遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)からの目醒め 色々悪用しがいのあるカードです

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

星遺物からの目醒め
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのモンスターを素材としてリンクモンスター1体をリンク召喚する。

 

 

星遺物の通常罠です。

アウラムが地に伏し剣も奪われているという絶体絶命な状況です。

そんな中アウラムとイムドゥークの叫びに呼応したのか

イヴリースの中からイヴの霊体が出現しています。

恐らくイヴリースはイヴの身体をリースが乗っ取っている状態なのでしょう、

その間イヴの意識は消えている感じでしたがその意識が戻った事で

イヴリースは身動きが取れなくなっているのではないでしょうか。

そうであるなら体を乗っ取られたヒロインが呼びかけによって目覚めるという

中々に王道的な展開です。

 

 

その効果は1ターンに1度、

自分の場のモンスターを素材にリンク召喚を行うというものです。

いわばリンク召喚版緊急同調やワンダー・エクシーズとも言うべき効果であり

カードの効果でリンク召喚を行う初のカードです。

リンク素材を別途用意する必要があるものの、

「相手ターンでも」「フリーチェーンで」リンク召喚できるというのは

中々に戦術の幅を広めてくれる存在です。

 

 

例えば召喚や特殊召喚に制約の発生するスケープ・ゴートでリンク召喚を狙う場合、

予め伏せておいて相手ターンのエンドフェイズに発動、

制約の消える次の自分ターンにリンク召喚を行うというのが基本ですが

このカードがあればスケープ・ゴートを発動した後にこのカードを伏せ、

相手ターンが来たらこのカードを発動してリンク召喚と

やや早いタイミングでリンク召喚を行う事が可能です。

これは特に魔法罠が除去られやすい場合に機能してくれるでしょう。

 

またリンク召喚時に発動する効果、特にモンスターの除去が可能な

トロイメア・グリフォンやトロイメア・ユニコーンを相手ターンにリンク召喚する事で

相手の展開の妨害として機能させる事が可能です。

状況次第ではアカシック・マジシャンでも同じような事が出来るでしょう。

相手ターンにツイン・トライアングル・ドラゴンをリンク召喚して墓地のドラゴン族を蘇生、

自分ターンで攻撃できないデメリットを無くした上で攻撃させるといった芸当も可能です。

 

 

今後新しいリンクモンスターが増えればさらに相性のいいカードも増えていくでしょう。

また単純にモンスター除去にチェーンしてのサクリファイス・エスケープとしても機能します。

リンク召喚はエクシーズやシンクロに比べて素材の指定が緩いものが多く、

非常に幅広い範囲のモンスターでサクリファイス・エスケープを行う事が可能です。

そういう意味でも同系統の他のカードに比べても

非常に使いがいのあるカードだと思います。

関連記事

【魔弾(まだん)】:遊戯王テーマ考察 手札の魔弾を素早く装填して早撃ちを決めろ

8月11日に発売されるデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ。 そこに2つの新テーマ「魔

記事を読む

遊戯王カード考察:G(ジャイアント)・ボールパーク 野球しようぜ!お前ボールな!

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察: BF(ブラックフェザー)-弔風(とむらいかぜ)のデス

様々なデッキで使えるレベル4チューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

GUYダンス:遊戯王カード考察 とりあえず複数同時展開の妨害にはなるかな

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スウィッチヒーロー

お前のモンスター全部貰うから!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-と一緒に揃えておきたいカードは? 禁止令のテキスト変わってます

今日3月10日にストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-が発売されました。 収録されているカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

デュエリスト・アドベント:遊戯王カード考察

結構サーチできるカード多いです   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,760,485 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑