デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

デューテリオン
効果モンスター
星5/水属性/恐竜族/攻2000/守1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「ボンディング」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」「デューテリオン」の
いずれか1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

水属性恐竜族のレベル5モンスターです。

オキシゲドンやハイドロゲドンのように実体の無い恐竜のような姿をしており

このカードは恐らくティラノサウルス・レックスがモチーフだと思われます。

デューテリオンという名前は重水素(D)を表すデューテリウムからでしょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、手札からこのカードを捨てる事で

ボンディングと名の付く魔法罠をデッキからサーチするというものです。

特に墓地に送ったこのカードを利用できるボンディング-DHOが狙い目です。

また②の効果でこのカードを蘇生させたい場合の布石としても使えます。

 

 

②の効果は召喚、特殊召喚に成功した場合に

ハイドロゲドン、オキシゲドン、デューテリオンのいずれか1体を

墓地から蘇生させるというものです。

いずれもボンディング-DHOの素材となるモンスターですが

むしろこちらはボンディング-D2Oの発動条件を満たす場合に

都合がいい効果となっています。

 

 

ボンディング-DHOボンディング-D2Oどちらの素材でもあり

ウォーター・ドラゴン・クラスターの召喚に必要なモンスターとなっています。

効果の方もウォーター・ドラゴン・クラスターの召喚を意識したものですが

②の効果は単体でも十分に使える優秀なものとなっています。

墓地のデューテリオンを蘇生させればレベル5が2体揃う事になり

ランク5のエクシーズ召喚を狙っていく事が可能です。

水属性なのでNo.73 激瀧神アビス・スプラッシュや

No.94 極氷姫クリスタル・ゼロのエクシーズ召喚にも対応しています。

また恐竜族であるのもポイントで化石調査でサーチ可能な他、

プチラノドンの効果でデッキから特殊召喚を狙う事もできます。

恐竜族デッキにランク5エクシーズを導入したい場合に採用してもいいでしょう。

 

 

またレベル5の水属性という事で海竜神の怒り潜海奇襲にも対応しています。

前述の通りこのカードは②の効果で容易に2体並べる事が可能であり

海竜神の怒りであれば破壊及びモンスターゾーン使用不能の箇所を水増しできますし

潜海奇襲であれば2体のデューテリオンで破壊効果が狙えます。

それに加えて伝説の都 アトランティスの発動元ではレベル4となります。

この場合リリースなしで手札から通常召喚が可能となり

恐竜族なので今度はエヴォルカイザー・ラギアのエクシーズ素材となります。

逆に忘却の都 レミューリアでレベルを上げ

ランク7以上のエクシーズ召喚に利用するのも面白いでしょう。

ランク5のみならずそれ以外のランクのエクシーズ召喚を狙う場合にも

これらの要素から水属性デッキに加えてみても面白い働きをしてくれる存在です。

 

 

上記のようにウォーター・ドラゴン-クラスターの素材に活用するだけでなく

恐竜族や水属性デッキにも役割を見出せる可能性に満ちたカードであり

今回の三沢くん用のカードの中でも特に汎用性の高い1枚です。

関連記事

遊戯王アークファイブ第74話『道化師の仮面』感想

遊戯王ARC-V74話の感想です。 フレンドシップカップ1回戦最後を締めくくるのは黒咲VSデニ

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ダグ・ダガーマン

ブレイブアイズの融合素材にどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王カード考察:リボルブート・セクター ヴァレットの展開力を大きく強化

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:デニス・マックフィールドと榊遊勝の繋がりについて他

新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかこのMUGEN次元をよろしくお願いします。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真源(しんげん)の帝王

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     真源の

記事を読む

遊戯王OCGリンク召喚解説:「リンク・スパイダー」と「ハニーボット」でエクストラデッキから特殊召喚する枠を作ろう

新マスタールールにおける一番の変更点、EXモンスターゾーン。 このエクストラデッキ専用のモンス

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ロングフォーン・ブル

ワグナス!ペンデュラムサーチできなくなってた!   今回紹介するのは今回紹

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:眠れる巨人ズシン

ずっと君のOCG化を待っていた!6年待ったぞ!   今回紹介するのはコレクター

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)クックル:遊戯王カード考察

こいつ素材にした十二獣エクシーズ結構厄介なんです   今回紹介するのはマキシマ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,713 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑