デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

デューテリオン
効果モンスター
星5/水属性/恐竜族/攻2000/守1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「ボンディング」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」「デューテリオン」の
いずれか1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

水属性恐竜族のレベル5モンスターです。

オキシゲドンやハイドロゲドンのように実体の無い恐竜のような姿をしており

このカードは恐らくティラノサウルス・レックスがモチーフだと思われます。

デューテリオンという名前は重水素(D)を表すデューテリウムからでしょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、手札からこのカードを捨てる事で

ボンディングと名の付く魔法罠をデッキからサーチするというものです。

特に墓地に送ったこのカードを利用できるボンディング-DHOが狙い目です。

また②の効果でこのカードを蘇生させたい場合の布石としても使えます。

 

 

②の効果は召喚、特殊召喚に成功した場合に

ハイドロゲドン、オキシゲドン、デューテリオンのいずれか1体を

墓地から蘇生させるというものです。

いずれもボンディング-DHOの素材となるモンスターですが

むしろこちらはボンディング-D2Oの発動条件を満たす場合に

都合がいい効果となっています。

 

 

ボンディング-DHOボンディング-D2Oどちらの素材でもあり

ウォーター・ドラゴン・クラスターの召喚に必要なモンスターとなっています。

効果の方もウォーター・ドラゴン・クラスターの召喚を意識したものですが

②の効果は単体でも十分に使える優秀なものとなっています。

墓地のデューテリオンを蘇生させればレベル5が2体揃う事になり

ランク5のエクシーズ召喚を狙っていく事が可能です。

水属性なのでNo.73 激瀧神アビス・スプラッシュや

No.94 極氷姫クリスタル・ゼロのエクシーズ召喚にも対応しています。

また恐竜族であるのもポイントで化石調査でサーチ可能な他、

プチラノドンの効果でデッキから特殊召喚を狙う事もできます。

恐竜族デッキにランク5エクシーズを導入したい場合に採用してもいいでしょう。

 

 

またレベル5の水属性という事で海竜神の怒り潜海奇襲にも対応しています。

前述の通りこのカードは②の効果で容易に2体並べる事が可能であり

海竜神の怒りであれば破壊及びモンスターゾーン使用不能の箇所を水増しできますし

潜海奇襲であれば2体のデューテリオンで破壊効果が狙えます。

それに加えて伝説の都 アトランティスの発動元ではレベル4となります。

この場合リリースなしで手札から通常召喚が可能となり

恐竜族なので今度はエヴォルカイザー・ラギアのエクシーズ素材となります。

逆に忘却の都 レミューリアでレベルを上げ

ランク7以上のエクシーズ召喚に利用するのも面白いでしょう。

ランク5のみならずそれ以外のランクのエクシーズ召喚を狙う場合にも

これらの要素から水属性デッキに加えてみても面白い働きをしてくれる存在です。

 

 

上記のようにウォーター・ドラゴン-クラスターの素材に活用するだけでなく

恐竜族や水属性デッキにも役割を見出せる可能性に満ちたカードであり

今回の三沢くん用のカードの中でも特に汎用性の高い1枚です。

関連記事

影六武衆(かげろくぶしゅう)-リハン:遊戯王カード考察  融合の六武衆が登場、影忍術で使いまわそう

8月11日にデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズが発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

遊戯王カード考察:おジャマッチング 素直に万丈目デッキを組むかそれとも・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻奏(げんそう)の音女(おとめ)スコア

ブレイカーズ・オブ・シャドウの発売も近づいてまいりました。 今回紹介するのはこのカードです。

記事を読む

ペンデュラム・フュージョン:遊戯王カード考察

融合召喚の新しい可能性!   今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:刻剣(こっけん)の魔術師

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第54話『シンクロ次元「シティ」』感想

遊戯王ARC-V54話です。 いよいよシンクロ次元の様子が見れますね。  

記事を読む

遊戯王カード考察:オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン サーチ手段豊富なスケール0、効果も優秀

本日4月4日に漫画版遊戯王アークファイブの5巻が発売されます。 表紙のユーリとスターヴ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・ハンター、トラミッド・ダンサー

フィールド魔法をガンガン張り替えろ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:守護神官マハード

マハードさん強かった!   今回紹介するのは劇場版 遊☆戯☆王 THE DAR

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,113 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑