究極宝玉神(きゅうきょくほうぎょくしん) レインボー・オーバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 未来融合で7体墓地肥やし

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン
融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4000/守 0
「宝玉獣」モンスター×7
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドのレベル10の「究極宝玉神」モンスター1体をリリースした場合に
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:1ターンに1度、自分の墓地から「宝玉獣」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。
②:融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。
フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

究極宝玉神の1体となる融合モンスターです。

攻撃力守備力はレインボードラゴンやレインボーダークドラゴンと同等ですが

レベルが12となっています。

 

レインボー・ドラゴンをベースにより装飾が豪華になっています。

また白を基調としながらもやや紫がかった色合いとなっています。

実に美しさを感じるドラゴンです。

 

 

融合素材として宝玉獣7体を指定しています。

これを素の融合で狙おうとすると大変な事になりますが

幸いにもドラゴン族であり十分に墓地が肥えていれば

龍の鑑での融合召喚を狙っていく事が可能です。

未来融合-フューチャー・フュージョンからの融合召喚を狙うのも手です。

 

またレベル10の究極宝玉神をリリースする事でもエクストラデッキから特殊召喚が可能です。

あくまでリリースするのはレベル10の必要がある為

E-HERO プリズナー等で名前をコピーするだけでは条件を満たす事はできません。

ちゃんと本物を出しましょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分の墓地の宝玉獣を除外する事で

そのターンの間除外した宝玉獣分だけ自身の攻撃力を上昇させる自己強化効果です。

宝玉獣の中で最も攻撃力が高いのは1800のサファイア・ペガサスであり

自身の攻撃力と合わせて攻撃力5800に到達できます。

よほどの相手でない限り戦闘で負ける事はないでしょう。

ここまでの攻撃力であれば戦闘ダメージにも期待できます。

 

 

②の効果はこのカードを融合召喚で出している場合に

自身をリリースする事で場の全てをカードをデッキに戻すフリーチェーン効果です。

融合召喚で出している必要があるため究極宝玉神をリリースする形で出した場合には

この効果を発動する事ができません。

あくまで宝玉獣7体を素材にした融合召喚を狙う必要があります。

しかしその効果は強烈でデッキバウンスという最高峰の除去をフィールド全体に、

それもフリーチェーンで行う事が可能です。

このカードがフィールドに存在するだけで相手は動きが大幅に制限されるでしょう。

ただ自分のカードも問答無用でデッキに戻るため、

特に魔法罠ゾーンに宝玉獣が溜まっている場合等には

それらを元に戻す事も覚悟する必要があります。

 

 

このカードが登場したおかげで未来融合フューチャー・フュージョンによって

宝玉獣7体を一気に墓地に落とす事が可能となりました。

除去されて発動を妨害されてしまう危険性こそあるものの

1ターン逃せば7体の墓地肥やし、2ターン逃せばこいつが出てくるとなれば

相手からすればなんとしても除去しなければいけないほど厄介な代物でしょう。

今度緩和されますし除去されるの上等で積極的に発動していっていいでしょう。

 

 

またチェーン・マテリアルと瞬間融合を組み合わせる事で

相手ターンにこのカードの融合召喚を狙う事が可能です。

カード2枚で出す事が可能でありそのまま②の効果でデッキバウンスを狙えるので

大いに狙う価値があります。

 

 

それにしても今回のパックに登場するGX組の新規カード、

どれも大型ばかりというかロマン性能の高い代物になっていますね。

関連記事

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)マンジロック 初のレベル1となる何気に今一番アツイ剛鬼

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第34話『聖なる天樹』感想

遊戯王ヴレインズ34話の感想です。 今年最初のヴレインズですね。 スペクターの聖天樹デッ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第59話『地下ライディング・デュエル!!』感想

遊戯王ARC-V59話の感想です。 Emウォーター・ダンサーとEmファイヤー・ダンサーでスケー

記事を読む

ロストワールド:遊戯王カード考察

これぞ本当の意味でのデッキ破壊!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:マジェスティックP(ペガサス)、マジェスペクター・フォックス

マジェスペクター、早速大会で成績残したみたいですね。 サーチ能力に関しては圧倒的な性能を持つテ

記事を読む

アカシック・マジシャン:遊戯王カード考察  バウンスにデッキトップサーチにと結構使いどころが多いです

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,264 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑