幻獣機(げんじゅうき)ライテン:遊戯王カード考察  オライオンを手札から捨てるのに丁度いいカードが来ました

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

幻獣機ライテン
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1500/守1500
①:手札を1枚捨てて発動できる。自分フィールドに
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は
「幻獣機」モンスターしか融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。
②:このカードのレベルは自分フィールドの
「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。
③:自分フィールドにトークンが存在する限り、
このカードは戦闘・効果では破壊されない。

 

 

久方ぶりに登場した幻獣機の新しい仲間となるレベル4モンスターです。

「幻獣機、ライテンだ 正面から行かせてもらおう

それしか能が無い 全てを焼き尽くすだけだ」

 

ややくすんだ黄色をしたプロペラ機です。

モチーフはイタチ科の動物「テン」と戦闘機の「雷電」からでしょう。

雷電は三菱重工が第二次世界大戦時に開発した局地戦闘機で

基地防空用として上昇性能や最高速度を重点して設計されました。

配備数こそ少なかったものの当時敵国であった米国には高い評価を受けています。

 

 

①の効果は手札を1枚捨てる事で

自分の場に幻獣機トークンを1体特殊召喚するというものです。

ただしこの効果を発動した後そのターンは

融合、シンクロ、エクシーズ、リンク召喚を行う場合に

幻獣機しか素材にできない制約が発生します。

「召喚するモンスター」ではなく「召喚の為の素材」に制約が発生する点に注意です。

きっちりとリンク召喚にも制約があるので特に連続リンクなどには注意してください。

特筆すべきは1ターンに1度の制約が存在しない点で

手札が許す限り何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!トークンを展開可能です。

展開手段に何かと悩まされがちな幻獣機にとってこれは非常にありがたいです。

 

 

②と③の効果は自分の場の幻獣機トークンの合計レベルだけ自身のレベルを上げる効果と

トークンがある限り戦闘破壊耐性と効果破壊耐性を得るというもので

どちらも幻獣機ではお馴染みとなっている効果です。

このカードは手札コストがあれば非常にトークンの数を調整しやすい為、

同じくレベル4の幻獣機を並べる事で

ランク7とランク10のエクシーズ召喚を状況に応じて狙っていけます。

 

 

「このカード以外皆幻獣機トークン」といった状況が作りやすいカードであり

緊急発進の発動条件を満たしやすく、高い効果も狙いやすいです。

コストとして捨てるカードは幻獣機オライオン等

墓地に送る事に意義のあるカードを出来るだけ利用するといいでしょう。

キラー・スネーク等手札コストとして有効なカードを採用する手もあります。

 

 

「手札を何枚でもトークンに変換できるカード」として

手札増強に特化したデッキに採用する手も存在します。

最近はトークンや通常モンスターを素材にできないリンクモンスターも多いですが

ファイアウォール・ドラゴンをはじめ素材指定の無いリンクモンスターであれば

次々とリンクモンスターで場を並べていく事も可能です。

 

 

ターン1制限ないとか思い切った事したなぁ!

元々トークンの生成に優れる幻獣機はリンク召喚との相性がいいテーマです。

そんな幻獣機にさらにトークンを生成しやすくしてくれるこのカードの登場で

10期になって幻獣機がどんな風に活躍してくれるかが楽しみです。

関連記事

鎖龍蛇(さりゅうじゃ)-スカルデット:遊戯王カード考察 今度のリンク4は優秀な手札交換効果付き

エクストリーム・フォース、いよいよ明日発売です。 カードの情報も色々と判明したみたいですね。

記事を読む

遊戯王カード考察:おジャマッチング 素直に万丈目デッキを組むかそれとも・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:サクリファイス・フュージョン ミレニアムアイズの弱点をフォローできマース

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)コブ-C(シー):遊戯王カード考察  まさかの超重武者専用レベルスティーラー

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

真紅眼の鉄騎士(レッドアイズ・メタルナイト)-ギア・フリード、真紅眼の幼竜(レッドアイズ・ベビードラゴン):遊戯王カード考察

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜脈の魔術師

もうすぐマスター・オブ・ペンデュラムが発売されますが そういえばまだ紹介していないカードも残っ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第58話『闇デュエルへの招待』感想

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚を駆使したデニス、 そしてそれを見事撃破した権現坂はギャラガーに

記事を読む

遊戯王アークファイブ第62話『大エンタメデュエル大会!!』感想

遊戯王ARC-V62話の感想です。 デュエルを通じて長次郎にエンジョイを取り戻す事が出来ました

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊剣士の揺籃(はかいけんしのようらん)

墓地からバスブレ落としてそのまま蘇生!   2017年の1月14日にマキシマム

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。 毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,713 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑