ミキサーロイド:遊戯王カード考察 露骨すぎるスピードロイド対策、でも意外とスピードロイドでも活用できる?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

ミキサーロイド
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻   0/守2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから風属性以外の「ロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
②:LPを半分払い、自分の墓地からこのカードを含む
機械族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの「ロイド」融合モンスター1体を
EXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 

 

スピードロイドではないビークロイドの新しい仲間となるレベル4風属性です。

 

トラックミキサ型の黄緑色のビークロイドです。

ミキシングドラムには融合のマークが描かれておりいかにも

「この中で混ぜ合わせて融合モンスター作ります」って主張してます。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分の場の機械族1体をリリースする事で

デッキから風属性以外のロイド1体を特殊召喚できるというものです。

はい、風属性以外のです。

 

「SRに利用させねーぞ」って露骨に主張してる縛りですね

このカード自身も風属性であり同名カードを特殊召喚という事も出来ません。

特殊召喚時に墓地のロイド2体を回収できるエクスプレスロイドが

この効果で特殊召喚する筆頭候補となるでしょう。

守備表示で特殊召喚できるので400という低い攻撃力を晒さずに済みます。

2700打点として運用できるアーマロイドガイデンゴーもオススメです。

自身ををリリースして発動するのが基本ですが

他に機械族がいればそれをリリースして発動する事も可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、ライフを半分支払い、なおかつ

このカードを含む墓地の機械族を任意の数除外して発動、

除外した機械族の数と同じレベルのロイド融合モンスターを

召喚条件を無視してエクストラデッキから特殊召喚するというものです。

ただしこの効果で特殊召喚した融合モンスターは

エンドフェイズ時に破壊されてしまうデメリットが付与されます。

イメージ的にはまさにミキシングドラムの中でモンスターをこねくり回して

そこから1つの融合モンスターを作り出す感じなんでしょう。

墓地コストだけで融合モンスターを特殊召喚できるというのは強力なのですが

その墓地コストを確保するのが中々に難しく

一番レベルの低いペアサイクロイドでも5体、

極戦機王ヴァルバロイドに至っては12体という凄まじい数を要求されます。

自壊してしまう点も含めてこの効果を活用するのは

相手にトドメを指す状況、もしくはライフと墓地コストに余裕がある時に

融合素材やエクシーズ素材として用意する状況ぐらいかと思われます。

ちなみに特殊召喚する融合モンスターはロイドとついていればいいので

この効果でE・HERO ネクロイド・シャーマンも出せます。

しかもレベル6と比較的低めで効果も活用できるのでかなり候補です。

十代のアニキのカードを借りて使用するというものも中々乙なものです。

 

 

①の効果だけを見ても十分に優秀なカードです。

露骨に風属性を制限してスピードロイド対策をしているカードではありますが

①の効果で特殊召喚する有力候補のエクスプレスロイドとアーマロイドガイデンゴーは

どちらもスピードロイドでも問題なく採用出来るカードであり

これらと一緒に採用すればスピードロイドでもこのカードを活用可能です。

それに加えてこのカードは風属性でありSRタケトンボーグの特殊召喚条件を満たせます。

①の効果のリリース要因として活用しやすく、エクスプレスロイドを特殊召喚すれば

エクスプレスロイドの効果を活用しつつミキサーロイドとエクスプレスロイドで

ランク4のエクシーズ召喚に繋げる動きが可能となります。

上記の要素からスピードロイドにとっても中々恩恵のあるカードだと言えるでしょう。

 

よかったねユーゴ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:神の摂理(Ultimate Providence)

解放のアリアドネと組み合わせると一気に凶悪カードに   今回紹介するのはEXT

記事を読む

遊戯王アークファイブ第67話『シティの光と影』感想

遊戯王ARC-V67話の感想です。 次回予告からして不穏な気配が全開です。 どんどん評議

記事を読む

遊戯王カード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドラゴスタペリア

相手ターンにレベルを下げて効果も無効にする   今回紹介するのは11月21日に

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第20話『ゆずれない正義』感想

遊戯王ヴレインズ第20話の感想です。 「良心に従う者」財前晃と「復讐の一念に憑りつかれた者」プ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)マッハゴー・イータ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第89話『強襲!オベリスクフォース』感想

遊戯王ARC-V89話の感想です。 とうとうシンクロ次元にやってきたオベリスクフォース。

記事を読む

鎧獄竜(がいごくりゅう)-サイバー・ダークネス・ドラゴン:遊戯王カード考察  蘇生可能が何気にでかい!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王カード考察:黒牙の魔術師(こくがのまじゅつし)

相手の攻撃力を下げつつ墓地のカードを蘇生!しかもスケール8!   今回紹介する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:天融星(てんゆうせい)カイキ 何度も自己再生して何度も融合召喚

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ヴァレルガード・ドラゴン リバースモンスターと組み合わせてみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

遊戯王カード考察:ブラック・バード・クローズ んもー、クロウ君ってばすぐ手札から罠発動する

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこ

→もっと見る

    • 5,349,180 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑