トライゲート・ウィザード:遊戯王カード考察 相互リンク2体でも十分強いけどやっぱり3体狙ってみたいよね

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。

 

 

 

トライゲート・ウィザード
リンク・効果モンスター
地属性/サイバース族/攻2200/LINK-3
【リンクマーカー:左 上 右】
トークン以外のモンスター2体以上
①:このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが
相手モンスターと戦闘を行う場合、
そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、
魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 

 

地属性サイバース族のLINK3リンクモンスターです。

足が錐のようになった魔法使い風のモンスターです。

シルクハットと独特な形状の杖が特徴的です。

サイバース・ウィザードと同じく魔法使いのウィザードと

コンピューター用語のウィザードをかけているのでしょう。

トライゲートとは恐らくトライゲート・トランジスタから来ているのでしょう。

トランジスタについて説明すると今度は半導体素子についての説明が必要になり

大分ややこしい事になるので割合させてもらいます。

簡単に言えば従来では平面(2D)で電流を制御していたものを

立体的(3D)な電流制御にしてより効率的にしたものです。

コンピューター用語に関連したモンスターであり

公式でもサイバース・リンクを「主人公デッキ」と銘打っているので

アニメで使ってくれる可能性は高いと思います。活躍に期待したいですね。

 

 

LINK3であり素材にはトークン以外のモンスター2体以上を要求しています。

トークン以外という所が何ていうか露骨にスケープ・ゴート意識してますね。

それでもリンク・スパイダーやプロキシー・ドラゴンなどを経由すれば出せますが

エクストラデッキの枠には注意する必要があります。

サイバース族も結構トークンを利用するカードは多いので

エクストラデッキの枠と相談しながらリンク・スパイダーなどを経由しましょう。

リンクマーカーは左右と上方向であり

メインモンスターゾーンに出す事で真価を発揮するカードとなっています。

 

 

その効果はこのカードと相互リンクしているモンスターの数により

3種類の効果を発揮するというものです。

相互リンクすればするほど発動できる効果が増えていき

最大で3つの効果を発動する事が可能です。

 

 

相互リンクが1つ以上の場合では

このカードと相互リンクのモンスターが与える戦闘ダメージを倍にできます。

特にエンコード・トーカーと相性がよくあちらと相互リンクする事で

エンコード・トーカーによって4600の戦闘ダメージを与える事が可能です。

その他攻撃力を増減させるカードと組み合わせて高いダメージを狙っていけます。

 

 

相互リンクが2つ以上発生している場合では

1ターンに1回フィールドのカード1枚を除外できます。

モンスター、魔法罠問わない万能除去であり

相互リンクさえできていれば状況を問わずに活用できます。

 

 

相互リンクが3つ全て発生している場合

1ターンに1度、モンスター効果、魔法、罠のいずれかが発動した場合に

その発動を無効にして除外するというものです。

条件が厳しいだけありほとんどのカードを無効にする強烈なパーミッションで

さらに除外してしまう為墓地肥やしすら許しません。

 

 

効果こそ優秀ですが真価を発揮するには複数の相互リンクが必要になります。

特に相互リンク3つの効果はこのカードを含め4体のリンクモンスターが必要です。

EXモンスターゾーンにリンク・スパイダーやリンク・ディサイプルあたりを出し

その真下のメインモンスターゾーンにこのカードを、

そしてその左右にプロキシー・ドラゴンやバイナルソーサレスあたりを出す事で

相互リンク3つが完成しますが単純にリンク召喚だけで狙う場合

合計8体のモンスターが必要でありあまり現実的ではありません。

左右に置く用のリンクモンスターを素材にトライゲート・ウィザードを出し

蘇生カードなどで改めてトライゲート・ウィザードの左右に蘇生するなどすれば

いくらか必要なカード数が少なくて済みます。

墓地に蘇生可能な状態で用意できているのであれば

ソウル・チャージでまとめてメインモンスターゾーンに蘇生させて

適当なサイバース族1体でリンク・ディサイプルをリンク召喚する方法もあります。

 

 

相互リンク2体でも除外効果が使える為十分に強いです。

最初から相互リンク2体が目標であれば

スケープ・ゴートとリンクモンスターを蘇生させるカードがあれば

スケープ・ゴートでリンク・スパイダー×2とプロキシー・ドラゴンを出し

メインモンスターゾーンの2体でトライゲート・ウィザードを、

最後に蘇生カードでプロキシー・ドラゴンを隣に蘇生させれば可能です。

カード2枚で出せるので十分に狙っていけるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:逢魔ノ妖刀-不知火(おうまのようとう しらぬい) 馬頭鬼やシノビネクロの再利用に是非

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:リヴェンデット・エグゼクター ヴェンデット最高打点、皆に対象耐性付与

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ハンサムライガー

上級ペンデュラムを何でもサーチ!   今回紹介するのはVジャンプの定期購読特典

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第29話『クサナギ・レポート』感想

遊戯王ヴレインズ29話の感想です。 ゲノム、バイラ、ファウストの3騎士全てを退けたプレイメーカ

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴェルスパーダ・パラディオン メインモンスターゾーンでも活躍できるパラディオンリンク

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:デーモンの招来 今度はシンクロでリメイク、シンプルにありがたい対象耐性

OCG20周年記念イベントとなるSPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDIT

記事を読む

ドラコネット、ビットロン:遊戯王カード考察

ローレベル通常モンスターの大きなサポート!   今回紹介するのはスターターデッ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影剣(ファントム・ソード)、幻影翼(ファントム・ウィング)

もうすぐウィング・レイダーズも発売です。 フラゲ情報も出てきたみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王カード考察:サモン・ソーサレス  あっイグナイトで1ターンキルが発案された

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,759,855 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑