遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。

 

 

 

PSYフレームロード・Ω
シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、
そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
②:相手スタンバイフェイズに、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
③:このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。

 

 

新たに登場したレベル8のシンクロモンスターです。

何かキックボードらしきものに乗っているイラストが特徴的です。

PSYフレーム関連のカードですがこのカード自身はPSYフレーム関連の効果がなく、

素材指定のない汎用的に使えるシンクロモンスターなので別枠で紹介する事にしました。

PSYフレームにおいてはPSYフレーム・ドライバーとPSYフレーム・ギアγを

シンクロ素材にしてシンクロ召喚するのが基本となってくるでしょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分か相手のメインフェズに

相手の手札1枚とこのカード自身を次のスタンバイフェイズまで表側表示で除外します。

ハンデス効果としては一時的な効果しかないですが、フリーチェーンなのが特徴で

相手の除去から回避する手段として役立ちます。

ただしメインフェイズにしか発動できないためスタンバイフェイズ等を狙われて

除去を撃たれてしまった場合には無力なので注意しましょう。

 

 

②の効果は相手スタンバイフェイズに除外されている自分、または相手のカードを

1枚墓地に戻すというものです。

①の効果とシナジーしているように見えて発動タイミングや帰還タイミングの関係上

①の効果で除外した相手の手札を②の効果で墓地に落とす、といった芸当は出来ません。

PSYフレームロード・Ωが2体存在すればそういった連携も可能なのですが

ハンデスとしてはちょっとまわりくどい方法かもしれません。

この効果の特筆すべき点として魔法、罠であっても墓地に戻せる事が大きな特徴です。

モンスターを除外から戻す方法はあっても魔法、罠を戻す手段はかなり貴重なのです。

墓地から除外する事で効果を発揮する魔法罠も年々増えてきており、

それらのカードを再利用する手段として大いに役立ちます。

 

 

③の効果はPSYフレームロード・Ωが墓地に存在する場合、

自分、または相手のカード1枚と一緒に自身をデッキに戻す効果です。

②とは逆に墓地で発動する相手のカードを無力化するのに役立ってくれるでしょう。

勿論自分のカードを再びデッキに戻したい場合にも役立ちます。

サーチカードの対象がデッキにもう無い、といった時にお世話になるでしょう。

 

 

②、③の効果共に墓地アドバンテージに影響を及ぼす効果を持っています。

遊戯王において墓地のカードを利用しないデッキはあまり存在せず、

汎用のレベル8シンクロとしてはかなり優秀な1枚だと思います。

③の効果で自身をデッキに戻せる点もありがたい点です。

特にエクストラデッキの枠がカツカツで厳選しなければならず

「せ、せめて1枚だけでもレベル8シンクロを・・・」

といったデッキにとっては③の効果で自身をデッキに戻して

繰り返しシンクロ召喚できるこのカードは有力な採用候補となるでしょう。

除外された場合はデッキに戻す事は出来ませんが①の効果により

奈落の落とし穴などは回避する事が出来る為、除外されにくい事も

デッキに戻して繰り返して使おうと考える場合にはありがたいです。

 

オメガレッド

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

妖怪のいたずら

墓地から除外して発動するカードの中でもオススメの1枚です。

毎ターン、PSYフレームロード・Ωの効果で墓地に戻し効果を発動すれば

特にエクシーズ召喚をメインとする相手なら動きを大きく制限できるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:トランスコード・トーカー LINK-3蘇生しつつ更に打点強化&耐性付与

3月24日にSTARTER DECK(2018) が発売されます。 今回紹介するのはそのスター

記事を読む

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、 担当スタッフのミスで「新月

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界台本「ロマンティック・テラー」 相手ターンにメロー・マドンナの効果を発動したい時に

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ

ペンデュラムもアドバンス召喚する時代!   今回紹介するのはインベイジョン・オ

記事を読む

トワイライトロード・シャーマン ルミナス:遊戯王カード考察  ライトロードに新しい展開手段が増えました

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてつい

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:烏合無象(うごうむぞう)(Cattle Call)

いくらでも悪用がききます   今回紹介するのはエクストラパック2016よりこの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)

レジェンダリーコレクションから結構時間経ってますけど気にせずいきます。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

遊戯王カード考察:小法師(しょうぼうし)ヒダルマー とりあえず②の効果を狙おう

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑