ミキサーロイド:遊戯王カード考察 露骨すぎるスピードロイド対策、でも意外とスピードロイドでも活用できる?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

ミキサーロイド
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻   0/守2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから風属性以外の「ロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
②:LPを半分払い、自分の墓地からこのカードを含む
機械族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの「ロイド」融合モンスター1体を
EXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

 

スピードロイドではないビークロイドの新しい仲間となるレベル4風属性です。

 

トラックミキサ型の黄緑色のビークロイドです。

ミキシングドラムには融合のマークが描かれておりいかにも

「この中で混ぜ合わせて融合モンスター作ります」って主張してます。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分の場の機械族1体をリリースする事で

デッキから風属性以外のロイド1体を特殊召喚できるというものです。

はい、風属性以外のです。

 

「SRに利用させねーぞ」って露骨に主張してる縛りですね

このカード自身も風属性であり同名カードを特殊召喚という事も出来ません。

特殊召喚時に墓地のロイド2体を回収できるエクスプレスロイドが

この効果で特殊召喚する筆頭候補となるでしょう。

守備表示で特殊召喚できるので400という低い攻撃力を晒さずに済みます。

2700打点として運用できるアーマロイドガイデンゴーもオススメです。

自身ををリリースして発動するのが基本ですが

他に機械族がいればそれをリリースして発動する事も可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、ライフを半分支払い、なおかつ

このカードを含む墓地の機械族を任意の数除外して発動、

除外した機械族の数と同じレベルのロイド融合モンスターを

召喚条件を無視してエクストラデッキから特殊召喚するというものです。

ただしこの効果で特殊召喚した融合モンスターは

エンドフェイズ時に破壊されてしまうデメリットが付与されます。

イメージ的にはまさにミキシングドラムの中でモンスターをこねくり回して

そこから1つの融合モンスターを作り出す感じなんでしょう。

墓地コストだけで融合モンスターを特殊召喚できるというのは強力なのですが

その墓地コストを確保するのが中々に難しく

一番レベルの低いペアサイクロイドでも5体、

極戦機王ヴァルバロイドに至っては12体という凄まじい数を要求されます。

自壊してしまう点も含めてこの効果を活用するのは

相手にトドメを指す状況、もしくはライフと墓地コストに余裕がある時に

融合素材やエクシーズ素材として用意する状況ぐらいかと思われます。

ちなみに特殊召喚する融合モンスターはロイドとついていればいいので

この効果でE・HERO ネクロイド・シャーマンも出せます。

しかもレベル6と比較的低めで効果も活用できるのでかなり候補です。

十代のアニキのカードを借りて使用するというものも中々乙なものです。

 

 

①の効果だけを見ても十分に優秀なカードです。

露骨に風属性を制限してスピードロイド対策をしているカードではありますが

①の効果で特殊召喚する有力候補のエクスプレスロイドとアーマロイドガイデンゴーは

どちらもスピードロイドでも問題なく採用出来るカードであり

これらと一緒に採用すればスピードロイドでもこのカードを活用可能です。

それに加えてこのカードは風属性でありSRタケトンボーグの特殊召喚条件を満たせます。

①の効果のリリース要因として活用しやすく、エクスプレスロイドを特殊召喚すれば

エクスプレスロイドの効果を活用しつつミキサーロイドとエクスプレスロイドで

ランク4のエクシーズ召喚に繋げる動きが可能となります。

上記の要素からスピードロイドにとっても中々恩恵のあるカードだと言えるでしょう。

 

よかったねユーゴ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)サン-5(ゴ)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブービートラップE

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:復活の福音

蘇生できるだけでも強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王アークファイブ第132話『稀代のエンターテイナー』感想

遊戯王ARC-V132話の感想です。 検討むなしくユーリに打ち負かされてしまったユーゴ。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:九十九スラッシュ

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!! 耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の導き

メぇぇぇ~~~リぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーースぅ!! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第90話『革命の狼煙』感想

遊戯王ARC-V90話の感想です。 零羅のピンチに「君こそが主人公だろう」とばかりに駆けつけた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ガストル、アモルファージ・ルクス、アモルファージ・プレスト

魔法ダメ!罠ダメ!モンスター効果もダメ!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCG:2016年10月の制限改定を個人的に予想してみる

8月ももうすぐ終わりです。 次のリミットレギュレーションまであと1ヶ月とちょいになりましたね。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第125話『烈火の竜』感想

遊戯王ARC-V125話の感想です。 寄生虫に操られた瑠璃、セレナとデュエルを行う遊矢とユート

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,408 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑