遊戯王OCG、2017年7月の制限改定判明!あのカードがとうとう2枚入れられる時代に!

公開日: : 遊戯王, 遊戯王OCG

2017年7月のリミットレギュレーションが判明しました。

新マスタールールになってから2回目の制限改定です。

果たして今回はどのような改定が行われたでしょうか。

 

 

 

 

規制強化されたカード

・禁止

十二獣ブルホーン

 

・制限

真竜剣皇マスターP
妖精伝姫ーシラユキ
ドラゴニックD

 

・準制限

命削りの宝札
テラ・フォーミング
神の通告

 

規制緩和されたカード

・準制限

EMペンデュラム・マジシャン
黒き森のウィッチ
彼岸の悪魔 スカラマリオン
レスキューキャット
異次元からの埋葬
儀式の準備
機殻の生贄
ブラック・ホール
ユニオン格納庫
揺れる眼差し
竜の渓谷

 

・無制限

カオス・ソルジャー開闢の使者
慧眼の魔術師
ゴヨウ・ガーディアン
終末の騎士
DDスワラル・スライム
爆竜剣士イグニスターP
氷結界の龍 ブリューナク
洗脳-ブレインコントロール

 

 

いやぁ結構がっつり変更入りましたね。

毎回7月はあんまり変更なかった方なのですが

新マスタールールの影響もあるのでしょう。

恐らくは様子見状態となっていたカードに手が加えられた感じです。

ではいくつかピックアップしていきましょう。

 

十二獣ブルホーン(無制限→禁止)

ドランシアに続きブルホーンも禁止カードになってしまいました。

これで十二獣は十獣です。

今でも十二獣は大会で成績を残していた故の禁止カード化でしょう。

十二獣は勿論の事ランク4エクシーズが狙える獣戦士族デッキでも

結構な痛手となるでしょう。

もしこれで十二獣がまだ大会で活躍し続けたら

かつての征竜のごときしぶとさになりますね。

 

 

真竜剣皇マスターP(無制限→制限)

ドラゴニックD(無制限→制限)

現在環境トップに君臨していた真竜は

主力カード2枚が制限になるという規制が行われました。

特にドラゴニックDの制限カード化は

テラフォーミングの準制限化に合わせて影響があります。

今後の真竜はよりドラゴニックDに依存しない構築が求められるでしょう。

 

 

妖精伝姫ーシラユキ(準制限→制限)

シラユキも着実に規制が強化されてしまいました。

異次元からの埋葬が緩和された影響もあるのでしょう。

シラユキは1枚でも墓地に存在していれば十分に機能するカードですが

このカード自体が除外されたりしないようにより注意する必要が出てきます。

 

 

命削りの宝札(無制限→準制限)

テラ・フォーミング(無制限→準制限)

神の通告(無制限→準制限)

様々なデッキで活用されていた汎用性の高いカード3つが準制限です。

個人的に神の通告はようやく規制されたかって感じですね。

3種類とも活用していたデッキなどはデッキの改築が求められるでしょう。

 

 

ブラック・ホール(制限→準制限)

全体除去カードの一角、ブラック・ホールがまさかの準制限です。

最近では破壊耐性を持つカードや破壊されて発動する効果も多いですが

それでも強力なカードである事は間違いありません。

このカードが準制限になるあたり時代を感じさせますね。

 

 

異次元からの埋葬(制限→準制限)

長らく制限カードだった異次元からの埋葬も準制限です。

墓地から除外して発動する効果を持つモンスターは増え続けており

それらを再利用できるこのカードが2枚採用できる事は

除外効果を活用するデッキ全般に影響を及ぼすでしょう。

個人的には今回一番多くのデッキに影響を与える改定だと思います。

 

 

竜の渓谷(制限→準制限)

ようやく1枚戻って来たよ!

征竜の影響で規制されたカードの1つであり

征竜禁止に伴い他の同じようなカードが緩和された中

このカードだけは制限カードのままでしたがこの度やっと準制限になりました。

ドラグニティにとっては念願の結果とも言えるでしょう。

個人的にもバスターブレイダーで採用していたので嬉しいです。

 

 

カオス・ソルジャー開闢の使者(準制限→無制限)

終末の騎士(準制限→無制限)

終末の騎士が無制限となりました。

墓地肥やしを利用する闇属性デッキ全般で恩恵があるでしょう。

また開闢の使者も制限解除されており異次元からの埋葬準制限も含めて

カオス軸のデッキは相当に強化された形と言えます。

 

 

EMペンデュラム・マジシャン(制限→準制限)

機殻の生贄(制限→準制限)

揺れる眼差し(制限→準制限)

慧眼の魔術師(準制限→無制限)

爆竜剣士イグニスターP(準制限→無制限)

ペンデュラムに関係する数多くのカードが規制緩和されました。

これは新マスタールールでペンデュラムが弱体化している影響もあるのでしょう。

この調子で少しずつペンデュラムの冬の時代が和らいでいきそうです。

それでもさすがにモンキーボードとかはまだ許されない感じですね。

 

 

黒き森のウィッチ(制限→準制限)

レスキューキャット(制限→準制限)

ゴヨウ・ガーディアン(準制限→無制限)

氷結界の龍 ブリューナク(準制限→無制限)

洗脳-ブレインコントロール(準制限→無制限)

 

元禁止カードだったエラッタ組が順当に規制緩和されています。

ウィッチはこの調子で行くと無制限に復帰しそうですね。

エラッタ組の中でも破壊輪と王宮の勅命はまだ十分やばい為か

今でも制限カードのままです。

 

 

総評

規制強化されたカード、規制緩和されたカードいずれもかなり多いです。

今回は特に汎用的なカードにも多数メスが入れられており

非常に多くのデッキに影響のある制限改定となるでしょう。

 

環境デッキでは十二獣と真竜が大きく規制を受けています。

この2つが弱体化した影響で勢力を伸ばしていきそうなのは

星杯、恐竜族、ウィンドウィッチ、トリックスターあたりでしょうか。

今回強化されたエンタメイトや魔術師にも注目です。

関連記事

遊戯王OCG:「電影の騎士ガイアセイバー」から考えるリンクモンスターの傾向予測、まだ不明瞭な点など

リンク召喚の登場と新マスタールールにおけるエクストラデッキの制限により 遊戯王の環境が激変、各

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ハイ・スピード・リレベル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第77話『破壊の美学』感想

遊戯王ARC-V77話の感想です。 2回戦第1試合は柊柚子VSセルゲイ・ヴォルコフ! 1

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-五月雨のソハヤ

期待のレベル5BFシンクロ!     今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王カード考察:ファーニマル・ペンギン

ファーニマルの新たなエンジン!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王魂調和(おうごんちょうわ)

発動さえ出来れば非常に優秀!     今回紹介するのはPREM

記事を読む

遊戯王アークファイブ第126話『悪魔の生まれた日』感想

遊戯王ARC-V126話の感想です。 暴走により瑠璃とセレナを撃退した遊矢とユートは2人を追い

記事を読む

遊戯王カード考察:煉獄の狂宴(れんごくのきょうえん)

召喚条件無視で3体もとかちょっとやりすぎじゃ・・・   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の巫女、白き霊龍(れいりゅう)

今回紹介するのは11月21日に発売されたVジャンプ1月号の付録であるこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:虹の架け橋  ごく普通、だからこそ強いサーチカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである サイバース族、トリックス

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

→もっと見る

    • 4,879,154 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑