ウォーター・ドラゴン-クラスター、ボンディング-D2O、ボンディング-DHO:遊戯王カード考察 召喚は厳しいが決まれば一撃必殺も十分可能!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

ウォーター・ドラゴン-クラスター
特殊召喚・効果モンスター
星10/水属性/海竜族/攻2800/守2600
このカードは通常召喚できない。
「ボンディング」魔法・罠カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの効果モンスターはターン終了時まで、
攻撃力が0になり、効果を発動できない。
②:このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「ウォーター・ドラゴン」2体を
召喚条件を無視して守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

三沢大地の使うカードとしてウォーター・ドラゴンのリメイクが登場しました。

属性、種族、攻撃力守備力はウォータードラゴンと同等ですが

レベルが2上昇しており10レベルになっています。

2つの首を持つウォータードラゴンです。

クラスターとは科学用語の1つで同種の原子が複数結合した物体を意味します。

このカードは複数のウォーター・ドラゴンが結合した存在なのでしょう。

 

 

①の効果は特殊召喚に成功した場合に

相手フィールドの効果モンスター全てをそのターンの間

攻撃力を0にしてさらに効果を無効にするというものです。

そのターン限りですが相手モンスターほぼ全てを無力化できる強力な効果であり

攻撃力0にした上で一方的にぶん殴る事が可能です。

このカードだけでも2800ものダメージを叩き出せますが

他のモンスターがいればさらに相手に与えるダメージは加速します。

 

 

②の効果はこのカードをリリースする事で守備表示限定ですが手札とデッキから

ウォーター・ドラゴン2体を召喚条件無視で特殊召喚するフリーチェーン効果です。

フリーチェーンで出せる為、サクリファイス・エスケープとして活用でき

出てくるウォーター・ドラゴン2体も守備力2600と高めで

さらに破壊された時の効果もある為優秀な壁として機能します。

またサクリファイス・エスケープを狙わずとも

ランク8のエクシーズ要員として積極的に効果を発動してもいいでしょう。

特にNo.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンとの相性は抜群で

相手に攻撃表示のモンスターが2体いればその2体の攻撃力を0にした上で

攻撃力4000で2回ぶん殴る事が可能です。まあ相手は死にますね

 

 

強力な効果を持ったカードですが特殊召喚モンスターであり

出す条件は少し面倒で以下のうちどちらかのカードを使う必要があります。

 

ボンディング-D2O
通常魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドの「デューテリオン」2体と
「オキシゲドン」1体をリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から
「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで
「ボンディング-H2O」の効果扱いとして特殊召喚する。
②:このカードが墓地に存在し、
「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」が
フィールドから自分の墓地へ送られた場合に発動する。
墓地のこのカードを手札に戻す。

 

ボンディング-DHO
通常罠
①:自分の手札・墓地から「デューテリオン」「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」を
1体ずつデッキに戻して発動できる。
自分の手札・墓地から「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」または
「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで手札に加える。

 

 

ウォーター・ドラゴン-クラスターの召喚条件となる2枚のボンディングカードです。

ボンディングーH2Oを意識しているのでしょう、

何ていうかとっても化学実験そのもと言っていいイラストです。

理科の教科書に載せてもまったく問題ないぐらい化学実験してます。

 

 

どちらもウォーター・ドラゴン-クラスターを出すためのカードですが

ボンディング-D2Oは

・召喚条件にハイドロゲドンが必要なくデッキに採用する必要が無い

・デッキから直接ウォーター・ドラゴン-クラスターを特殊召喚できる

・墓地から手札に戻す効果を持っており再利用しやすい

・通常魔法なのですぐに発動できる

 

ボンディング-DHOは

・召喚条件に必要なモンスターを墓地コストだけで賄える

・墓地のウォータードラゴンやウォーター・ドラゴン-クラスターを回収できる

・フリーチェーンであり相手ターンに発動して妨害を狙える

 

とそれぞれに長所短所があり一概にどちらがいいとは言えません。

デッキの内容に合わせてどちらか片方、もしくは両方を採用しましょう。

いずれにしても召喚には複数種類のモンスターが必要であり

ウォーター・ドラゴンも採用するとなると中々に事故要素が増えがちです。

そのままだとウォーター・ドラゴン-クラスターの②の効果が一度しか使えない事も含め

ウォーター・ドラゴンをデッキに戻す手段は用意しておくのがオススメです。

 

 

ちなみにD-HERO ダイヤモンドガイの効果でボンディング-D2Oを使う場合

発動条件となるデューテリオン2体とオキシゲドンが必要なくなります。

エッジインプ・シザー等でボンディング-D2Oをデッキトップに戻せば

発動を狙うのも難しくなく、正規の方法で出すよりもかなり出しやすくなります。

ただしこの方法で出す場合1ターンのタイムラグが発生する事になり

まず間違いなく相手に警戒される事になります。

前述のNo.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンとのコンボも

相手が警戒している場合おそらく狙わせてはくれなくなるでしょう。

 

ウォーター・ドラゴン-クラスターを出す手段としては

他にも青天の霹靂で召喚条件無視で特殊召喚する方法もあります。

こちらもデッキに戻るデメリットをサクリファイスエスケープでごまかせると

非常に相性がよろしいのですが発動したターン相手に与えるダメージが0になる為、

やはりギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンで大ダメージを狙う事が出来ません。

大ダメージを狙いたい場合にはちゃんと正規の手段で特殊召喚する必要があるわけです。

なんていうか中々絶妙な調整ですね

関連記事

遊戯王アークファイブ第81話『それぞれの戦場』感想

遊戯王ARC-V81話の感想です。 期待していたであろう新旧闇属性鳥獣族対決。 はたして

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

切れぎみ隊長:遊戯王カード考察

隊長おこなの?   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:底なし落とし穴

リリース手段なければ阿鼻叫喚!     とうとうザ・ダーク・イ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覚醒の魔導剣士(エンライトメント・パラディン)

帝も随分強くなったなぁとしみじみ思う今日この頃です。 今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:煉獄の騎士(テラナイト) ヴァトライムス

プトレマイオス闇堕ちしました   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第114話『闇に輝く超銀河』感想

遊戯王ARC-V114話の感想です。 見事勝鬨相手のエンタメデュエルを成功に収めた遊矢。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:昇天の剛角笛(グレイトホーン)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

素早いビーバー:遊戯王カード考察 召喚するだけでランク2が、属性と種族も都合よし

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑