トリックスター・スイートデビル:遊戯王カード考察 というわけでメインモンスターゾーン向きのリンクが来ました

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

トリックスター・スイートデビル
リンク・効果モンスター
光属性/天使族/攻2000/LINK-2
【リンクマーカー:左 右】
\ ↑ /
 
/ ↓ \
「トリックスター」モンスター2体
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られる度に、
相手に200ダメージを与える。
②:「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
このカードのリンク先のモンスターの数×200ダウンする。

 

 

トリックスターの新しい仲間となるリンクモンスターです。

トリックスター・ホーリーエンジェルと同じ攻撃力とリンク数、リンク素材であり

名前からも対の存在として意識されたモンスターだと思われます。

このカードのリンク先は左右でありメインモンスターゾーンに出すのが基本です。

EXモンスターゾーンに出すのが基本となるホーリーエンジェルとは

ある意味ここでも対の存在だと言えるでしょう。

 

 

トゲトゲな杖を持ったいかにもサドっけのありそうな天使の女の子です。

モチーフは恐らくタシロイモ科の植物、タッカ・シャントリエリです。

ブラックキャット、デビルフラワー、バットフラワーといった別名も存在しており

黒猫や蝙蝠を連想させる黒い花が特徴であり

このモンスターの髪型もその花の形を模しています。

手のポーズや2つある尻尾もブラックキャットを意識したデザインと思われます。

トリックスターの例にもれず毒花の一種であり根の部分に毒がありますが

地下茎の部分は食用として重宝されています。芋の仲間ですしね。

この子も見かけはSっぽいですが案外いい子なのかもしれません。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間

このカードのリンク先が戦闘か効果で破壊されて墓地へ送られた際に

相手に200ダメージを与えるバーン効果です。

トリックスターではすっかりとお馴染みとなった200バーン効果であり

例によって1ターンの回数制限がなく

悪夢の拷問部屋との相性は抜群です。拷問だ!とにかく拷問せよ!

リンク先にトリックスターが召喚される度に

200ダメージ与えるホーリーエンジェルの対を意識したような効果ですが

ホーリーエンジェルと違い破壊されるのはトリックスターでなくてもOKです。

自爆特攻などから自発的にバーンダメージを狙えますが

②の効果を考えるとリンク先を残した方が都合がいいのが悩みどころです。

 

 

②の効果は相手にトリックスターと名の付くモンスターで効果ダメージを与えるたびに

このカードのリンク先のモンスター数×200の数値分

相手のモンスター全ての攻撃力を1ターン下げる弱体化効果です。

これまたダメージを与えるたびに自己強化する効果を持った

ホーリーエンジェルの対を意識した効果となっています。

ホーリーエンジェル同様あくまでモンスターがダメージを与えた場合に限定されており

トリックスター・ライトステージの効果ダメージでは発生しない点に注意です。

左右両方にモンスターが存在していれば1回のバーンで400攻撃力を下げられる為、

3,4回ぐらい発動してしまえば相手モンスターの攻撃力は悲惨な事になります。

そのまま一斉攻撃で畳みかけてしまう事も十分にできるでしょう。

 

 

何よりもメインモンスターゾーン向きのリンクモンスターという点が嬉しい存在です。

EXゾーン向きのホーリーエンジェルとは役割分担がしっかりできており

ホーリーエンジェルをEXゾーンにリンク召喚した後に

まだリンク召喚を狙う余裕がある場合にはこのカードの出番となります。

基本的にホーリーエンジェルのリンクマーカー先が定位置となるでしょう。

ホーリーエンジェルのリンク先にトリックスター2体を出しつつ

さらにその2体でこのカードの召喚をすればそれだけで

ホーリーエンジェルの効果発動を3回狙えます。

またトリックスター・リンカーネイションの蘇生候補としても有力です。

 

 

順調に新カードが追加されていって強化されているトリックスター。

既に今の時点でトップクラスの実力を持っているテーマな事もあり

今後どうなっていくか非常に気になる存在です。恐怖的な意味で

関連記事

サブテラーの導師:遊戯王カード考察 サーチも出来るし妨害もできるし展開の補助もできる

9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの為にドクター・ゲノムと戦うGo

記事を読む

遊戯王カード考察:調弦の魔術師(ちょうげんのまじゅつし)

手札からのペンデュラム召喚を狙え!   今回紹介するのはディメンション・ボック

記事を読む

遊戯王カード考察:サイコ・エース  アドバンス召喚用の新たなリリース要員

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第46話『未来を描き出すサーキット』感想

遊戯王ヴレインズ46話の感想です。 前回のあらすじ:もうこれが最終回でもおかしくないぐ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第38話『ハノイの追想』感想

遊戯王ヴレインズ38話の感想です。 前回のあらすじ:お兄様とスペクター消滅 &n

記事を読む

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)オフリス・スコーピオ、捕食植物ダーリング・コブラ:遊戯王カード考察

セットで運用するのがオススメです。   今回紹介するのはマキシマム・クライシス

記事を読む

遊戯王アークファイブ第86話『怯まぬ決意』感想

遊戯王ARC-V86話の感想です。 デュエルに敗北し会場を後にするセレナ。 しかしロジェ

記事を読む

ライトロード・ドミニオン キュリオス:遊戯王カード考察 墓地肥やしにありがたい効果が満載

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,382 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑