リコーデッド・アライブ:遊戯王カード考察  主役カードサポート登場、合計2回特殊召喚できる便利な奴です

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。

 

 

 

リコーデッド・アライブ
通常罠
①:自分のフィールド・墓地の
リンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、
EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。
②:EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、
墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

サイバース族及びコード・トーカー用の通常罠です。

このカードの登場により「コード・トーカー」がカテゴリ化しました。

 

デコード・トーカーとエンコード・トーカーが半身づつ描かれています。

リコードとは「違うコードを入れる」といった意味があり

イラストは2つのコード・トーカーを入れ替えている所なのでしょう。

 

 

①の効果は自分のフィールドか墓地に存在する

LINK3のサイバース族リンクモンスター1体を除外して

EXデッキから「コード・トーカー」と名の付くカード1体を特殊召喚します。

あくまでリンク召喚ではなく正規の手段ではない特殊召喚なので

蘇生制限を満たさない点には注意してください。

現在コード・トーカーと名の付くモンスターで該当するのは

デコード・トーカーとエンコード・トーカーの2体であり

このどちらかを特殊召喚する事になるでしょう。

除外する対象のLINK3のサイバース族リンクモンスターに限定されており

コード・トーカーを除外してコード・トーカーを出すのが基本となります。

基本的に墓地のカードを除外して出した方がお得ですが

フリーチェーンで発動できるのでフィールドのモンスターで攻撃した後、

それを除外してコード・トーカーでさらに連続攻撃といった芸当も可能です。

 

 

②の効果はEXモンスターゾーンに自分のカードが無い状態の場合に

墓地のこのカードを除外する事で

除外されているコード・トーカー1体を特殊召喚するというものです。

①の効果で除外したコード・トーカーをそのまま特殊召喚可能であり

メインモンスターゾーンにリンクマーカーが設定されている状態であれば

①の効果と②の効果で2連続特殊召喚という芸当も可能です。

ただデコード・トーカーもエンコード・トーカーも

基本的にはEXモンスターゾーンに出した方が都合がいいカードであり

この効果で特殊召喚してもその効果を十分に生かしにくいです。

最初から2300打点、もしくは

3つ分のリンク素材と割り切った運用をするのも手です。

 

 

1枚で2回分の特殊召喚が可能な非常に優秀なカードです。

出せるモンスターも限定されてるとはいえ主力で使えるレベルであり

リンク数に置きかえれば合計リンク6という破格っぷりです。

今現在リンクモンスターはLINK-4が最大ですが

今後LINK-5やLINK-6といったリンクモンスターが登場した場合、

さらに活用する用途が広がる事でしょう。

 

 

「コード・トーカー」がカテゴリ化される事になりましたが

今後新しいコード・トーカーも登場してくるんでしょうか。

VRAINSの看板モンスターですし少なくとも進化形は出てきそうですね。

そのうちアカシック・レコード・トーカーとか登場したりして・・・。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:一騎加勢

クラッシュ・オブ・リベリオンの発売から結構時間も経っているので、 そろそろ新カードとは言えない

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:2017年現在まだ解明されていない謎はどれだけあるか?

皆様、あけましておめでとうございます。 2017年もこの考察好きニコ厨のMUGEN次元をよろし

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-と一緒に揃えておきたいカードは? 禁止令のテキスト変わってます

今日3月10日にストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-が発売されました。 収録されているカー

記事を読む

遊戯王カード考察:混源龍(こんげんりゅう)レヴィオニア どの効果もデッキを選ばず活用できる

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜(きょしんりゅう)フェルグラント

蘇生して、さらにまた蘇生する   2016年2月9日にストラクチャーデッキR-

記事を読む

雷仙神(かみなりせんじん):遊戯王カード考察  手札からポンと出せる2700打点(ただしライフさえあれば)

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリボーン

「クリボー」ついにカテゴリ化!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    FWDそっちのけでリンク6の合体した姿が出そうなコードトーカー達

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,011 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑