遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第6話『アイドル!!ブルーエンジェル』感想

公開日: : アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

遊戯王ヴレインズ第6話の感想です。

翔一ポエムな次回予告で紹介された複雑な兄妹関係。

兄を想いながらもすれ違い寂しさを紛らわす為に葵は・・・。

というわけでブルーエンジェル回です。

ブルーエンジェル涙はらってブルーエンジェルきらめく力。

 

 

アイドル!!(夢盛り)

ブルーエンジェルがスピードデュエルをしています。

ノリノリでアピールするブルーエンジェルですが

 

ログアウトするとそこには別の意味でブルーな葵がいました。

明るかったブルーエンジェルとはまったく対照的なその姿は

現実逃避の為にアイドル!!をしていると解釈できるものでした。

 

一方でそんなブルーエンジェルの正体が財前葵だと突き詰めた草薙、

どうやらSOLテクノロジー社との接触は

遊作の記憶と草薙の弟に繋がる手がかりになるようです。

SOLテクノロジー社が何か情報を握っていたりするんでしょうか。

財前晃の妹の葵と接触すればSOLテクノロジー社に近づく足掛かりとなり

そして葵の制服が遊作の通う学校のものである事から

遊作であれば葵と自然と学校で接触する事が可能、

しかしあの遊作が女と接触するのは無理だよなーと草薙は遊作をチラ見します。

Aiもそれに呼応するように遊作をチラッチラッしてます。

 

遊作くんまんまとのせられて葵の尾行を開始しました

Aiに「お前こういうのに興味あったんだな」と言われて

「ない」と否定する遊作、でも思春期の男の子なら興味ある方が自然だよ。

 

 

ストーカー遊作

何気に初めて学校に来たAiは

生徒が皆同じ制服を着ている事にため息を漏らしています。

無個性である事を好まないタイプなんでしょうねAiは。

そして登校する生徒を1人1人観察して葵を発見するAi、

葵は早歩きでそそくさと校舎まで向かっていました。

早速葵の追跡を開始する遊作、

完全にストーカーの類だよ遊作くん!

後ろから見られたらめっちゃ怪しいよ遊作くん!

あとそれ後ろ振り向かれたら普通に気づかれるよ遊作くん!

「総合的に見たらまあ美人の類だな」と言うAi、

統計的な判断をするあたりがいかにも人工知能って感じですが

遊作よりは真っ当な反応してると思います。

そうしてストーキングしていると葵がある部屋に入っていきました。

その部屋に書かれているのは「DUEL CLUB」ようするにデュエル部ですね。

どうやらVRAINSの世界は国民全員デュエル脳というわけではなく

あくまでデュエルモンスターズは部活の1つ程度の国民性にとどまっているようです。

 

 

というわけで入部する事になりました

部室の入り口で立っていると後ろから声をかけてくる人が・・・

遊作「誰だっけ?」

あれだけ頑張って自己紹介したのに覚えられていません、直樹くん不憫です。

そして遊作がデュエル部に入りたがっていたのではと推理する直樹くん、

まあ部室の前で立っていれば興味あると考えるのが自然ですよね。

直樹くんは「リンクヴレインズに興味無い奴が来る所じゃない」と追い返しますが

話してる声が丸聞こえだったようで中から部長である細田くんが出てきました。

いかにも真面目って感じの見た目ですね。

遊作を快く迎えて入れてくれる部長に最初は断ろうとする遊作でしたが

「はい!ありがとうございます!」

Aiの口真似によってなあなあで入部する事になりました。

「1年の藤木遊作です」と小さくお辞儀して最小限の挨拶をする遊作。

他の部員は田中、佐藤、鈴木とよくある名前3つ揃えました感がすごいです。

新入部員の遊作を含めても6人の部活、どうやらこの学校デュエリスト少ないみたいです。

皆が新型のデュエルディスクを持っており直樹くんが言うには

どうやら葵の兄から優先的に提供してもらっているとの事、

しかしその話をすると葵が睨みつけて直樹くんは非常にばつの悪そうな顔をしました。

どうやら葵の前でこの話はタブーのようですね。

 

 

デッキは偽装した

そしてAiはAiで新型デュエルディスクと人工知能同士で会話しています。

しかし新型デュエルディスクの返事はいかにも機械的なものばかり

やはりAiが特別で他の人工知能は感情といったものがないのでしょうね。

そうこうしているうちに葵が遊作のデッキを見せて欲しいと言い出しました。

素直にデッキを差し出す遊作、葵がデッキを見た後直樹くんもデッキを確認しますが

そこにあったのはゴブリンの秘薬や魔法剣士ネオ、援軍といった古いカードばかりで

思わず直樹くんはお粗末なデッキだと笑います。

しかし部長は「他人のデッキを馬鹿にするのはデュエリストの風上にも置けない」

と直樹くんを叱責、直樹くんもそれを受けて素直に謝罪、

遊作に「笑って悪かったな」とバツが悪そうにデッキを返します。

なんだかんだで直樹くんも根は悪い子じゃないですね、遊作の分析通りです。

まあこの遊作のデッキは初心者のフリする為のダミーなんですけどね。

 

 

すれちがい兄妹

家に帰った葵はベッドに横たわりぼんやりと天井を眺めていました。

そうしているとお兄さまから電話が来ました。

お兄さま呼びなあたり大分ブラコンこじらせてます。義理なのもあってやばいです。

お兄さまは葵がアイドル!!活動を続けているのが不満なようで

特に命の危険のあるスピードデュエルは今すぐやめるように葵に言います。

葵は言葉では素直に頷いていますがお兄さまに認められようと必死な葵は

打倒プレイメーカーの意思が揺らぐことはありませんでした。

晃としても葵の身を案じているのは本当なのでしょう、

しかし晃の思いも、葵の思いも通じる事はなく悲しいすれ違いが発生していました。

 

 

スペクターの接触

葵は今日もブルーエンジェルとしてリンクヴレインズに身を投じていました。

現実とは打って変わって明るいアイドル!!としての表情を見せるブルーエンジェル、

そんなブルーエンジェルに何人もの男がデュエルの挑戦を申し込みますが

そのことごとくを葵は断っています。3人目とかいかにもなオタクでしたしね!

そしてブルーエンジェルはマスコミの中継を利用してプレイメーカーに宣戦布告をします。

そうして挑戦を受けたプレイメーカーですが華麗にスルー。

3大好きな遊作は自分がブルーエンジェルに近づいたのはあくまで記憶を取り戻す為で

ハノイでもないブルーエンジェルとは戦うつもりが無いと一蹴します。

しかしそんなブルーエンジェルの宣戦布告にハノイの騎士は興味を持ちました。

そしてブルーエンジェルの前に現れたのはプレイメーカーではなく

ハノイの騎士の1人、スペクターでした。

そしてスペクターは謎のカード、ダーク・エンジェルをブルーエンジェルに渡しました。

スペクターが言うには「心の奥の扉を開け秘められた欲望を解放する魅惑の鍵」だそうです。

それなんてエロゲいかにもやばいウイルスがありますって感じのカードですね。

 

 

Playmaker(笑)

次の日、結局ブルーエンジェルと戦わなかったプレイメーカーは

ネットにて思いっきり叩かれていました

批判してるのが全員初期アバターなあたりが

いかにも特定されないの利用して好き勝手言ってる感ありますね。

遊作は気にしない風を装ってますがさすがにちょっと腹立っている様子です。

そんな遊作の気持ちを知ってかAiがもう煽る煽る

もうこの目が凄まじくうざいです。本当にいい性格してます。

そうこうしているうちに葵と遭遇、軽く挨拶を済ませます。

Aiも新型デュエルディスクに対して気さくな挨拶をしますが

帰って来たのは昨日と打って変わってやたらと感情的な反応。

Aiもこれはさすがに変だと感じました。

 

登校中、葵は遊作に対してどうしてデュエル部に入ったのか問います。

葵は遊作が他の皆と同じように兄である晃とのコネ目的に近づいたのではないかといい

自分はあまり信用されてないからその期待はするなと遊作に釘を刺します。

兄目的で近づいたのは事実であり遊作としても結構痛い所だったのかもしれません。

 

ちなみにこの時葵は「兄さん」と普通の呼び方をしています。

さすがに人前でお兄さまと呼ばない程度の節度はあるみたいです。

 

教室にたどり着いたころAiは言います。「ハノイの騎士が現れた」と。

そして同じころ葵の携帯にも何か通知が来ていました。

それを見た葵は仮病を使い保健室を行くフリをして屋上にいきます。

遊作はベランダからリンクヴレインズの世界へ行き

Aiの指定した場所に行くとそこにいたのはブルーエンジェルでした。

ブルーエンジェルは言います「あなたが私を呼んだんでしょ?」

あの時葵の携帯にはプレイメーカーからのメールが届いていました。

「今なら相手になってやる」という旨の。

それを聞いた遊作は察します。これはAiが仕組んだことだと。

Aiもすぐに白状します。ていうかいつのまに葵の携帯番号調べたのさ?

ハノイの騎士が現れたのではなかったのかとAiに問い詰めるプレイメーカー、

しかしAiは言います。ハノイの騎士なら目の前にいると。

ブルーエンジェルからハノイの騎士の反応が見られると。

もしかしたらブルーエンジェルがハノイに利用されているのかもしれないというAi、

それを聞いたプレイメーカーは果たして・・・

 

 

 

 

というわけで葵回でした。結局胸については言及されませんでしたね。

今回デュエル部が出てきた事でなんとなくこの世界のデュエル事情が把握できてきました。

少なくともあの学校においてあまりデュエルは盛んではないみたいですね。

今までの遊戯王シリーズに比べると大分リアルよりな世界観です。

 

所で今回晃と葵が義理の兄妹である事が判明しました。

これだけブラコンこじらせてしかも血も繋がっていないとなると相当アレですが

義理という事は葵がどこからか拾われた可能性が高いという事も意味します。

もしかして葵も遊作と同じように昔の事故で救出された孤児なのかもしれません。

 

 

次回予告 7話『ハノイの天使』

息もつかせぬ攻撃に苦しめられるプレイメーカー

ブルーエンジェルのデュエルはまさしくトリックスター

危険なハノイの匂いがリンクヴレインズに立ち込める時

翼を失った青き天使の涙が頬を伝う・・・

草薙さん今回もポエム絶好調ですね。

どうやらブルーエンジェルはバーン戦術をしてくるみたいですね。

トリックスターはデッキ破壊も可能なテーマなので

いつかデッキ破壊をするブルーエンジェルも見てみたいです。

関連記事

ウォーター・ドラゴン-クラスター、ボンディング-D2O、ボンディング-DHO:遊戯王カード考察 召喚は厳しいが決まれば一撃必殺も十分可能!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の霊堂

①や②の効果だけでも超有用!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械魔神(アンティーク・ギア・デビル)

出しやすい上にいやらしい!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:カイザー・ブラッド・ヴォルス

レベル5手札特殊召喚の新たな候補!   今回紹介するのはTHE DARK SI

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:デストーイ・ハーケン・クラーケン

かゆい所に手が届くデストーイ!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:今一度デニス・マックフィールドについて振り返ってみる

2015年もいよいよ終わりを迎えます。 今年1年この考察好きニコ厨のMUGEN次元に付き合って

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:マジシャン・ガール ” ムービーパック他”

ブラック・マジシャン・ガール     すいませんこの人

記事を読む

遊戯王アークファイブ第87話『野獣の記憶』感想

遊戯王ARC-V87話の感想です。今年最後の遊戯王アークファイブですね。 突如ナイターで始まる

記事を読む

トワイライトロード・シャーマン ルミナス:遊戯王カード考察  ライトロードに新しい展開手段が増えました

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

EM小判竜(エンタメイト ドラゴ・リモーラ):遊戯王カード考察

ドラゴン族に混ぜてみるといかがでしょう?   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

トライゲート・ウィザード:遊戯王カード考察 相互リンク2体でも十分強いけどやっぱり3体狙ってみたいよね

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

→もっと見る

    • 4,382,124 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑