遊戯王カード考察:トリックスター・ベラマドンナ 完全耐性を活かすには・・・

2018年1月13日に

新しいパック「フレイム・オブ・デストラクション」が発売されます。

今回紹介するのはそのフレイム・オブ・デストラクションからこのカードです。

 

 

 

トリックスター・ベラマドンナ
効果・リンクモンスター
光属性/天使族/攻2800/LINK-4
【リンクマーカー:上 右 左下 下】

←  
/ ↓
「トリックスター」モンスター2体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:リンク召喚したこのカードは、
このカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、
このカードは他のカードが発動した効果を受けない。
②:このカードのリンク先にモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地の「トリックスター」モンスターの種類×200ダメージを相手に与える。

 

 

トリックスターの新しいアイドル!!となるLINK-4です。

VRAINSにおいてブルーエンジェルがバイラ戦で使用し

ホーリーエンジェル、ナルキッス、マンドレイクの3体を素材にリンク召喚され

その耐性によりバイラの使った-R-ハックウィルスの効果を跳ねのけた上で

バーンダメージを与えつつその攻撃でバイラとのデュエルに引導を渡しました。

 

紫のドレスと淡い緑の髪が特徴の大鎌を携えた女王様風のモンスターです。

ちなみにこの大鎌からはビームが出ます

名前の由来はナス科の花、ベラドンナからでしょう。

「美しい女性」という意味を持ち、オオカミナスビ、オオハシリドコロとも呼ばれます。

全身に人を死に至らしめる猛毒を持ちますが

同時に陣痛や汗止めなどの効果を持つ薬用としても重宝される植物であり

恐ろしさと優しさの両方を兼ね備えた存在だと言えるでしょう。

 

 

【リンクマーカー:上 右 左下 下】
「トリックスター」モンスター2体以上

リンク素材にはトリックスター2体以上を要求します。

特殊召喚効果を持つトリックスター・リリーベルなどを用いて

上手く素材を揃えていきましょう。

素材2体で出せるのでLINK-2のトリックスターが墓地にあれば

蘇生カードを使っていく事で必要な手札を減らすことも可能です。

②の効果のダメージ量を増やすという意味でも

LINK-2のトリックスターを経由するというのは効果的です。

 

リンクマーカーは上、右、左下、下とやや変則的な配置になっています。

このカードの場合リンクマーカーがデメリットになっており

特にEXモンスターゾーンに出した場合に上側のリンクマーカーが弱点となります。

理想の場所はメインモンスターゾーンの一番右端であり

ここであれば他のどの場所にもリンクマーカーを向ける事はありません。

より条件は厳しくなりますが向かって右側のEXモンスターゾーンに

右下にリンクマーカーを持つカードを置くことができれば

右端にこのカードをリンク召喚する事が可能です。

右側にリンクマーカーを持つカードを右から二番目に置く手もあります。

 

 

①:リンク召喚したこのカードは、
このカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、
このカードは他のカードが発動した効果を受けない。

①の効果はこのカードをリンク召喚しており

かつこのカードのリンク先にモンスターが存在しない場合に

他のカードの効果を一切受けない限定的な完全耐性です。

非常に強力な耐性ですがEXモンスターゾーンで出している場合、

相手はこのカードの真正面にモンスターを召喚するだけで

簡単にこの耐性を無効化出来てしまいます。

実際にこの耐性を活かす場合には

メインモンスターゾーンに置く工夫が必要となるでしょう。

攻撃力は2800と高めで耐性さえ付与できれば高い生存性能を発揮できます。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードのリンク先にモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地の「トリックスター」モンスターの種類×200ダメージを相手に与える。

②の効果は1ターンに1度、どのリンクマーカーにもモンスターがいない場合に

墓地のトリックスターと名の付くモンスターの種類×200だけ

相手にダメージを与えるバーン効果です。

ちくちくバーンが基本のトリックスターにしては珍しく

かなりまとまったダメージを叩き出せるバーン効果であり

1000以上のダメージは容易に叩き出す事が可能です。

飛びぬけて高いダメージを出せるというわけではないですが

ちくちくバーンの後押しとしては十分なダメージ量です。

 

 

大量展開が狙えた時のトリックスターの選択肢として

LINK-4を出すという行動が出来る事が何よりもありがたいですね。

メインモンスターゾーンにリンク召喚できるのが理想的ですが

このカードがLINK-4と重い事もあり実際に狙うのは中々大変だと思います。

①の効果を無理して狙わずに②のバーン効果のみを目当てに狙っていくのもいいでしょう。

トリックスター・ホーリーエンジェルをリンク召喚し

そのリンク先にトリックスターを出して効果を発動していくという動きをしていれば

自然とこのカードのリンク召喚にも繋げやすく

一連の流れで相手に与えられるバーンダメージは中々洒落にならないものがあります。

②の効果だけであれば蘇生からでも効果を発動する事が可能であり

繰り返し蘇生を狙えるのであればさらにダメージは加速するでしょう。

個人的には①の耐性よりも②のバーンダメージの方が本命だと思っています。

というか結構えげつないカードだと思います

関連記事

【ヴァレット】:遊戯王テーマ考察  ヴァレルロード・ドラゴンの弾丸として発射され次々と補充されるまさに「弾丸」テーマ

遊戯王VRAINSにおけるテロ組織、ハノイの騎士。 そのリーダー格であるリボルバーの操るテーマ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:覚醒の暗黒騎士ガイア

今回はVジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前に敗れてしまったインヴェルズ。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電子光虫(デジタル・バグ)-ライノセバス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第64話『デュエルキング ジャック・アトラス』感想

遊戯王ARC-V64話の感想です。 とうとうジャック・アトラスが登場する回ですね。 個人

記事を読む

メタバース:遊戯王カード考察  テラフォーミングの代わりにするかそれとも「ならでは」を活かすか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:ジェルゴンヌの終焉 発動は難しいけどダメージ量は魅力

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)コーディセップス:遊戯王カード考察

制約は重い、だがしかし・・・   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:旧神(きゅうしん)ヌトス

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

竜巻竜(トルネードラゴン)/Tornado Dragon:遊戯王カード考察  新しい汎用ランク4登場、魔法罠除去ならこいつの出番

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,251,477 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑