遊戯王OCG新カード考察:開闢の騎士、宵闇の騎士

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

開闢の騎士
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 500/守2000
「開闢の騎士」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを使用して儀式召喚した「カオス・ソルジャー」モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
●このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し、墓地へ送った時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
②:墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 

宵闇の騎士
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻 500/守2000
「宵闇の騎士」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを使用して儀式召喚した「カオス・ソルジャー」モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
●1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、
次の相手エンドフェイズまで裏側表示で除外する。
②:墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体を手札に加える。

 

 

カオス・ソルジャー専用のリリース要因とも言える2枚のカードです。

明らかにカオス・ソルジャー -開闢の使者-カオス・ソルジャー -宵闇の使者-

この2枚のカードを意識した名前と効果を持っています。

また光属性である開闢の騎士が黒い鎧を身にまとい、

闇属性である宵闇の騎士が白い鎧を身にまとっている事から

カオスモンスターを意識しているとも解釈できます。

 

 

2枚のカードは共通した特徴を持っており、

カオスソルジャーの儀式召喚をする際のリリース要因となった時に

カオスソルジャーに効果を付与する効果を

そして墓地から除外された時に発動する効果を持っています。

 

 

開闢の騎士の①の効果は儀式召喚のリリース要因となった時、

1ターンに1度、相手フィールドのモンスターを除外する効果と

戦闘破壊した時にもう1度攻撃を可能にする効果を

カオスソルジャーに付与する事が出来ます。

開闢の使者は除外効果を使用したターンは攻撃できなかったのに対し、

開闢の騎士で付与されたカオスソルジャーは問題なく攻撃できます。

上手くいけば3体のモンスターを一気に消し去る事が出来る為、

実に強力無比な効果を持っていると言えるでしょう。

ただし開闢の使者は戦闘破壊さえすればもう1度攻撃できたのに対し、

こちらはそれに加えて墓地に送る必要がある点には注意しておきましょう。

 

②の効果は墓地から除外された時にデッキから儀式魔法をサーチできます。

超戦士の儀式やカオスモンスターによって除外される事を

想定している効果と見ていいでしょう。

 

 

 

宵闇の騎士の①の効果はモンスターの除外効果に関しては開闢の騎士と共通ですが

こちらは追加攻撃の代わりに相手の手札をランダムに1枚、

次の相手エンドフェイズまで裏側表示で除外できる効果です。

追加攻撃に比べるとやや地味な印象を持つ効果ですが、

相手の場にモンスターが1体しかいない時はこちらの方が有効に働くでしょう。

 

②の効果は墓地から除外された時に儀式モンスターをサーチできます。

開闢の騎士と合わせて儀式モンスターと儀式魔法を一気に揃える事ができます。

2枚のカードを開闢の使者を使って除外し、

除外効果を使い終わった開闢の使者を儀式のリリース要因にすれば

スムーズに儀式召喚を執り行う事が出来るでしょう。

 

 

 

ちなみに2枚とも1ターンに1度除外効果を付与する事になってます。

そうなると気になってくるのが

「2枚ともリリースして儀式召喚した場合除外効果は2回使えるのか?」

という点ですが、自分もちょっとこのあたりの裁定自信がないのですが

多分無理なんじゃないかなぁ

少なくとも儀式魔人の方では同じ効果は重複しないという裁定が出ています。

その場合2枚ともリリースして儀式召喚するのは少し勿体無く感じてきますね。

まあ贅沢な悩みとも取れますのであまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

 

基本的には2枚ともセットで運用する事になると思いますが

【カオス】デッキにおいて光と闇、どちらかの属性が偏っている場合

足りない属性の方だけ採用するという選択肢もあるでしょう。

 

 

宵闇の使者

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

明と宵の逆転

相性がいいというよりは最初から一緒に使う事を想定されている気もします。

墓地を肥やしつつこの2枚のカードをローテーションさせる事が出来ます。

特に②の効果を有効に使いたい場合には是非採用したいカードです。

このカードがあればカオスモンスターも採用しやすいでしょう。

 

 

儀式魔人プレサイダー

儀式魔人の中でも特に開闢の騎士と相性がいいモンスターです。

相手モンスターを戦闘破壊した時にカードをドローする効果を付与できる為、

2回攻撃を付与できる開闢の騎士の効果を存分に発揮できます。

また闇属性なのもポイントでいざという時には除外コストにもできます。

関連記事

エクスコード・トーカー:遊戯王カード考察  今度のコード・トーカーはメインモンスターゾーン向き

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:「A」細胞組み換え装置

エーリアンなんかすっごい強化きた   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

生存境界:遊戯王カード考察

大量展開と万能除去を兼ね備える!   いよいよ今日恐獣の鼓動の発売ですね。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブービートラップE

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-スキップ・フォース

お前ランクアップマジック何枚目だよ!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドクロバット・ジョーカー

今回紹介するのはマスター・オブ・ペンデュラムよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG、2016年1月の制限改定判明!コナミさん最近サボってません?

2016年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 10月の時点ではEMEmにノータッチ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第75話『反逆者の呪縛』感想

遊戯王ARC-V75話の感想です。 次回から新しいOPとEDになる為今回のOPはこれで見納めと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,539,856 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑