エンコード・トーカー:遊戯王カード考察 デコード・トーカーの親戚登場!スピードデュエル向きのリンクマーカー

6月17日にストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-が発売されます。

藤木遊作の使うサイバース族が多数収録されたストラクチャーデッキであり

今後アニメにもいくつか登場するかもしれません。

今回紹介するのはそのサイバース・リンクよりこのカードです。

 

 

 

エンコード・トーカー
リンク・効果モンスター
光属性/サイバース族/攻2300/LINK-3
【リンクマーカー:上 下 右下】
サイバース族モンスター2体以上
①:1ターンに1度、
このカードのリンク先の自分のモンスターが、
そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと
戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
そのダメージ計算後、
このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで、
その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。

 

 

サイバース族のLINK-3リンクモンスターです。

 

デコード・トーカーと共通点の多い外見ながら

青みがかった黒に対してこちらは青みがかった白、

剣に対してこちらは盾とデコード・トーカーの対を強く意識したデザインです。

エンコードというのは信号やデータを圧縮したり暗号化したりする事であり

このエンコードした信号やデータを元に戻す行為をデコードと言います。

これまたデコード・トーカーの対と呼ぶにふさわしい名前です。

 

 

リンク素材にはサイバース族2体以上を要求しています。

まさにサイバース族用のリンクモンスターだと言えるでしょう。

種族指定がある点でデコード・トーカーよりもやや出しづらいですが

サイバース・ガジェットで適当なモンスターを蘇生させた後に

プロキシー・ドラゴンやバイナル・ソーサレスのリンク召喚に繋げれば

そのリンクモンスターとトークンでこのカードのリンク召喚を狙えます。

実質蘇生可能なモンスターさえ墓地に置いておけば

サイバース・ガジェット1枚で出せるので召喚難易度は結構低いです。

 

 

その効果は1ターンに1度、このモンスターのリンク先の自分モンスターが

自身より攻撃力を上回る相手モンスターと戦闘するダメージ計算前に発動、

その戦闘における戦闘破壊と戦闘ダメージを無効にしつつ

このカードかこのカードのリンク先の自分モンスター1体を

そのターンの間先ほど戦闘した相手モンスターの攻撃力分上昇させるというものです。

ちょっとややこしい事書いていますが要点をまとめると

「リンク先を自爆特攻させるとその戦闘結果をなかった事にしつつ

オネストのように相手の攻撃力を自分かリンク先に上乗せできる」

というものです。

戦闘を無効にするわけではないので剣闘獣のように

戦闘をトリガーにする効果などは発動可能です。

発動にはリンク先にモンスターを用意する必要がありますが

オネスト効果が弱いわけなく、このカード自体攻撃力が2300ある為

そのまま攻撃が通れば最低でも2300ダメージを与えられます。

展開力に優れるサイバース族であればリンク先を用意するのも難しくないでしょう。

相手が攻撃してきた場合でも発動できる為、リンク先を戦闘から守る用途でも使えますが

このカード自身は無防備な点には注意です。

 

 

リンクマーカーは上、下、そして右下と左右非対称のものになっています。

これは特にスピードデュエルで活きてくるリンクマーカーの配置であり

自分から見て左側のEXモンスターゾーンにこのカードをリンク召喚すれば

自分側のリンクマーカー2つを無駄なく活用する事が出来ます。

遊戯王VRAINSで主流となるスピードデュエルを強く意識したカードと言えます。

EXモンスターゾーン、メインモンスターゾーンどちらでも活用できるマーカーであり

EXモンスターゾーンであれば下と右下の2つのリンクマーカーを活用でき

メインモンスターゾーンであれば上のリンクマーカーしか活かせませんが

その代わりに相手のフィールドにリンク先を用意せずに済みます。

 

 

このカードを皮切りに左右非対称のリンク先を持つリンクモンスターが続々登場しています。

今後どんなリンク先を持つカードが出るか楽しみですね。

関連記事

遊戯王カード考察:ゾンビーノ 実はアンデット族通常モンスター中最大攻撃力です

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:銀河天翔(ギャラクシー・トランサー) ランク8がより出しやすく

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その4

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨竜の聖騎士(パラディン・オブ・フェルグラント)

フェルグラントドラゴン救済カード!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RUM(ランクアップマジック)-レイド・フォース

ディメンション・オブ・カオスで発売されるカードも結構判明してきました。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破滅竜ガンドラX(クロス)

とりあえず二回出して殴れば大体勝てると思う   劇場版遊戯王の公開日も近づいて

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第43話『イグニスの誕生』感想

遊戯王ヴレインズ43話の感想です。 前回のあらすじ:鴻上博士がやばい  

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:超量(ちょうりょう)

ウィング・レイダーズはユートと黒咲の使うカードが多数収録されていますが それとは別にまったく新

記事を読む

デーモンの呼び声:遊戯王カード考察 捨てるカードと蘇生するカード両方があるデッキに

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:墓穴の指名者 手札誘発メタとしても墓地メタとしても使える

ドラゴンボールファイターズβ版プレイしましたが楽しかったです。 こういう初心者に配慮されてる格

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,557,823 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑