遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

公開日: : 最終更新日:2017/12/13 遊戯王, 遊戯王OCG ,

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。

リンクヴレインズパックの登場により環境に大きく変化が出ましたが

今回のリミットレギュレーションはどのようになっているでしょうか。

 

 

規制強化されたカード

 

・禁止

エンシェント・フェアリー・ドラゴン

 

・制限

SPYRAL GEAR-ドローン
SPYRAL-ジーニアス
ダンディライオン
BF-隠れ蓑のスチーム
ファイアウォール・ドラゴン
SPYRAL RESORT

 

・準制限

トーチ・ゴーレム
マスマティシャン
ローンファイア・ブロッサム
スケープ・ゴート
盆回し

 

規制緩和されたカード

・準制限

影霊衣の術士 シュリット
同族感染ウィルス
汎神の帝王
神の警告

 

・無制限

海皇の竜騎隊
増殖するG
ブラック・ホール
未来融合-フューチャー・フュージョン

 

今回も結構な数の制限改定が行われました。

リンクヴレインズパックを考慮した改定もいくつか見られますね。

ではいくつかピックアップしていきましょう。

 

エンシェント・フェアリー・ドラゴン(無制限→禁止)

シグナーの1体、エンシェント・フェアリー・ドラゴンが禁止です。

手札からモンスターを特殊召喚できる効果と

フィールド魔法をサーチする効果が様々なコンボで活躍し

特に1キルコンボのパーツとして大活躍していました。

というより1キルコンボのパーツにしか使われてないイメージあります。

そのあたりの事を危険視されての禁止カード行きでしょう。

龍可好きの皆さんは残念ですが決闘竜の方を使いましょう。

 

 

SPYRAL GEAR-ドローン(無制限→制限)

SPYRAL-ジーニアス(無制限→制限)

SPYRAL RESORT(無制限→制限)

一時期環境を支配していたSPYRALの主要パーツ3つが制限行きです。

やはりというべきか機械複製術対応の2枚が規制されました。

またフィールド魔法のスパイラルリゾートも制限行きとなり

今後はSPYRALのデッキ構築は中々難しいものとなるでしょう。

 

ファイアウォール・ドラゴン(無制限→制限)

遊戯王ヴレインズの主人公エースが制限行きです。

なまじフィールドから離せば再度効果を発動できる事から

イグナイト1キルをはじめ無限ループのコンボパーツとして利用されました。

基本的に複数のファイアウォールドラゴンを並べるのが基本だったので

そのあたりを考慮しての制限カード化と言えるでしょう。

何気に主人公エースが規制されるというのは初の快挙(?)ではないでしょうか。

まあ元々ヴレインズの世界でも1枚しかないカードでしょうし

ある意味では主人公エースの正しい姿なのかもしれません。

 

 

BF-隠れ蓑のスチーム(無制限→制限)

ダンディライオン(無制限→制限)

トーチ・ゴーレム(無制限→準制限)

スケープ・ゴート(無制限→準制限)

リンク召喚と抜群の相性を誇っていた

トークン生成用のカードがいくつか規制です。

隠れ蓑のスチームは水晶機巧-ハリファイバーとの相性が抜群に良い点、

ダンディライオンは条件の緩さと各種植物族サポートに対応する点、

トーチ・ゴーレムはアカシック・マジシャン等で再利用しやすい点、

スケープ・ゴートは単純に呼び出せるトークンの数から

特に危険視されての規制だと思われます。

 

ローンファイア・ブロッサム(無制限→準制限)

植物族の強力なサポートであるローンファイア・ブロッサムが準制限です。

捕食植物の1キルで使われていたパーツの1つであり

リンクヴレインズで強力な植物族用のリンクモンスターである

アロマセラフィー・ジャスミンが登場した事もあっての規制なのでしょう。

植物族ではダンディライオンと合わせての規制となります。

 

盆回し(無制限→準制限)

主にテラフォーミングの代用として使われてきたこのカードも準制限です。

全体的にフィールド魔法が強力になって来た環境を考慮しての結果でしょう、

フィールド魔法関連の規制が厳しくなってきていますね。

 

 

影霊衣の術士 シュリット(制限→準制限)

汎神の帝王(制限→準制限)

9期の頃活躍していたネクロスと帝、

その主力カードであったシュリットと汎神の帝王が緩和されました。

最近の環境の激しさを考慮した結果の緩和だと言えるでしょう。

特に帝はほぼ全盛期の状態を取り戻しつつあります。

 

 

神の警告(制限→準制限)

強力なカウンター罠である神の警告が緩和です。

ライフコストの問題こそありますが神の通告も合わせて

相手の召喚を抑制しやすくなりました。

最近エンジェル・パーミッションが強化された事もあり

このカードが緩和された影響は中々無視できないと思います。

 

 

ブラック・ホール(準制限→無制限)

一時期代表的な制限カードであったブラック・ホールがついに無制限です。

まさかこのカードが無制限になる時代が来るとは思っていませんでした。

効果破壊耐性持ちが増えたとはいえ全体除去は非常に優秀で

様々なデッキ3枚積みされる事が予想されます。

 

 

同族感染ウィルス(準制限→無制限)

未来融合-フューチャー・フュージョン(準制限→無制限)

前回緩和された2枚のカードが続いて緩和されました。

フューチャー・フュージョンは1ターンのラグがあるとはいえ

強力な墓地肥やし効果を持ったカードであり

これを3回撃てる事で相手の除去が間に合わなくなるケースもあるでしょう。

 

 

総評

SPYRALにがっつり規制が入った他、

1ターンキルのコンボパーツとして使われていたカードや

リンク召喚の相性のいいトークンに結構な数の規制が入りました。

グランソイルがエラッタされた事もあり

公式も大分1ターンキルに関しては慎重になっていた様子です。

つい最近まではSPYRAL一色とも言える環境でしたが

リンクヴレインズパックの登場によりセフィラや覇王魔術師、

彼岸などが環境にのし上がってきています。

今回の制限改定でまた別のデッキがのし上がってくる可能性も十分にあり

今後の環境がどうなるのか予測ができません。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)

マグネット・バルキリオンがさらに救済!     8月21日にV

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ガトリングール

凶悪なバーン効果で相手をハチの巣だぁ!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメーカーVSリボルバーのマスターデ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第47話『帰って来たPlaymaker』感想

遊戯王ヴレインズ48話の感想です。 前回のあらすじ:第一部完!大トリはデコード・トーカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ディメンション・ガーディアン

モンスターを守りたい場合にうってつけ!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王カード考察:オルフェゴール・トロイメア イヴぅ?誰それぇ?私リース!

SAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)の収録カードが判明したみたいですね。 今回紹

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

今回紹介するのはVジャンプの2月号に付録されるこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG、2016年7月の制限改定判明!あんまり変わってない!

2016年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回はがっつりと手が加わり環境に大き

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・インサイト

レッドアイズに超朗報   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・ホール

対ペンデュラム特化型カウンター罠!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ワグナス!ブラック・ホールは無制限だ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,754,596 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑