遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

公開日: : 最終更新日:2017/11/27 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)の発売です。

今回紹介するのはそんなLINK VRAINS PACKよりこのカードです。

 

 

聖騎士の追想 イゾルデ
リンク・効果モンスター
光属性/戦士族/攻1600/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

戦士族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター
及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、
そのモンスター効果を発動できない。
②:デッキから装備魔法カードを
任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送った数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

 

聖騎士の新規となる光属性LINK-2リンクモンスターです。

 

金髪と銀髪、2人の女性が描かれています。

アーサー王物語の「トリスタンとイゾルデ」には

トリスタンの叔父、マルク王に嫁いだ“金髪の”イゾルデと

ブルターニュ王の娘でありトリスタンに嫁いだ“白い手の”イゾルデという

2人のイゾルデが登場しますがこのイラストは

この2人のイゾルデ両方を描いたものなのでしょう。

皆さんはどちらが好みですか?

“金髪の”イゾルデとトリスタンは不倫関係にあり

“白い手の”イゾルデと結婚した後もトリスタンは

“金髪の”イゾルデへの想いを忘れる事が出来ませんでした。

それ故に“白い手の”イゾルデはトリスタンから愛してもらう事ができず

瀕死状態にあったトリスタンを“金髪の”イゾルデが助けに来た際に、

トリスタンに「“金髪の”イゾルデは来ていない」と嫉妬心故の嘘をつき、

それが原因でトリスタンは命を落とす事になります。

 

ちなみに遊戯王には過去にも“白い手の”方をモデルにしたと思われる

冥界の麗人イゾルデというモンスターが存在していますが

妖艶な魅力を漂わせるあちらのノーパンと違い

こちらの“白い手の”はまさに薄幸の美少女とう感じの儚げな雰囲気です。

皆さんはどちらが好みですか?

 

 

【リンクマーカー:左下 右下】
戦士族モンスター2体

リンク素材には戦士族2体を要求しています。

種類の多い戦士族だけに素材となる候補は非常に豊富で

超量士レッドレイヤーやH・C強襲のハルベルト、マジック・ストライカー等

手札から特殊召喚を狙えるタイプや

墓地から用意に蘇生を狙えるH・Cサウザンド・ブレード、

特殊召喚した際に同名モンスター2体を特殊召喚するヒーロー・キッズといった

様々な方法でリンク素材を揃える事が可能です。

戦士族で統一しているのであれば不死武士も有力な素材候補になります。

【聖騎士】でリンク召喚を狙う場合にも

上記のようなカードを混ぜる事で素材を揃えやすくなるでしょう。

 

リンクマーカーは安心と信頼の左下と右下です。

出しやすさも含めてEX召喚枠の確保として重宝するでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター
及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、
そのモンスター効果を発動できない。

①の効果は1ターンに1度、リンク召喚に成功した場合に

デッキから戦士族モンスター1体を手札に加えるサーチ効果です。

シンプルかつ範囲の広い優秀なサーチ効果ですが

発動したターンは召喚、通常召喚、モンスター効果の発動が出来ない為

サーチした戦士族の利用は1ターン間を置いてからとなります。

なおあくまでできないのは召喚及びモンスター効果の発動であり

ペンデュラムスケールのセットやペンデュラム効果の発動に制限はありません。

戦士族には魔装戦士ドラゴディウスや魔装戦士ドラゴノックスといった

優秀なペンデュラム効果を持つカードもありこれらの発動の為に

この効果でサーチする選択肢もあります。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:デッキから装備魔法カードを
任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送った数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

デッキから装備魔法を1種類1枚ずつ、任意の数だけ墓地へ送り

送った数と同じレベルの戦士族1体をデッキから特殊召喚するというものです。

その特性上デッキに存在する装備魔法の種類が多ければ多いほど真価を発揮し、

特に【聖騎士】においては聖騎士を展開する手段になるものそうですが

それ以上に大量の聖剣を一気に墓地に落とせる事が非常に大きいです。

聖騎士王アルトリウスや神聖騎士王アルトリウスを活用していく場合において

聖騎士ボールスに並ぶ重要な墓地肥やし手段となるでしょう。

また墓地へ送る事で効果を発動できる妖刀竹光のトリガーとしても機能します。

この大量の装備魔法を行える点は聖騎士だけでなく

ギルフォード・ザ・レジェンドにとっても大きな意味メリットがあるでしょう。

 

 

デッキに墓地に送る為の装備魔法さえ用意できるのであれば

①の効果で戦士族をサーチして②の効果でさらに戦士族を特殊召喚できるという

非常に優秀な1枚です。

これに加えて【聖騎士】では前述の通り聖剣をまとめて墓地に送る手段として

まさに至れり尽くせりのカードだと言えるでしょう。

このカード自身が聖騎士の名前を含んでいる為、

円卓の聖騎士のカード枚数を増やすささやかなひと助けにもなってくれます。

 

 

【聖騎士】以外でも装備魔法を数種類ほど採用していれば

レベル1、2程度の戦士族を②の効果で特殊召喚するのはそう難しくありません。

特に特殊召喚する事で同名カードを特殊召喚できるレベル2のヒーロー・キッズは

このカードの②の効果で特殊召喚する候補としてオススメです。

関連記事

『蘇生制限』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説  召喚条件無視って聞くと出来るって思っちゃうよね

「何このカードゲーム難しい・・・」 そんな感想をいだく遊戯王初心者の為の解説コーナー、

記事を読む

星遺物-『星盾』(せいいぶつ せいじゅん):遊戯王カード考察 ザ・壁要因といえる実に盾らしい盾

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:寝ガエル 端っこに置かれてしまった場合には?

本日4月14日、いよいよCYBERNETIC HORIZONの発売です。 今回紹介するのはそん

記事を読む

熱き決闘者たち(あつきデュエリストたち):遊戯王カード考察

3つの特徴的な効果を使いこなせ!   今回紹介するのは20th ANNIVER

記事を読む

遊戯王カード考察:剣闘獣(グラディアルビースト)ドラガシス ようやくアンダバタエとエーディトルが救われました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:九十九スラッシュ

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!! 耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えた

記事を読む

遊戯王カード考察:覇道星(はどうせい)シュラ 実はかなり出しやすい

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界台本「ロマンティック・テラー」 相手ターンにメロー・マドンナの効果を発動したい時に

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

アスポート:遊戯王カード考察 星遺物を巡る戦いやポジションチェンジとの差別点を把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,840 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑