【ヴァレット】:遊戯王テーマ考察  ヴァレルロード・ドラゴンの弾丸として発射され次々と補充されるまさに「弾丸」テーマ

遊戯王VRAINSにおけるテロ組織、ハノイの騎士。

そのリーダー格であるリボルバーの操るテーマが判明しました。

その名も【ヴァレット】、それ以外のカードも使用するみたいですが

メインで使うのはどうやらこれらのモンスターのようです。

今回はそのヴァレットの紹介をしたいと思います。

 

 

アネスヴァレット・ドラゴン
効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。
そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「アネスヴァレット・ドラゴン」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

オートヴァレット・ドラゴン
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

マグナヴァレット・ドラゴン
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを対象とする
リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを破壊する。
その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の
「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

 

ヴァレルロード・ドラゴン
リンク・効果モンスター
闇属性/ドラゴン族/攻3000/LINK-4
【リンクマーカー:左 右 左下 右下】
効果モンスター3体以上
①:このカードはモンスターの効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

 

スクイブ・ドロー
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。

 

クイック・リボルブ
速攻魔法
①:デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
エンドフェイズに破壊される。

 

 

ヴァレルロード・ドラゴンはヴァレットと直接カテゴリ上の繋がりはありませんが

ヴァレットというテーマにおいて重要な役割を果たすため一緒に紹介しています。

現在判明しているカードから判断するテーマの特徴は以下の通りです。

・銃や弾丸をモチーフにした機械竜のテーマである

・闇属性、ドラゴン族のテーマでありレベルはバラバラ

・リンクモンスターの効果の対象になった時に

自身を破壊しつつ発動する効果を持つ

・戦闘や効果で破壊される事で他のヴァレットを特殊召喚できる

・ヴァレルロード・ドラゴンで破壊してアドバンテージを確保していく

・バレットさん結局シンクロ次元編以降登場しなかったね・・・

 

いずれも頭の上に弾丸のようなパーツがついた

ワイバーン型の機械竜のようなデザインをしています。

名前の方もアネス(アネスセティック、麻酔の事)に

オート(オートマチック)、マグナ(マグナム)と

いずれも銃の種類が由来となっており

使用者のリボルバーも含めて銃尽くしなネーミングとなっています。

恐らくはリボルバーのエースモンスターであるヴァレルロード・ドラゴンを銃に準え

それに込める弾丸としての役割なのでしょう。

ちなみに本来バレットのスペルは「Barrett」ですがこのテーマの場合

バレットではなくヴァレットなのを考えると「Varrett」な気がします。

 

 

まさに機械といった外見ですがれっきとしたドラゴン族です。

歴代遊戯王のライバルがドラゴン族を使うのは伝統ですが

それらの歴代ライバルもあくまでエースモンスターがドラゴン族というだけで

下級モンスターなどはドラゴン族に限定されていませんでした。

リボルバーが使うと判明しているモンスターは

ヴァレット以外のゲートウェイ・ドラゴンやスニッフィング・ドラゴンも含めて

現状全てドラゴン族となっています。

もしかしたらドラゴン族以外も使うかもしれませんが

もし純正のドラゴン族使いであればかなり貴重なデュエリストです。

歴代でもミザエルぐらいじゃないでしょうか、純正のドラゴン族使い。

 

 

ヴァレットには共通して2つの特徴が存在します。

1つは破壊されて墓地へ送られるとそのターンのエンドフェイズ時に

同名カード以外のヴァレットをデッキから特殊召喚できるというものです。

効果を発動できるのはそれぞれの種類ごとに1ターンに1度ですが

破壊以外の除去をされない限り途切れる事なく戦線を維持する事が可能です。

サポートカードにもヴァレットを破壊して2枚ドローするスクイプ・ドローや

デッキから特殊召喚してエンドフェイズに破壊するクイック・リボルブなど

とにかくヴァレットを破壊することを前提とする効果となっています。

 

 

そしてもう1つは自身を対象としたリンクモンスターの効果が発動した時に

自身を破壊し、その後モンスター効果を無効にしたり

カードを1枚墓地に送ったりするというものです。

発動条件こそ限定的ですがどの効果も対処に選ばない強力なものです。

 

 

①の効果を発動する場合リンクモンスターの効果対象にならなければいけないのですが

相手がわざわざヴァレットを効果の対象に選んでくれるとは考えづらい為、

基本的には自分でリンクモンスターを用意して対象に選ぶ必要があります。

ぶっちゃけた話、ヴァレルロード・ドラゴンとのコンボが前提です

ヴァレルロード・ドラゴンはフリーチェーンでヴァレットを対象に選択する事が可能であり

さらにその際相手にチェーンを許さないとヴァレットにとって至れり尽くせりの存在です。

というより現状、まともに対象取る効果持ったリンクモンスターが他にいません。

ヴァレルロード・ドラゴンにヴァレット(弾丸)を装填して①の効果で発射、

そして②の効果で次のヴァレットをリロードというイメージなのでしょう。

まさに銃と弾丸の関係です。

このようにヴァレルロード・ドラゴンがいてこそ真価を発揮するテーマであり

その為いかにしてヴァレルロード・ドラゴンを場に出すかが鍵を握る事になります。

ヴァレットだけでヴァレルロード・ドラゴンのリンク召喚に繋げるのは中々大変なので

他に展開手段を用意しておいた方が動きやすくなるでしょう。

ヴァレルロード・ドラゴンというエースを全力でサポートする

実にライバルキャラに相応しいテーマだと言えるでしょう。

 

 

破壊されてもディスアドバンテージに繋がらない為、破壊には滅法強いですが

その分破壊以外の除去には弱いです。

そこで鍵を握ってくるのがスクイブ・ドローです。

このカードはフィールドのヴァレット1枚を破壊して2枚ドローするドローソースですが

速攻魔法なので相手のバウンスや除外などにチェーンしてヴァレットを破壊できます。

スクイブ・ドローによるサクリファイスエスケープを上手く決める事が出来れば

ヴァレットの強みである場持ちの良さをより高める結果に繋がります。

 

 

今判明している時点でも十分に強力なテーマですが

VRAINSのライバルテーマという事もあり今後も新カードの登場に期待が持てます。

現状ではデッキに入るのが最大9枚という事で「弾切れ」の心配が結構あるのが難点ですが

新カードが登場すればその心配も解消できるようになるでしょう。

それに加えて今後自分のモンスターを対象に取れるリンクモンスターが増えれば

それもヴァレットの強化に繋がる為非常に将来性のあるテーマです。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

ドラゴン族と言えばこいつです。

手札や墓地からドラゴン族を特殊召喚できるカードであり

ドラゴン族テーマであるヴァレットもその恩恵は大きいです。

特にヴァレルロード・ドラゴンの蘇生手段として重宝します。

ヴァレットは全て闇属性ドラゴン族なので光属性のカードも採用して

カオスドラゴンの要素を取り入れるのも面白いです。

 

激流葬

フィールドのモンスター全てを破壊できる召喚反応系の定番です。

ヴァレットは破壊される事がディスアドバンテージにならない為、

積極的に使っていける妨害札として使える他

奈落の落とし穴で除外される場合の緊急回避手段としても使えます。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第17話『完全無欠のAIデュエリスト』感想

遊戯王ヴレインズ17話の感想です。 SOL社のデータバンクにクラッキングをしたプレイメーカー、

記事を読む

【魔弾(まだん)】:遊戯王テーマ考察 手札の魔弾を素早く装填して早撃ちを決めろ

8月11日に発売されるデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ。 そこに2つの新テーマ「魔

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻創(げんそう)のミセラサウルス

なんか恐竜族にすっごいの来た!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。 もう収録カードは全て判明

記事を読む

マスター・ボーイ:遊戯王カード考察 バハムートシャーク救済カード、安心してください皆さんの予想通りの効果です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

調星(ちょうせい)のドラッグスター:遊戯王カード考察  レベル1チューナーとして普通に優秀

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:リジェクト・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覇王烈竜(はおうれつりゅう)オッドアイズ・レイジング・ドラゴン

エクシーズ・ペンデュラムモンスター、2体目   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-那沙帝弥(ナーサテイヤ)-

墓地にさえいけば蘇生しつつコントロール奪取!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

天火の牢獄(てんぴのろうごく):遊戯王カード考察  VRAINSのカードでは珍しく大分改変されてます

10月14日にEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)が発売されます。 今回紹介

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

水晶機巧(クリストロン)-ハリファイバー:遊戯王カード考察 アクセルシンクロの救世主、むしろもっとやばい何か

11月25日に既存OCGテーマ用のリンクモンスターを収録したパック、

おジャマ改造:遊戯王カード考察 このカード1枚で3体特殊召喚して1枚ドロー、デッキさえ組めれば

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,716,558 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑