超重武者(ちょうじゅうむしゃ)コブ-C(シー):遊戯王カード考察  まさかの超重武者専用レベルスティーラー

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

超重武者コブ-C
チューナー・効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 900/守 900
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「超重武者」モンスターが戦闘で
相手モンスターを破壊した自分バトルフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。
②:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
自分フィールドの「超重武者」Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ下げ、このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は「超重武者」モンスターしか特殊召喚できない。

 

 

超重武者の新しい仲間となるチューナーです。

アークファイブにおいて権現坂がバトルロイヤルで使用し

ディスカバーヒッポを戦闘破壊した後に自身の効果で

超重武者カク-5、超重武者ビッグベン-Kとチューニング、

超重蒸鬼テツドウ-Oのシンクロ召喚へと繋げました。

 

名前の通りに拳を前面に突き出した黄色と赤が基調のロボットです。

右腕が大きい代わりに左腕は細くなっている左右非対称が特徴的です。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分のバトルフェイズ中に

超重武者が相手を戦闘破壊した場合にそのバトルフェイズの間に発動でき、

このカードを含む自分のモンスターを素材に

シンクロ召喚を行えるというものです。

バトルフェイズ中でのシンクロ召喚なので

そのままシンクロモンスターで攻撃する事が可能です。

アニメのように自身がモンスターを戦闘破壊した場合でも発動可能ですが

攻撃力は900と低いので出来れば他の超重武者に任せた方がいいでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、自分の墓地に魔法・罠が無い場合に

自分の超重武者シンクロ1体のレベルを1下げる事で

墓地からこのカードを蘇生させるというものです。

発動条件に関しては超重武者をフルモンテーマたらしめる

すっかりお馴染みとなった代物であり、またこの効果を発動した後、

そのターンの間は超重武者しか特殊召喚できなくなる制約が発生します。

言ってしまえば1ターンに1度の制約がつき

縛りもきつくなったレベル・スティーラーとも言える効果ですが

下げるレベルが1なのに対しこのカードのレベルは2の為、

この効果を使うと実質的にフィールドの合計レベルが1上昇します。

このカード自身がチューナーである為、この効果を発動する事で

そのまま1つレベルが高い超重武者をシンクロ召喚可能です。

特に超重剣聖ムサ-Cや超重神鬼シュテンドウ-Gは

シンクロ召喚時に発動できる効果を持っており、

効果の発動後、次のシンクロ召喚にスムーズに移行できます。

 

 

①と②の効果はシナジーがあり②の効果で蘇生しつつ

戦闘破壊から①の効果によるシンクロ召喚へと連続へ繋げられます。

シンクロモンスター2体による連続攻撃を狙いやすく

状況次第ですが高い戦闘ダメージを狙っていけます。

 

 

また超重蒸鬼テツドウ-Oをシンクロ召喚する為のレベル調整にも便利で

墓地にこのカードがあればヒキャ-QとテンB-Nの2枚から

超重神鬼シュテンドウ-Gのシンクロ召喚を中継しつつ

超重蒸鬼テツドウ-Oのシンクロ召喚に繋げる事が可能です。

その際シュテンドウ-Gで相手モンスターを戦闘破壊できれば

そのまま①の効果でバトルフェイズ中にシンクロ召喚、

打点4800のテツドウ-Oで改めて攻撃が可能となります。

 

 

すっごい便利な奴です

単純にテンB-Nからこのカードを蘇生してシュテンドウ-Gをシンクロ召喚、

相手の魔法罠を破壊した後に再度このカードを蘇生し

シノビ-A・Cのシンクロ召喚に繋げると言うシンプルな動きでも十分に強いです。

超重武者はレベル6からレベル10まで各レベルのシンクロモンスターがおり

1つ上のレベルのシンクロ召喚が狙えるこのカードは

超重武者のシンクロ層の厚さを存分に活かせるカードだと言えるでしょう。

超重武者コブ-Cを有効活用するのであれば出来るだけ

各種レベルの超重武者をエクストラデッキに揃えておきたい所です。

関連記事

EM小判竜(エンタメイト ドラゴ・リモーラ):遊戯王カード考察

ドラゴン族に混ぜてみるといかがでしょう?   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

副話術士クララ&ルーシカ:遊戯王カード考察 ワンダー・ワンドを始め色々と使い道あります

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第6話『アイドル!!ブルーエンジェル』感想

遊戯王ヴレインズ第6話の感想です。 翔一ポエムな次回予告で紹介された複雑な兄妹関係。 兄

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ダーク・ガントレット

シャドーベイルより発動条件は厳しい、だが・・・   今回紹介するのは久しぶりに

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:PSY(サイ)フレーム

ハイスピード・ライダーズにて久々にサイキック族テーマがやってきました。 今回はそんなPSYフレ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:幻奏の音女オペラ

クラッシュ・オブ・リベリオンの新しいカードの情報が出たみたいですね。 せっかくなのでカードの考

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ゴールド・ファング

脳筋型エンタメイトの新しいお供   今回紹介するのは8月1日に発売された

記事を読む

遊戯王カード考察:ベクター・スケア・デーモン まずはアンダークロックテイカーを出そう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第107話『決闘に飢えたアマゾネス』感想

遊戯王ARC-V107話の感想です。 ユーリに襲撃され塾生をカード化されてしてしまった遊勝塾融

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,713 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑