活路エクゾ対策とかに

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

ロストワールド:遊戯王カード考察

これぞ本当の意味でのデッキ破壊!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!   今週のアークファイブはまだ放送する不確定み

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァレルガード・ドラゴン リバースモンスターと組み合わせてみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第45話『極限領域のデュエル』感想

遊戯王ヴレインズ45話の感想です。   前回のあらすじ:お父さん亡くな

記事を読む

遊戯王カード考察:円融魔術(マジカライズ・フュージョン) まあクインテット・マジシャンとセットで

今回紹介するのは2月23日に発売される ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付録となるこのカードで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,401,061 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑